詰まったときのキャラ頼み (雑談)

アッキー「恋人同士のプレイって、何がありますかね?」

八武「恋人同士のレイプ? つまり、デートレイプ。」

山田「真顔で何を言ってるんだ貴様は。」

アッキー「エッチなことに限らず、恋人同士のアレコレお願いします。」

佐久間「どういう風の吹き回しなんだろう。まさかアッキーに恋人がいるはずもないし、創作における弱点を我々に補強してもらおうと請いに来たとしか思えない。」

アッキー「すいませんね、予想通りで。」

佐久間「そうか、我々の意見が欲しいのか。」

アッキー「欲しいです。」

八武「しおりん、同じセリフを君の口で再現してくれたまえ。」

維澄「佐久間の愛が欲しいです。」

佐久間「やらん。」

八武「佐久間、同じセリフを、情感たっぷりに・・・」

山田「いいかげん話を進めようぜ。」

佐久間「恋人同士のプレイといえば、射精管理とか皮脂石鹸の製作かなァ。」

維澄「そこは製作じゃなくて制作じゃないの?」

佐久間「細かいことは気にするな。」

山田「そもそもツッコミどころがズレているような・・・。」

八武「山田くん、苦手なものだからスルーしようとしてないかね?」

山田「まあどうせ変態・・・もとい上級プレイは佐久間や死根也が並べ立てるだろうから、俺は無難に、手を繋ぐとかを挙げておこう。」

佐久間「山田の謙遜が始まった。」

山田「何がだ。」

八武「手を繋ぐ・・・それは、互いの“握手欲”を満たす、高度なプレイ! それを“無難”と呼ぶとは、山田くんの底知れなさが窺える・・・!」

山田「底知れないのは、お前の変態性だと思う。」

神邪「つまり山田さん、ドクターが言いたいことは、羞恥心の相転移なんですよ。」

山田「・・・つまり、変態プレイに慣れていると、変態プレイは恥ずかしげもなく行えるが、付き合い始めの初々しいカップルみたいな遣り取りは、かえって恥ずかしいってことか?」

八武「流石は山田くん、その通りだよ!」

佐久間「やはり分かってるんじゃないか。」

山田「嬉しくはない。」

八武「まあ、私はオーソドックスなところを並べておこう。おはようの精飲、ぶっかけトースト、バイブローター、露出、青姦、お互いの排泄物を摂取し合うとか、そのあたりかな。」

山田「それがお前のオーソドックスか。」

八武「うん? もちろん他にも、嵌め撮り、性感マッサージ、凌辱ボイス、奴隷宣言、おやすみのレイプなど、もっと挙げようと思えば挙げられるが。」

山田「何故それを爽やかな笑顔で並べられるんだろう、この医者は。」

八武「医者の嗜みだからねぃ。」

山田「嘘だ、ぜったいに嘘だ。」

維澄「一緒に本を読むとか、動画を観るとか、ゲームをするとか、食事とか。」

佐久間「なるほど、一緒にエロ本を読んだり、エロ動画を観たり、アダルトゲームを交互でプレイしたり、そのへんの人を捕まえて一緒に食べたりするんだな。」

山田「お前の頭にはエロとカニバリズムしか詰まってないのか?」

佐久間「暴力も詰まってるけど・・・?」

山田「もういいよ。」

神邪「ショッピングも話を作りやすいですよ。ランジェリーショップで、どエロい下着を選んで赤面させるとか、どエロい下着を試着して赤面させるとか、定番ですよね。」

佐久間「そういえば創作のネタ出しだった。アッキーに可能な範囲で考えると、アイデアに幅が出ない。」

アッキー「ぜんぶ不可能ですけどね。恋人いないので。」

山田「悲しいこと言うなよ。」

アッキー「しかし参考になりました。これで描写に幅が出ます。」

八武「あまり詳しい話は出来なかったが、いいのかね?」

アッキー「大丈夫です、あとは自力で膨らましますんで。」

山田「心配すべき箇所は、そこじゃない・・・。」








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30               

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード