あくまで弱耐性

前向きになった途端に悪夢を見るのは、
本能的な警告と思うべきだろう。(前向きな思考)

気象病は、いつ発症したのかも分からないほど
徐々に進行してきた。
同じく、劇的に快癒することもないと、
あらためて気を引き締めねばなるまい。
気を引き締めても無意味かもしれないが・・・。


見知らぬ相手から、見知らぬ人の悪口を聞かされ、
そして悪口が私にまで及んでくるという、
なんとなくホラーじみた夢だった。

悪口の内容を特に覚えてないのは幸いだが、
“アルミサッシ”という単語だけが頭に
こびりついて離れない。何故だ。


・・・こうして書き出してみてもイマイチ。
悪口ってのがテンション下がるし、
起きても別にスッキリしない。怠い。
あちこち体も痛い。

恐竜に食われそうになる系の夢は、
起きたら「良かった~!」と安堵するので、
体が怠くても気分は爽やかになるのだが・・・。
あと単純に恐竜好きだし。







2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30               

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード