”永久凍土”とこしえに非ず

地球温暖化により、北極や南極の氷が溶けて
海水面が上昇し―――・・・
子供の頃から耳にしていた懸念、警鐘が、
あからさまな現実となってきた。

緯度を考えると、欧州で40℃も驚愕だが、
北欧で40℃が観測されたり、
ロシアでは永久凍土の一部が溶けて、
それを土台としている建築物が傾いているとの
報告が挙がってきている。

”永久”凍土って何だろうと思うが、
私自身そうそう呑気なことを言ってられないのは、
ひっきりなしに訪れる低気圧症状に明らかである。


”温暖化”という言葉は、どうも良くない。
あたかも、単に”あったかくなっている”印象が強くて、
かえって懐疑的になる人を増やしているかもしれない。

気温だけでなく、水温の方にも触れてほしいものだし、
温度に限らず広く環境問題それぞれに言及しなければ不足だ。
私も広く言及していきたい。

無論、懐疑的な人々を擁護するつもりは更々なくて、
この頭痛が酷いときには、不見識と鈍感を詰りたくなる。
説を支持する方も、温暖化が齎すものを
海水面の上昇を中心に考えてないだろうか。

確かに”洪水”、”沈没”は大災害であり、インパクトは強い。
しかし、いきなりカタストロフが訪れるのではなく、
徐々に亀裂が入るように、前兆が拡大した果てに決壊がある。
亀裂が我が身に及ぶまでは、なかなか真剣に考えられないようだ。


すなわち私自身も、こうまで苦しむ以前、
今ほど環境問題に敏感だったかは疑わしい。
積極的に知識を仕入れ、真剣に考えていたとは思うが、
どこか他人事、あるいは遠い未来として捉えてはいなかったか。

子供時代、マンガや雑誌などで語られるカタストロフは、
まだまだSFのような扱いだったが、現在はどうか。
最近あまり目にしなくなった気がするのは、
フィクションとして語るべくもない、”現実”として
迫ってきているから・・・・・・と考えるのは、安易だろうか。

とりあえずは頭痛と吐き気の対策として、今日も
紅茶にウイスキーやブランデーを入れて飲もうと思う。
気休め程度の効果だが、思考がままならないほどの痛みが
なんとか頭が回る程度には軽減されるので、超オススメ。
(度数が高いので、ちょっと垂らす程度でOK)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年02月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード