遊戯王SEVENS 第25話 健全なる魂の牢獄!

予想を完全には外さずに、
なおかつ凌駕してくることで
喜びと驚きのコンボを決めてくる
なんて素敵なマキシマム!!
どんだけBETしてくる気ですかああああああ!!


・・・ってなわけで2クール目も
いよいよ大詰めの段階となってきて
否応なくテンション上昇しております。
ゴーハ本社に博物館見学に出かけたら、
ネイルとの決戦が始まっていた!
話が早くて助かるぜ・・・。

成績が振るわない人が博物館に興味を持つのは
意外に感じることではなくて、
普通に歓迎するところではと思うんだよね。
そこらへん割と失望してるんですが、
まあ、デュエルの歴史と先人の足跡に
敬意を払うべしってところは共感している。

だからこそ遊我がマキシマム召喚を使ってきたのは、
まさしくネイルへの敬意でもあって、
「おおっ!」ってなるよね・・・!


ネイルのMカードこと《天帝龍樹ユグドラゴ》、
シュノロスや機皇帝に興奮を禁じえない私の嗜好に
刺さりまくる節理なんです!
いちおうバラバラにも出せるのかな?

罠カードの効果で破壊されない耐性、
デッキコストでモンスター1体を破壊する効果、
デッキコストで攻撃表示にする効果。
3枚の攻撃力は合計値が4000でないように見えたので、
攻撃力の決定はM召喚による何らかの規定なのだろうか。


対する遊我のMカード、
それぞれのIDカードを託されるとはねええええええ!!

「結果如何では~」ってセリフ、随分と弱気だと思いきや、
そういうことかああああああああああ!!
勝利したとしても、そこらへん微妙かもしれないからなあ。

勿論、ソリッドビジョンでのデュエルが出来なくなるだけで、
我々と同じように紙を敷いてデュエルすればいいって、
もはや3人は覚悟を決めているんだろうけどね。
だからこそ遊我の弱気を、らしくないって言ったと思うと、
短なる蛮勇でなくて、カードを託したって感じる。

これもう《魂の牢獄》の健全バージョンですわ・・・。
ユグドラゴの力が明らかにMサイエンスな物理破壊力で、
いよいよ闇のゲームと化してきたかという流れの中で、
敢えて健全なアレンジでのリスペクトってね!


そして忘れかけてたけど、
カイゾーを取り戻すための戦いだったなあ・・・。
欠片のカイゾーが消えゆく・・・ああ・・・。

いろんな意味でペガサス戦を
見事にアレンジしておられる・・・良いぃ・・・!


1話冒頭のロボット夢が長らく謎めいてましたが、
この勇者シリーズな感じ、成程なあ!
確かに会長って、広瀬海と似てるとは思ってたんだけど、
マジでモデルだったりするのか・・・?

次回、宇宙女王様コスモクイーン登場!(あのBGM
嘘予告のつもりだけど今後ワンチャン期待してもいる。







この記事へのコメント

2021年01月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31                  

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード