traveler序列評価 (Ver.5)

あまり変わってないですが、
Ver.4が半年以上も前なので更新しておきます。



<田宮行方の世界>

目次

更新履歴




◎1位:???

・40名全員の共通認識で1位
・佐藤、白姫、古河、北村、田宮を、特筆すべきtravelerとしている?
・その全貌は未だ明かされていないが、推測に足る材料は揃っている


◎2位:佐藤心愛

・本人を除く39名の共通認識で2位(佐藤自身は田宮を2位と評している)
・いかなる相手とも「拮抗」する特性を持つ
・既知の世界であれば、任意の座標・時間・場面に移動できる


◎3位:獅子堂劫牙

・38名の共通認識で3位(佐藤は自身を、白姫は田宮を3位と評している)
・いかなるtravelerの力をも「絶対」に無効化する
・自身で別世界に移動することは不可能


◎4位:源彼方

・正統派を突き詰めた強さを持つ4位(多くのtravelerにとっての”到達点”)
・彼女の「意思」は現象を捻じ曲げる
・travelerとしての性能は田宮と同質(世界を渡るときの仕草も共通)


◎5位:伊良湖

・異端を突き詰めた強さを持つ5位(あるいは4位)
・「可能性」を掌握できるが完全ではない
・氾濫し拡散した状態では性能の多くがOFF


◎6位:鳥海

・壊れた6位
・かつては無口だった(今は口癖がある)
・移動力は高く、痕跡が残りにくい


◎7位:輪島

・彼を6位以上に置いているtravelerは皆無であり、自己評価も10位以下
・ルール切り替えに特化したtravelerであり、「切磋琢磨」を是とする


◎8位:赤城芳恵

・彼女を6位や7位と見るtravelerも多く、およそ6~8位までは同格
・「不殺」は、”殺さない”ではなく”殺せない”


◎9位:高見沢蓮

・7位と評されることもある
・結界による改変やルール操作、直接戦闘までこなす「万能」の少年
・travelerとしての基本性能も高め


◎10位:田宮行方

・自己評価は10位で、高見沢を”最も近い上位”と評する
・彼女の「気分」は世界を観測し、デュエルに揺らぎを生み出す
・渡る世界を選べない


◎11位:鹿賀雅章

・田宮、高見沢とタメを張り、およそ9~11位は同格
・合意の上での「駆け引き」を基調とし、人を手玉に取る性格


◎12位:


◎13位:????

・32話現在で未登場
・女性である


◎14位:花島灰信

・上位の最弱と見られており、多くから14位の認識で安定している
・「病気」のtravelerであり、それは疾患ではなく生態に近い


◎15位:川内

・中位最強のtraveler
・「飛躍」を旨に抱き、1位と戦ったと見られている


◎16位:羽黒

・中位でトップクラスと見られており、15位と見る向きも
・元々は冷酷な性格だったが、次第に変化し「遡及」を試みる


◎17位:大郷流布

・中位トップクラスの1人
・「無尽蔵」をテーマに活動する、畸形同盟の中心人物


◎18位:金剛

・15~19位あたりまでは同格
・かつては理性的なtravelerだったが、「諦念」が足を止めた


◎19位:鵜堂

・実力的には中央あたりで、殺意はトップクラス
・拮抗する決闘者に接近し、「殺し合い」を楽しむ


◎20位:由良

・実力的には中央あたり
・「関係性」による強さの変化に敏感
・travelerとしての性能は高く、世界を繋げることも可能


◎21位:逢沢疼

・決して最強たりえない平均
・「中央値」にして「平均値」のtraveler
・性能は他のtraveler次第


◎22位:來女木

・逢沢よりは格下と見られることが多い
・性質は「連環」であり、世界を繋げる力は相当なものがある


◎23位:


◎24位:倉橋

・真ん中より下であるのは、多くの共通認識
・赤城と並ぶ「食事」好き
・移動力は極めて高い


◎25位:室井

・真ん中より下であるのは、多くの共通認識
・変化し続ける「標準」を追い求める


◎26位:


◎27位:胡渡摩耶

・下位から実力をつけて中位にランクアップしており、成長度は高い
・気弱だが、伊良湖への「依存」に関しては譲らない
・”仮宿”を構築できる1人


◎28~30位:剣堂、猫山、城ヶ崎

・個々は下位だが、組んだときの実力は上位にも近い
・彼女らの「連携」は、馴れ合いに非ず
・マイナー世界を巡る


◎31位:剛田

・初期位置では北村より強かったと思われる
・強さに「執着」し、弱さを毛嫌いする


◎32位:北村賢治

・32位は初期位置(38位という意見もある)
・爆発的な「成長性」は、3位までの到達を示唆されている
・自力で世界にとどまり続けるのは困難


◎33~34位:不破、五条

・実力的には互角で、練習対戦の成績は互いに10勝ずつ
・物事を「表層」でのみ判断する


◎35位:古河

・多くから35位の評価(獅子堂からは6位と評されている)
・自身を耄碌爺と評するが、その「技巧」に敬意を払うtravelerは多い
・行きたい世界を選択できない


◎36位:山代

・初期位置は底辺に近い
・強者に怯える「臆病」な性質は、印象に反して成長性は高い


◎37位:高尾

・自己評価は高いが、ずっと下位
・「範疇」に干渉する性質を持つが、想像力に乏しい


◎38位:須々木

・高尾、山代の強さを10とすると、須々木の強さは6くらい
・性質は「融合」


◎39位:真弓刹那

・”逃げ専”の39位(その本質は「微力」)
・デッキの大半がブランク状態
・世界を渡る為には1521時間の充電が必要


◎40位:白姫真白

・40名全員の共通認識で最下位
・「過負荷」のtravelerであり、”死にたがり”
・性能の全てが弱体化の為に存在する





◎六歌仙姉妹

・個々の力量は20~25位程度(ムラがある)
・タッグを組んだときに「相貌」の本領発揮で上位にも匹敵


◎『死神』

・初期の実力は24位程度
・成長性も高いが、得た力や記憶の多くを「喪失」する


◎『芋虫』

・試作型の実力は17位程度
・畸形同盟の試行錯誤によって「進化」が見込まれている


◎神代観世音

・実力は上位相当(10位以内)
・抱いた「疑問」を解くためには手間を惜しまない


◎川内実

・実力は23位程度
・独特の口調で「ギャップ萌え」を語る







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年01月12日 19:16
それぞれのキャラのテーマが分かりやすくなりましたね。

>◎24位:倉橋
>・赤城と並ぶ「食事」好き
食事を楽しむ派のトラベラーは、他は鹿賀さんぐらいでしょうか。3人中2人が上位トラベラー。
強さの秘訣はデュエル以外のことにも興味を持つことなのかもしれません。回り道をしているようで、それが一番の近道なのかも。

>◎川内実
>・独特の口調で「ギャップ萌え」を語る
「ギャップ萌え」がテーマだったのか!なるほど・・・。
アッキー
2020年01月12日 22:40
>千花白龍さん

実は性質とテーマが混在していると気づいた・・・(汗
まあ、そのあたりはフレキシブルにw

あくまで私の見解であり、自分でも若干しっくりこないのも幾つかあるので、こっちの方が合ってるとかあれば、是非是非。
あるいは、意味とか突っ込んでもらえたら答えます。


2020年02月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード