低気圧耐性

相変らず精神疾患は緩やかに悪化しつつありますが、
気象病に関しては、徐々に上向きになっています。
治療の成果が、質的な転換点を越えてきたことに加え、
例のテイラックの存在も追い風になったと思われます。

あれ以来テイラックは3回しか服用してないのですが、
やはり“薬がある”という安心感は、
それだけで症状を緩和してくれるので、
「とりあえず1箱」くらいが程よい模様。
アッキーは小林製薬の回し者じゃないよ!

モノが安全でも、不安や焦燥が生み出す依存が
最後の懸念でしたが、それも無いようで、
これで安心して服用できます。


あまり実感してこなかったのですが、
自分は案外、我慢強いのかもしれません。
精神を患って以来、抑制が利かなくなったと思いきや、
それでも一般的な基準では我慢強い方に属するとか。

未だに私を評価してくれる人はいるわけで、
外装を剥がされてもピラミッドは
感動を与えるようなものでしょうか。
精々マスタバとか言わない(弱気)

外れた価値観を持っていても、
指標みたいな部分は未だに見失っていないと思うと、
生きる価値は残っていると確信できます。

・・・こんな前向きな結論が出るとは
ちょ~ビックリだよ!(ルチアーノの声で)







2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30               

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード