クロノス教諭セレクション

ナ・ノーネ!


GXも視聴できるので、
以前から確認したかった80話から視聴。
カード効果を確認したかっただけなのですが、
あらためてDM人形戦のオマージュなんだよなあ・・・。

何度でも蘇り、その度にパワーアップするエースは
オシリスと復活スライムの廉価版と言える。
“まやかしの無限”も含めて。
(コントロールを渡すモンスターも登場している)

グールズの人形が、「人形らしい人間」であるのに対し、
絶望の国のアリスは、「人間らしい人形」として、
対照的なキャラクターなのも面白い。


映えるゲストの話といえば、カイバーマン。
なんとなく視聴したわけで、決して温泉回だからではなく、
だから牛尾さんを呼ばないで!
次回、アッキー逮捕! セキュリティの尋問デュエル!

脳内警察署で牛尾哲37歳とデュエルを繰り広げた末に
なんやかんや釈放された私は、
更なる癒しを求めてクロノス教諭に会いに行くのであった・・・!


以上、前回までのあらすじでした。


クロノス先生とは、実は、考え方とか価値観は
あんまり合わなかったりするんですよね。
問題児の方が印象に残るってのも、まあ分かるけど、
やるせないと思う側の人間なんでね。どちらの意味でも。

しかし、考え方は違うけど好き。そういうキャラ。
(考え方が近しくて好きなのは言わずもがなユベル)

まあ、まずは顔と体つきが好きなのですが(殴
スラっとした美形のコミカルおじさまが好きなんだよ!
悪いか? 悪くない! 私は悪くない! アヴィ!

カミューラは好きだけど、男の趣味は合わないんだよなあ・・・。
カイザーは嫌いじゃないけど、私からすれば彼も“坊や”の枠内。

カミューラは、顔芸で、口裂け状態の声は必聴、
某暗殺者ローズよろしく入浴シーンその他、
デュエル中に◎◎して丸藤翔を◎◎し、首筋に◎◎◎◎て◎◎し、
生贄に捧げるなどの、ファンサービス精神に溢れ、
何気にクロノス、カイザーといった強キャラを撃破するなど、
GX最強キャラ談義の常連なわけですが、
クロノス先生の渋みが分からんとは、まだまだだな!
その人形、いらないなら私が貰う!
私が可愛がって、可愛がって、可愛がって、可愛がって、
ああっ、何するんですか万条目くん!
ただ私はクロノス先生の魂が封印された人形を
大切にしようとしているだけ(※地盤沈下が起こりました)


もとい、考え方の違いとしては、
闇を否定し、光を肯定するって部分もなんだけど、
これはクロノス個人の思想というよりは、
GX全体の共通点と言うべきなんだよねぇ・・・。

そもそもクロノス先生が、
本来的な意味での“闇のゲーム”の使い手なのは、
ナポレオン教頭とのデュエルで明かされている。

クロノスのライフが削られるほどに
レッド寮が破壊されるというのは、
そういうルールだからということで納得だが
(パンドラの切断ルールみたいなもの)
ナポレオン教頭のライフが削られるごとに
みるみるレッド寮が修復されていくのは
どれほど腕の良い大工でも、通常の物理的には不可能。
すなわち“闇のゲーム”なのだ!
苦痛を与えるだけが“闇のゲーム”ではないノーネ!


海馬瀬人の“オカルト嫌い”は、正確には
オカルトのせいにして思考停止することへの嫌悪であり、
彼自身の行動は、オカルトの存在が前提になっている。
無自覚的だが千年アイテムの所有者でもあり、
そして彼の信念は“光”の側にある。

GXで海馬瀬人に相当する枠はカイザーだと思うが
(同名3体融合とかショタ弟の存在とか)
むしろ理念としては、クロノスこそ海馬枠であるとも言える。

GXはDMの未来だが、雰囲気としては
ファラオの記憶編と重ねてみると、しっくり来る。
カイザーはマハード枠(現代だと城之内)ではないだろうか?
海馬は女子から黄色い声援を浴びるタイプとは
ちょっと違うんだよね・・・。それマハードの方じゃね?という。

ちなみにクロノス教諭は、頭の固い“実技”教官で、
年下の“異邦人”との出会いから変化していき、
臨時ではあるが校長の座に就いたりもしている。
箇条書きマジックな面は否めないが、
符合する点ではカイザーより多かったりするのは事実。
第1話で戦う“攻撃力3000のエース”の使い手、
それを手足の如く使いこなして、3体融合も登場する、
などなど、3体融合も実はクロノス先生の方が近い。


言わずもがな十代との2戦目は神回であり、象徴的。
カミューラ戦では実力の1割も出してないな、この人。
超巨大コアラをリミッター解除で倒したりとか、
クロノス先生って日常回の方が強いんだよなあ・・・。

ギャグっぽい描写だけど、何気に闇の瘴気って、
DMペガサス戦だと遊戯が死にかけていたわけで、
カミューラの瘴気がペガサスほどではないとしても
まともにデュエルできるだけでクロノス先生すげえってなる。
カミューラの戦術が“初見殺し”な面もあるし、
次に戦ったら勝てると思う。次は無いが。



・・・さて、次は何を視聴しようかな。

引き続きGXでユベルせレクションを嗜むか、
ZEXALに戻ってベクターの続きかⅣサービス、
あるいは萌え機械の5Ds、DMのアニオリ、
今夜もお楽しみだなコノー!(健全な意味で







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30               

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード