フランダースの剛犬

「イギリスの小説である『フランダースの犬』は 舞台となったベルギーでは随分と評判が悪いが、 あらためて読み返すと、こりゃ評判の悪いわけだと思った」 菊池寛のセリフのオマージュから失礼します。 この作品の出来は、夏目漱石の墓と違って、 中々に良いと思うのですが、 ベルギーの人が怒るのも無理なかろうとも感じます。 …

続きを読むread more

2020年09月
      1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30         

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード