途切れちまった辺獄の続きを追うのさ・・・

作者の死は、あらゆる打ち切り展開の中で 最も絶望的な場合分けであると言えるでしょう。 雑誌の消滅や出版社の倒産などの、売り手の事情、 あるいは人気低迷や出版社との衝突ならば、 復活した例は稀ながらも存在します。 「半熟忍法帳」は、雑誌消滅で描けなかった最終章を コミックスの書き下ろしで追加。 雑誌を転々とした「バイ…
コメント:0

続きを読むread more

2020年06月
   1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30            

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード