そして過去作を振り返る

かつて自分が書いたものを振り返るのは、
意外と(意外でもない?)意欲を高めてくれます。

過去作を励みにするのは、
かつての栄光に縋るとかではなく、
これほど面白いものを書いていたのかと思うと、
自信が湧いてくるんですよね。


自分が面白いと思うものを書くことの意義も、
ひとつは、これなのだと実感します。あらためて。

自信が湧いてくる、というだけでなく、
単純に読んでいて面白い、活力が湧いてくる!
それだけでも良いわけです。

すなわち創作意欲に限らず、
より根本的な生きる意欲を底上げする、と言っても
あんまり大袈裟ではないでしょう。


というか、分かっていたことなのに、
いつの間にか忘れているから恐い。

ウェブリブログの仕様変更で、改行が
しっちゃかめっちゃかになったショックで、
あんまり振り返らなくなってしまっていた。

読みやすいように、改行に神経を注いでいたのが、
仕様変更で、むしろ読みづらくなっているので、
たまったものではない・・・

・・・という事情があって、
しばらく過去作を読み返していませんでした。


読み返した切っ掛けは、なんとなく・・・(山本山太)

ちなみに過去作の振り返りは、おのれの稚拙さに悶え苦しんだり、
吐いた毒が増幅して戻って来る危険性も同じだけあるので、
まあ正直それが恐くて読めなかったのもあるよ!

前者は自分の成長の証で、後者は情熱補給と捉えることも、
出来なくはない・・・私は前向きなんだ・・・。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30               

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード