肋間神経痛?

どうやら私は働きすぎらしい、と言いたいところだが、 理由を考えても皆目見当がつかん。 天気図を確認すれば高気圧が支配的なのに、 何故こうも体が怠いのか分からない。不気味。 お医者さんからは無理せず体を休めるように言われているので、 塾講師としても授業復帰せず、アドバイザーに留まり、 ゲームや動画、執筆なども、あまり徹夜し…
コメント:0

続きを読むread more

思考の多動

自分を苦しめている症状を正確に表現しつつ、 それを分かりやすく、かつ簡潔に纏めてくれるのは、 専門用語の重要な役割の1つだと思います。 まずもって自分の症状を言語化するのが難しく、 それを他者に理解させるのは、もっと難しい。 お医者さんからは、「君の苦痛を経験してない人には 本当の意味では分かりっこない」と言われており、…
コメント:0

続きを読むread more

ウスバー教授の午前 (NAROUファンタジー)

「まあいいさ」 「結局、今日から明日へ移るってことは」 「悪夢から別の悪夢へ乗り換えるってことなんだろうし・・・」 「悪夢なら悪夢で」 「その中を精一杯生きるより仕方がないんだ・・・・・・」 NAROUファンタジー プレイ日記(旧)その1 プレイ日記(新)その1 邪神考察 ブリーダー日記その1 …

続きを読むread more

プリチャン110話 ラ威張る、友達

今回は冒頭の導入が無いまま いきなりOPから始まったかと思うと、 そのまま第2回プリンセスカップ開催が宣言される! 動揺した私は、どうやら予選を見逃してしまった・・・! これもみんなディアボロって奴のせいなんだ(錯乱 だが、めが兄ぃさんは親切だ。みんな知ってるね? 予選を見逃した哀れなる視聴者に、ダイジェストで提供。 …
コメント:2

続きを読むread more

健全の健全による健全の為の健全 (雑談)

佐久間「原始、人は健全であった・・・」 佐久間「風は優しく肌を撫で、火は明々と夜を灯し、水は渇きを満たし、地に草木満ちて、人々は栄辱を知り健康で文化的な生活を全うしていた・・・」 佐久間「だが・・・いつしか人々は堕落し、悪徳が栄える・・・」 佐久間「風はやらしくスカートをめくり、火は閨の睦言を盛り立て、水は服を透けさせ…
コメント:0

続きを読むread more

梅雨前線が最後の抵抗を見せているようです

前線「まだまだ余裕ですが?」とか言われたら もはや笑うしかなくなってくるわけですが、 どのみち夏と秋は台風のシーズンなので あんまり変わらないかもしれません。 お医者さんの予約をしようとしても 電話が通じなくて困る。ガチで困る。 台風の影響で通信に悪影響が出てるのかしら。 若干ヤバいので、予約なしでも行ってみるか。 …
コメント:0

続きを読むread more

セウトの基準 (雑談)

維澄「セクト?」 八武「今時そのギャグは漫画5Dsの彼が浮かびそうだねぃ。」 山田「アコギもアコースティックギターの略称が先んじてるかもな。」 佐久間「便所も、都合良く精液を吐き出せる存在と・・・」 山田「よし黙れ。そして死ね。」 佐久間「時代や地域、人によって、その文字の並びから真っ先に何を連想するかは異…
コメント:0

続きを読むread more

天(気)・・・躁・・・鬱・・・

考えてることを文章化する際に タイトルというのは極めて重要なもので、 今回はヤマノケ風の泣き声から開始します。 泣いてますがぁ。吐いてますがぁ。 どうにも躁鬱が酷くて、 最近のエッセイや感想を読み返すと この人おかしいんじゃないの?と感じてしまう。 いや私だよ。私自身だよ。マジ恐い。 ヤマノケの正体って案外、高山…
コメント:0

続きを読むread more

気象病治療週間

・・・といっても単に体を休めるだけですが、 その単に“休む”というのが実は難しい罠。 やたら頭が痛いと思ったら、 前線が復活しておられる・・・鬱だ・・・ 現実・・・これが現実・・・(吐きながら ヤドンになれない私は いわゆる“ボーっとする”ことが出来ない。 サヴァンに程近い場所では その機能が動かなくなってしまうのだ…
コメント:0

続きを読むread more

前線消滅!?高気圧の到来!

ようやく梅雨も明けたと、 少なくとも天気図では示されているけれど、 むしろ頭痛は酷いし、体も怠い・・・。 溜まっていた疲れが、小刻みに出ているのだろうか。 これから高気圧のターンになるので、 少しずつ吐き出しているのかもしれない。 いろいろ考えていることが、まとまらなくて苛々する。 創作的には不調が初期“ほのお…
コメント:0

続きを読むread more

男の子には2種類のタイプが存在する

天文学者を目指すタイプと 宇宙飛行士を目指すタイプだ・・・というのは ジュラパーⅢで恐竜おじさんが言った言葉だ。 いや別に男の子だけじゃないだろうと思うけど、 寓意は即ち、知識と想像のタイプか、 そこへ赴く行動のタイプか、という話だった。 敢えて「男の子には~」と述べたのは、 あの場面は男の子同士の語らいだから…

続きを読むread more

アジャストする人生

主義主張、価値観に立脚する事象に いわゆる“間違い”というものはない。 これらの方面で、今までの自分を否定するのは ただただ貧弱な実践の証明でしかなく、 思想哲学や人生観の差異を、知識の誤謬と 混同するような愚は避けたいものである。 すなわち、純粋に知識の誤謬は 積極的に修正していきたいものだ。 例えば、「小数点以下…
コメント:0

続きを読むread more

食レポ的な何か

※焼肉、キノコ、卵、エール、マヨネーズ、オムライス、 ステーキ、パンケーキ、海老と貝のバター炒め、などの 料理が登場する話なので、閲覧注意。 …

続きを読むread more

大脳様の眠気は全てに優先される

厳密には眠気ではなくて意識朦朧なのですが、 どちらにしても、それに抗えなくなったことに 不甲斐なさを感じております。 健康面からすれば、無理せずに横になる方が むしろ正常である・・・それはこのアッキー、 重々承知しているのだが・・・ 異常な生活を何年も続けていると、 どうしても、な!(泣 以前はキーボードに齧…
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン108話 尽きぬネズミのBOMBKNOWN

キラッチュがバグっちゅならぬ うざっちゅ・・・いや、この依存症っぷりは やくっちゅと呼ぶべきなのかもしれない? 思い返すと前回の時点で この兆候は幾つか出ていたのかな。 てなわけで流石に調子に乗りすぎたキラッチュに、 えもちゃんの怒り爆発! そりゃまあね、傍から見てても、ちょっとね・・・。 なんというか、…
コメント:0

続きを読むread more

幸せの白い粉

プリチャンが復帰したと思えば セブンス再び遅延で凹みつつある日々ですが、 それでも食べていかなくてはなりません。 続きを観るまで生きていかなくては・・・! というわけでチヂミを作って食べています。 料理もストレス解消になるなァ・・・。 ・プレーン 基本のチヂミ。粉を水で溶いて韮を入れた生地を 薄く延ばして焼く…
コメント:0

続きを読むread more

ポークヒップ

どういうわけだか最近は 弟と会う度に 「幽遊白書」の豚尻さんの話で 盛りあがることが多い。 ホントどういうわけなんだ・・・ いったい誰が得するんだ・・・ もっと他に語るべきことは幾らでもあると思うのに、 何故か毎回のように豚尻さんの話題が出てきて 謎の流れで議論が白熱するという、誰得な日々。 どうせなら…
コメント:0

続きを読むread more

ゴルゴ13のライバルキャラ

世間では相変わらずコロナ恐怖症が蔓延している。 未だかつて身の回りで新型コロナの罹患者は出てないが、 恐怖症の患者は道を歩けば嫌でも目に入る。 マンガやアニメの制作に支障をきたしたり、 あるいは立ち消えてしまったりするのは、 おしなべて恐怖症によるものだろう。 相変わらず様々な情報が飛び交っているが、 (私にとって)確…
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン107話 みんなーっ!萌えキュンする準備はオッケー!?

(前回までのあらすじ) エールは心のエネルギー! 恐るべき絶叫マシンを前にして、 とても悲鳴をあげずにはいられない萌木えもだが、 「ここで悲鳴をあげたら、ライブが出来なくなるだろうが!」 厄介な友達を持ったもんだぜ、とばかりに フリーフォール中キラッチュの物理攻撃! 「おおーっ、ケツで悲鳴を封じたぞ!」 「悲鳴ってあんな…
コメント:0

続きを読むread more

遊戯王SEVENS 第9話 男のロマンでジュラシック!

“悪魔の手のひら”をご存じだろうか。 北米のアリゾナ砂漠を1日に何キロも移動するという、 呪われた土地のことである。 そこに足を踏み入れた者は、“呪い”を手にするか、 さもなくば残酷なる死の運命に刈り取られるだろう。 “呪い”は、“祝福”でもある。 あるいは、“幽波紋”―――“スタンド”と呼ばれる。 精神の力、魂の具象…
コメント:0

続きを読むread more

チョコボと秘密の縛りプレイ2

にゃろうや三国志Ⅴの合間に まとまった時間と気力が取れそうなときを見つけて 性懲りもなく縛りプレイに興じております。 通常プレイと異なる発想が求められることで、 かえって幅広いプレイが出来ているのが新鮮です。 最初の縛りは、久々ということもあって、 オーソドックスな設定でした。 1、グラスゴスZ撃破までを目…
コメント:0

続きを読むread more

おはよう、高気圧!

気象病による消耗がピークに達し、 倒れるように眠っていましたが(失神と言う) ようやく高気圧に恵まれて、 爽やかな気分で朝を迎えることが出来ました。 今のお医者さんに掛かるようになってから、 徐々に悪夢を見る頻度が減少し、 たまに悪夢を見ても忘れやすくなりました。 忘れる・・・なんて素晴らしい・・・。 それこそ人…
コメント:0

続きを読むread more

頭の奥まで低気圧

ぐるぐるぐるぐる目が回る 回っているのは目ではない 頭の奥まで低気圧 頭で開いた天気図で 等圧線が狭苦しい おっかなびっくり天気図見ると いつでもそこに低気圧 増えたり減ったり消えやしない 渦魔く刃は情熱を こそぎ取る

続きを読むread more

2020年07月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード