プリチャン87話 ジュエリストに安らぎの時間は存在しない!

さァ・・・“ライブ”の時間だ・・・!!


トレンチコートも着こなす、我らが赤城あんなの
ファッショナブルでハートフルな物語が始まるよ!

リスを見ると反射的にジュエルペットではないかと
思ってしまうチターナ症候群。

空腹とはいえ、ドングリは堅くて渋い。
噛み砕いただけでも凄いです。


小動物との謎交流を経て、
本命えもちゃんがキラッと参上、
そして元祖おばあちゃんが流石の誘い。

貰ったドングリを血眼になって探す
えも一家の家訓に泣いた。まだ泣くんじゃない。

見つからないと飯抜き。
この厳しいまでの節度、良いなあ・・・。


そんなこんなで心温まる展開なんだけど、
やはり私としては、思い通りにいかない人生は
つまらないなあと思うわけで。

・・・みたいなあたりでモヤモヤしていたら、
ラストぐあああああああああああ!!!

この流れで、あんあん付き物落ちるかと思わせておいて、
まさかの絶交宣言だよ! 胸が・・・痛い・・・ッ!

でも、それが“赤城あんな”なんだよなァ・・・。

またしても胸痛な引きですが、
引っかかったところを丁寧に触ってくれるの好きだぜ。
妥協しない・・・! プリチャンアイドルは妥協しない!


意地悪なことを言うと、
これこそ「思い通りにいかない人生」なのですが、
えもちゃんは面白いと思えているのだろうか?

いや、意地悪というか、私にとっての
「思い通りにいかない」って、この手のやつとかね。

アッキーのトラウマはともかく、
あんな:えもの関係は、コインの裏表だからなあ・・・。
天に投げれば同じようにクルクル回れども、
同じ面を向くことはない。


フェチ的なことを言うと、
えもちゃんみたいな底抜けに明るい人が
普段は抑え込んでいる心の闇を
俯いたその顔に溢れ出すと仄暗い快感を抑えきれん!

いや、フェチというか、個人的に
「心に闇を持たない奴を信用するな」がモットーな
立ってる場所が違う哲学に深く深く共感するので。


仲直りして欲しくはあるのですが、
このままの感情で一夜の何とかにアレコレなるのも
百合的にはオイシイなんてことは
これっぽっちも考えてないですよ?
プリチャンは明るく愉快なアイドルの物語です!

次回、キラッとプリチャン~なりたい自分にキラナリエ~
「あんたなんて嫌いおん! ジュエルアイドルになりタイガー!」
みんなもジュエルコーデ、ゲットだぜ!





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年10月
            1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード