プリチャン111話 自分のペースでパンダンテ

気分は上々、フォルテッシモ!

なんてったって念願のアイドル化に成功したので、
喜びに満ち溢れるメルパンなのですが、
さあ、次はライブだ・・・と言われて硬直!

どっちかというと引っ込み思案だし、
ライブ自体やりたくないなら
無理強いは良くない・・・と思いきや、
メルティックスターのマスコットとして
下手なライブは出来ないっていう不安だったかー。


いやあ・・・着々とパーティーの準備が進む中、
徐々に高まるプレッシャーが、
プリティーでリズムな視聴者に
レインボーなトラウマを想起させてやまないんだ!

キラッツも宣伝と応援に邁進していて、
普通に微笑ましい光景なのに、
どうしてか緊張で胃が痛くなってくる罠。

べる様・・・うう、頭が・・・・・・


これで当日メルパンが、いきなりライブやる流れになって、
しかし出来なかったらと思うと内心ビックビク。
楽しいこと程あるある。

あの井戸も工事中で、信じるべきもの、
それは自分自身と、ご主人様たち。

そうなんだよなあ・・・上手くやろうとして、
この時を楽しめない、眩暈、あるある過ぎて泣けてくるぜぇ。
小説を書くときも、まずは自分が楽しむことなんだよな!
わかっちゃいるんだけど、他者から言われてこその効果でもある。


それはそれとして、アイドル化メルパンには
チャイナドレス着て欲しかったんだけどな!
そこ、マーメイドメロディーの敵キャラとか言わない。
花と蝶のセレナーデは名曲だけど。

敵キャラの曲が好きになる傾向はさておいて、
あの巨大ドレス結局メルパン着ないのかと思ったら、
めが兄ぃさんんんんんん???
やけに似合ってるのが、また何ともwww


マスコット検定試験で、めが兄ぃさんとなると、
嫌な予感(良い予感)しかしないんだぜ。

うさぎさんが、ご主人様を見つける話かと思いきや、
キラッチュが受けるのか・・・?

プリティーでリズムったりパラダイスな
過去シリーズの影響で、
マスコットの墓場や、マスコットの地獄などが、
ありありと脳裏に蘇るのですが、
そんな酷い目には遭わないですよね?
だってプリチャンだもの・・・(震えながら

何だろうね、この手の心配が毎度杞憂なのに、
それでも次は分からないと思わせる演出の妙に
振り回されちゃう悔しいビクンビクン






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年10月
            1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード