佐久間「寒くなってきた」 山田「服を着ろ」

佐久間「服? ちゃんと着てるだろ?」

山田「そうか、お前の基準ではバスタオルを巻いただけの恰好を、“ちゃんと服を着ている”と言うんだな。」

佐久間「流石に全裸は砂埃とか色々あるからな。」

山田「真っ先に心配するのが砂埃か・・・。」

佐久間「あと男どもの卑猥な視線とか。」

山田「それは今でも変わらない。」

八武「やあ、見つかったかね?」

山田「隠れてないだろ。近い近い近い。」

八武「ふぅむ、やはり自分の女に他の男が近付くと面白くないのは、生物学的な雄の本能であるわけだ。」

山田「むしろ面白いくらいに近いんだが。」

佐久間「あと女どもの卑猥な視線とか。」

維澄「なぜ分かったの? せっかく対空回線レベルの小型アイセクトを放っていたというのに。」

佐久間「ふざけた真似を!」

山田「ふざけた格好をしている人が何か言ってる。」

八武「・・・いや、これに関しては山田くんも人のことは言えない。」

山田「馬鹿な。俺はちゃんと服を着ている。」

八武「うん、まあ、普通の恰好ではあるんだがね。この寒い中、シャツと半ズボンって、正気とは思えない。」

佐久間「余計なことを言うな死根也。せっかく目の保養だというのに、山田が厚着したら責任を取れるのか!?」

山田「別に寒くはないが、厚着したくなってきた。」

佐久間「ほら見ろ死根也、貴様のせいだ! 許せない!」

維澄「ほとんど佐久間の自業自得だと思うよ。」

佐久間「近いんだよ貧乳!」

維澄「そう、貧乳である私は、これくらい近付かないと肌が接触しない。貧乳であることが、思わぬ形で役に立ちましたね、ふふ・・・」

神邪「黎川師匠が聞いたら怒りますよ。」

八武「やあ、我がエロスの愛弟子よ。早速だが女体化して私の目を楽しませてくれないかね?」

神邪「元々どっちもあるから、厳密には女体化の定義に反しますよ。」

維澄「真面目な顔して這い蹲っているのは何故?」

神邪「もう少しでバスタオルに隠れた深淵を覗きこめるんですが、くそっ、見えそうで見えない・・・」

佐久間「無駄だ神邪。角度を計算して、ギリギリ覗かれない程度にバスタオルの位置を調整している。伊達や酔狂でバスタオルを羽織っていると思ったか?」

八武「その女子力、美しいぞ!」

山田「つくづくマトモなのは俺だけか・・・。」

神邪「実は山田さんが一番ヤバいって声もありますが。」

山田「その考えは佐久間に人格が支配されている!」

佐久間「いや私は栞、もとい貧乳女が一番ヤバいと確信している。」

維澄「“もとい”の前後が違うんじゃないかな。」

佐久間「しかし、この程度の寒さが堪えると思うと、つくづくモンスターだった頃が懐かしい。」

山田「まあな。」

八武「君ら2人とも堪えてるように見えないんだが・・・」

佐久間「いやいや、鳥肌も立っている。」

神邪「それは維澄さんに抱きつかれてるせいでは。」

山田「俺も外に出るときは流石にサンダルは履く。」

八武「サンダル・・・?」

維澄「うわあ、裸足だ・・・。」

山田「はだしの山田と呼んでくれ。」

維澄「ゲンも別に、そこまで裸足でもなかったけどね。」

神邪「というか、暖房かけてないんですよね?」

山田「乾燥するからな。喉が痛む。」

佐久間「乾燥は肌に良くない。」

維澄「まあ、部屋が冷えてる方がパソコンはよく動くけどね。」

八武「・・・しおりんも割と涼しい恰好をしているよねぃ。おぢさんは全く構わないのだが、寒くはないのかね?」

維澄「だからこうして佐久間に抱きついているの。」

八武「非の打ち所のない結論だ!」

佐久間「ちぃい、仕方あるまい、服を着るから離れろ。」

神邪「どんだけ服を着るのが嫌なんですか。」

山田「元々モンスターだからなあ。」

八武「ああ、そういう・・・」

佐久間「早く離れろ貧乳。」

維澄「私が服だよ、闇子ちゃん。」

佐久間「お前は何を言ってるんだ。」

山田「まあ俺が受けてるセクハラよりは全然普通だな。」

維澄「夫公認の浮気が認められた。さあ闇子ちゃん、めくるめき夜を過ごそうね。」

佐久間「いいだろう、私の愛情が籠もった腹パンを喰らえ!」

維澄「おぼえっ!!」(吐瀉

八武「美しい・・・」

山田「籠もってるのは殺意という気がする。」

佐久間「愛情も込めた。1PPMくらい。」

八武「100万分の1かね・・・。」

佐久間「山田以外には勿体ない私の愛情を、100万分の1も分けてやった時点で、僥倖だと思ってもらおう。」

山田「何様なんだ、お前は。」

佐久間「なに、わざわざ感謝の言葉を並べ立てる必要はない。心で想ってくれれば、それで伝わる。」

山田「ほんと何様なんだお前は。」

神邪「まあ、言葉を口に出来る状態ではないですね。」

維澄「 」

八武「吐瀉物を吐いて失神している・・・これはエロい!」

佐久間「アヘ顔になる権利を行使しているようだな。」

山田「どこからツッコんでいいか分かんねえよ!」

八武「するしかないようだ・・・レイプを!」

山田「やめろ。」

八武「何を言ってるのかね山田くん。“和姦、無えよ”ということは、君も強姦を推奨しているのだろう?」

山田「してねえよ! 耳ほじれ!」

八武「突っ込む場所を選びたまえ。穴は複数ある。」

佐久間「二穴攻めか。」

八武「佐久間も男体化して三穴攻めでも構わないんだよ? それとも神邪くんが参加するかね?」

神邪「あの、起きましたよ。」

維澄「おはよう。」

佐久間「復活の早い奴だ・・・。」

山田「だからお前が言うなと。」

佐久間「それにしても、何のテーマも結論もない、ぐだぐだな会話だった。」

山田「という結論。」





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2020年10月
            1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード