不安:漠然から具体へ

まだ頭がズキズキする。 気圧が低いと、どうにも気が滅入って仕方ない。 まるで別人のように、思考・嗜好・試行が異なる。 ”個人”よりも細かい“分人”という単位の存在は 平野啓一郎に言われるまでもなく実感として知っている。 好天のときこそが”本来の自分”だと思いたいが、 これから先は悪天候が多くなるらしい。 漠然とした予感…
コメント:0

続きを読むread more

佐久間「”生きる権利”について、どう思う?」

山田「ケストラーごっこか?」 佐久間「”権利”と”価値”は異なるという話だ。」 山田「ほう。」 佐久間「その通り、”法”だ。権利とは法的な概念だ。」 山田「そんなダジャレは言ってない。」 佐久間「生きる権利は誰にでもあると思うか?」 山田「・・・難しいな。あると言いたいが、”こんな奴は死んで当然だ”っ…
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザよりも低気圧が怖い

やたら頭が痛いと思っていたら、 低気圧が2つも直撃していた。 あちこち痛いし、もしかして風邪ひいたかと不安。 いちおう塾講師として(書類上は)復帰したので、 引き続き受験の問題などを見ている毎日だが、 それとは別にインフルエンザが流行している模様。 報道でクローズアップされたり、学級閉鎖も相まって、 受験生や保護者…
コメント:0

続きを読むread more

母親ヒロイン

先日、「ひらけ駒!」の話で盛りあがっているとき、 そういえば創作で母親がヒロインな話は どれほどあるのかという提起があった。 神話においては、普通に見受けられる。 「ワイナモイネン物語」のイルマタルや、 後に筒井康隆が七瀬シリーズに組み込む エディプスの話などが思い浮かぶ。 では、近親タブーが跋扈する現代においては…
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン93話 バグ?仕様?イメチェンだいやだよ~ん(゚∀゚)

(前回までのあらすじ) だいあとだいあはジュエリストを目指すプリチャンアイドル! 病めるときも健やかなるときも一緒だった2人だが、 ある日だいあから別れを告げられ、胸のあたりがちょっと変? 多分、多分、多分それは、知らないけれど知っている感情! パック「ご飯が美味しいパック!」 というわけで、えもい外見ながら…
コメント:0

続きを読むread more

カンストプリンセス「仮」 (NAROUファンタジー)

◆ NAROUファンタジー プレイ日記(旧)その1 プレイ日記(新)その1 邪神考察 ブリーダー日記その1 ブリーダー日記その2 ブリーダー日記その3 ブリーダー日記その4 ブリーダー日記その5 VSライオン VSナーリキン モンスター図鑑(新) ブリーダー日記その6 ブリーダー日…
コメント:0

続きを読むread more

佐藤「おはよう」

また追いかけられる夢に逆戻りだけど 恐竜でも幽霊でもなく、亜人・佐藤だった。 しかも場所が近所の商店街という、 リアルなのかシュールなのか分からない夢・・・w やはり永井圭の心情とシンクロしている影響なのか。 ある意味、好きなキャラが夢に出るという サプライズなイベントではあったが、 疲れることには変わりない。寝過ごし…
コメント:0

続きを読むread more

歯科技術の躍進

時は19世紀、フリードリッヒ・エンゲルスという男がいた。 資本家を”もうけ主義の畜生”と罵り、 男同士の性愛を”おぞましい行為”と吐き捨てた彼だが、 それ以上に嫌がっていたものがある・・・。 彼にとっての最大の苦痛は、虫歯治療、であった。 共産主義者としての、彼のラディカルさは言うまでもない。 かくも果敢な男が、ゲイフォ…
コメント:0

続きを読むread more

追いかける夢

まだ低気圧が付近を停滞している影響か、 このところ寝ても覚めても疲れが取れない。 ついには疲れる夢ふたたび。 何かから逃げる夢は頻繁に見ていたが、 追いかける夢は珍しかった。 恐竜や怪物も出てこない、地味な展開で、 起きた直後にも「ああ、夢だったか」ではなく しばらく「あれ?夢?」という気分だった。 家からマンガ…
コメント:0

続きを読むread more

佐久間「節分とバレンタインを楽しもう」 山田「たの死亡」

  佐久間「どうした山田、顔色が悪いぞ。おかしなものでも食べた?」 山田「近いうちに食べさせられる予定らしい。」 佐久間「何だと。山田に変なものを食わせる不届きな泥棒猫は、この私が直々に八つ裂きにして肥溜めに送らなきゃ!」(曇りなき眼 山田「その理屈だと、自分で自分を八つ裂きにすることになるが。」 佐久間「いつ…
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン92話 ~変形合体!?ヴァーチャルとリアルが交錯する世界で~

さてさて今回もヴァーチャルプリチャンアイドルだいあが オープニングの挨拶を務め・・・・・・てないんだもん!? 一瞬、違う番組が始まったのかと不安になった! 漫才風に登場してくるとは、この女たち、新春すぎる!(獅子目 これが噂のプリズム劇場? めが姉ぇさん、体張ってんなあ・・・。 おでんは湯気ないし冷めてるっぽいけど …
コメント:0

続きを読むread more

佐久間「暴力ヒロイン?」 山田「ちょっと違う」

維澄「なんの話をしているの。」 佐久間「私が暴力ヒロインかどうかを真剣に検討していた。」 維澄「・・・少し違う気がするね。」 八武「うむ。」 佐久間「お前らもそう思うか。」 八武「確かに君は、人を殴るのが生き甲斐のような女だ。私が美女・美少女をレイプするのが生き甲斐なようにね!」 佐久間「足蹴にするの…
コメント:0

続きを読むread more

”永久凍土”とこしえに非ず

地球温暖化により、北極や南極の氷が溶けて 海水面が上昇し―――・・・ 子供の頃から耳にしていた懸念、警鐘が、 あからさまな現実となってきた。 緯度を考えると、欧州で40℃も驚愕だが、 北欧で40℃が観測されたり、 ロシアでは永久凍土の一部が溶けて、 それを土台としている建築物が傾いているとの 報告が挙がってきている。…
コメント:0

続きを読むread more

「同性愛」による繁栄

人類が繁栄した理由は幾つもある。 「直立二足歩行」が齎した”長距離歩行持久力”は 版図を拡大し、ハンティングにおいても追跡面で優位。 「道具」は自力で不可能なことを可能にし、 「言語」は多大なる情報を集積してきた。 これらは、人類が基本的に備えている性質である。 足が無くても、道具の発展たる義足によって、 歩行を可能と…
コメント:0

続きを読むread more

「老人」による繁栄

人類が繁栄した理由は幾つもある。 まずは「直立二足歩行」によって齎された、 長距離歩行の持久力であろう。 哺乳類の中では、サイズの割に 身体能力に乏しいと思われがちな人類だが、 どうしてどうして、”歩く”ことに関しては 他に引けを取らないどころか、抜け出てすらいる。 チーターが時速120キロという驚異的な速さを …
コメント:0

続きを読むread more

将棋は「物語」、囲碁は「工作」

比較や対照を考えたがるのは、 数学に傾倒する者の常であるように思う。 愛好する複数のゲームがあると、 それぞれのプレイ中に自分の思考が どのような状態になっているのかを 分析したがるのも、また科学の子らしい。 物理学に喩えれば、 将棋はニュートン力学、囲碁は量子論、 数学では、ベクトルと位相幾何、 などという話を以…
コメント:0

続きを読むread more

ラッシュデュエルについて

セブンスにおける新ルール、ラッシュデュエル。 賛否両論あって、どっちの意見も頷けるあたり、 盛り返してきたものだと思います。(私の気分が) さらなる高速化が予想される一方で、 召喚権の回数制限が無くなるということは、 生贄召喚(アドバンス召喚)よりも、 むしろデュアルの再度召喚に有効な気がするとか、 少なくとも創作的に…
コメント:2

続きを読むread more

プリチャン91話 ~夢の再演!色とりどりの素敵ガールズ~

前回なんだか消え去りそうなVだいあさんだっただけに、 冒頭のセリフで安心するぜ・・・(束の間) というわけで今回は、なる店長の思いつきで みんなの夢を聞いてみたい!ほのぼの回!(この時点では) でもスパイだと疑われる・・・w めが姉ぇさん、何気に怪力ですね! その持ち方は赤ん坊でもキツいはず。 デイブレイクの圭一く…
コメント:0

続きを読むread more

traveler序列評価 (Ver.5)

あまり変わってないですが、 Ver.4が半年以上も前なので更新しておきます。 <田宮行方の世界> 目次 更新履歴 ◎1位:??? ・40名全員の共通認識で1位 ・佐藤、白姫、古河、北村、田宮を、特筆すべきtravelerとしている? ・その全貌は未だ明かされていないが、推測に足る材…
コメント:2

続きを読むread more

進撃の巨人 第125話 ~無秩序~

くれないに染まっていく――――― それは流された血の色のようでもあり、 訪れる暗澹の前触れにも見える。 雲流れる傾きを闊歩する幾千万の巨躯は、 うつろな悲しみを纏い、轟きだけを発している。 犠牲、迷妄、逡巡、妥協、欺瞞、 長きにわたりし戦いの結末はヘニーデへと向かう。 なす術のない暗がりの中、舞い降りるは堕…
コメント:0

続きを読むread more

近況のようなもの

お医者さんに通えるようになって、 溜まっていた疲れが少しずつ解消されている。 まだ歩くたびに頭の中で変な音が鳴るが、 頭痛自体は収まりつつある。 しかし創作活動の一筋縄ではないかないところ、 程々に体調が悪いときの方が、 かえって筆は乗っていたりする。 あるラインを割ると希死念慮が出て 創作どころではないが、 …
コメント:0

続きを読むread more

遊戯王SEVENSへの期待高まる

気を取り直して、セブンスの方にも少し。 とりあえずPVがあったので観てきましたが、 昂ってきたぜえええええ!! キャラクター説明で感じた懸念も、 PV観た感じだと、かなり払拭されたかなあ。 もちろん実際に始まってみないと分からないですが、 この懐かしい感じ・・・来るのね・・・(フェーリ 既に「子供向け路線」だとか「…
コメント:0

続きを読むread more

よみがえる記憶 (VXV19~20)

全国大会編を観ていたときのことだった。 初めて見るはずなのに、見た記憶があるような感覚を デジャビュと言う・・・それだと、思っていた。 しかし、あのトーナメント表。 そして山登りのシーン。 やはり前にも見たことがある。 いや、もう少し前から薄々わかっていた・・・。 はっきりと記憶の蓋が開いてなかっただけだ。 20…
コメント:2

続きを読むread more

全・国・大・会! (VXV15~18)

テレビを観るときは部屋を明るくして 離れて視聴する・・・そして、 なるべく30分ごとに休憩を挿み、 1日1時間以内が望ましい・・・そう・・・ このアッキー、それは十分に分かっているのだが、 いったん視聴し始めると、どうしても、な・・・。 内容の濃さがビフテキやトンカツなので、 なるべく1日3回までに留めておきたいのです…
コメント:0

続きを読むread more

新年ハオ!

そういえば今年の目標を立ててなかったので、 小休止がてら概要だけでも考えておきます。 まずは、この如何ともしがたい体調不良を ちったあ治してから考えるべきなんですが、 行きつけのお医者さんが開くまで、もう少しかかる。 その間じっと待ってると不安で吐きそうなので ちょっとしたブレーンストーミングがてら。 ◎生活面…
コメント:0

続きを読むread more

ロストワールド! (VXV14)

カブトボーグの視聴を始めてから、 ある違和感があった・・・。 遅れて視聴していたからこそだが、 噂に聞くような内容とは随分と違う気がした。 それゆえに私は、まだ本当のカブトボーグを 知らないのではないかという思いがあった。 だが・・・ 14話にて、その一端を知ることになる。 なんとなく予感めいたものはあったが、 …
コメント:0

続きを読むread more

レッツ、カブトボーグ! (VXV11~13)

ある人は、こう言った。 面白い作品とは、素数のようなもの。 限りなく存在するが、進むほど疎らになる。 まして殿堂入り作品など、 それこそ完全数のようなものだ。 こういった、経験値が感動を薄れさせる論は、 確かに真実の一端を突いている。 だからこそ気に食わない。 気に食わないが、それは苦痛を認めない悪足掻き? 真…
コメント:0

続きを読むread more

ぼおおおおぐ、ばとおおお! (VXV7~10)

輝く赤はリュウセイ! 愉快でホットなケンはイエロー! クールでクレバーと言えば勝治の青! ロイドさんの存在は、癒しの調和! 7話は再びのリュウセイ回! かつてなくリュウセイが可愛いぞ! これはもう、リュウセイきゅんと呼ぶしかないな!(蹴 いきなり重要キャラの匂いがする、緑髪の美少女。 差し出した鉛筆を素直…
コメント:0

続きを読むread more

ボーーーグ、バトォル!! (VXV4~6)

それは人生の縮図ってことで、 新しいのに懐かしく感じる自己分析と親交を開始する! まずは超絶テンションあがるOPとED、 やっぱ王道に滾るよねえええええええええええ!! 色々あるけれど例えばイサミとか爆走兄弟とか あああああ懐かしさが刺激されるぁあああああ! 指が痛くて長文書けないなら、 小出しにすればいいじゃない、っ…
コメント:0

続きを読むread more

VXVな冬休み (VXV1~3)

新年休みはカブトボーグで決まり! というわけで早速、3話まで視聴しましたが面白い!! 何故もっと早く観ておかなかったのかと思うけれど、 名作は10年20年経っても名作なので問題ない。 そもそも21世紀のアニメは私にとって「新しい」側ですが、 新しいのに懐かしい、そんな雰囲気。 良いところは幾つも幾つもあるのですが…
コメント:2

続きを読むread more

2020年01月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード