アゾートかく語りき

記事タイトルに深い意味は無いですが、
「金田一少年の事件簿」で
いっとう好きなエピソードを挙げろと言われたら、
やっぱり異人館村かなーと思います。

登場人物の多くが狂気に満ちた中で
おどろおどろしい惨劇が繰り広げられる、
最も横溝テイストに近い話であり、
金田一一の好ましい面が前に出ているのも。


言わずもがな「占星術殺人事件」から
トリックを盗用していることには
言及しておかなくてはなりませんが・・・。

異人館村を先に読んだせいで、
占星術の方で犯人がすぐに分かってしまうという、
残念な体験をしたのは私だけではないはず。

更に言えば、このトリックにおいては
占星術の方が数段優れていて、
異人館村は後発なのに劣化版なのも残念。
この点に関しては、作中の実行者ではなくて
作者の実力差なのですがね・・・。

作家のモラルに関しては語ると長くなりますが、
読者としては単純に島田荘司の細やかさを
称賛するのみであります。
トリックの概要と犯人こそ分かっていても、
細かい部分で成程なあ・・・と感嘆すること。


それでは異人館は単なる占星術の劣化版なのか、
というと案外そうでもなかったりします。
作者の格付けと、作品の評価は、また別物。

占星術との関連で、メディア展開が鈍いですが、
「金田一少年の事件簿」という作品において
極めて重要な位置にあるのですよね。

例えば、剣持警部の優秀さが
クローズアップされているという指摘は
これまた成程と思ったものでした。
戸籍もなく転々とする親子の足取りを短期間で掴んで、
六星竜一という名前まで突き止めた、
その捜査能力は確かにズバ抜けています。

ホームズとワトソンの性能は互角である、
という指摘も某ホームズフリークからの伝聞ですが、
「バスカヴィル家の犬」を筆頭に、
むしろ個人的にはワトソンの方が凄いのでは・・・と、
私などは思ったりもします。
軍医やってて検死の技術もあるし、
ホームズと互いに穴を補って完璧。(完壁ではない)


・・・と、話が脱線するので本題。

異人館村の事件、残された謎として、
なぜ風祭の猟銃に弾が入っていたのか、という点は
明かされないままにファイルは終了しています。

通常、この手の猟銃は警察がチェックするので、
兜が撃たれるまでに誰かが弾を込めたことになるんですが、
警官が見張っている中で、どうやって、誰が込めたのか?
この点は、読んでるときは気にしていなかったけれども、
あらためて指摘されてみると確かに不思議。

どのようにして詩織は竜一に殺人術を仕込んだのかも、
ちょっとした謎ではあります。
小旅行でもネタにされてますが、普通に考えても
あっという間に警官2名を叩きのめす格闘術や、
警察が見張っている中で、次々とターゲットを殺していく、
スキルの数々、いったいどこで手に入れた?


言うが早いか、捕まるもんか・・・もとい、
地獄の傀儡師が何度も脱獄するのも
ちょっとした謎となっています。

こうした諸々の疑問点を貫く、妥当な結論として、
警察内部に犯人の協力者がいるとしか思えないです。

そうした視点で読み返してみると、
例えば「異人館ホテル殺人事件」が、
異人館村と紛らわしいタイトルなのかも分かろうもの。

少なくとも高遠に協力者がいるのは
露西亜人形のときに明かされているので、
それなら警察の中に協力者がいても
何ら不思議ではないでしょう。
怪盗紳士に至っては、
実際に手下を潜り込ませてたことがあります。


高遠が何度も脱獄する理由を、
おそらく金田一も明智も気付いていると思われます。
気付いていて、敢えて黙っている。

赤いチャンチャンコの件で、
あれほど血まみれの謎に拘った金田一が、
高遠脱獄の件をスルーしているのは、
いかにも不自然なのですよね。
だとすれば既に謎は解けていて、
その重大さを認識して口をつぐんでいるのではと。

なんてったって、同じくマガジンの
「サイコメトラーEIJI」にある通り、
もしかすると国家を揺るがしかねない、
少なくとも、いち探偵、いち警官の手に余る件なので。


決死行から逆算すると、魔術列車での態度は
話を逸らしていたんだろうと思われます。
決死行では明智が先んじて単独で捜査し、
傀儡師の手に落ちているわけですが、
通常、警察が捜査するときは
なるべく複数で行うはずなのです。

異人館村の件も含めて、
重箱の隅をつつくような指摘だと言われたら
それまでなのですが、しかし決死行での明智は、
高遠の変装を「警官らしからぬ行い」から看破しています。
勿論それは個人的な要素も強いわけですが、
普通に警官としても不自然。

では、そのような見地を持つ明智が、
どうして単独で危険な捜査を行っていたかというと、
警察内部が信用できなかったから、となります。
(作者の都合とか言ってはいけない)


信用できる準レギュラーもいるだろうという指摘は、
友人が犯人だったりする金田一ワールドにおいては
むしろフラグでしかない・・・。

例えば茅杏子は、例の箱よりも本人の方が
よっぽど怪しいのですよねぇ。
怪人でない方の招かれざる客は彼女であり、
「茅杏子」は招待状を送られた本人から名前を借りているか、
偽名の可能性が指摘されています。
道原かつみジョーカーシリーズ例もあるので、
グランドフィナーレを経ても安心できない。

敢えて怪しい雰囲気を漂わせ、
緊張緩和で疑いを晴らすテクニックといい、
箱の方に興味を引き寄せるミスディレクションといい、
まるでマジシャンみたいな人ですよね!


そして、薔薇十字館などを設計したという
高遠の実父らしき犯罪コーディネーターの存在が出てきて、
ようやく異人館村の謎にヴァリッドな結論を
与えられる流れになりました。

すなわち詩織に接近して、竜一に殺人術を仕込んだのは、
そいつではないかと推測できるのです。
詩織の戦闘力が竜一を直接指導できるレベルならば、
むざむざ焼き殺されそうになるはずもないし、
普通に筋者を雇ったんだろうとは少なくとも推察できます。

母親に殺人術を仕込まれた、という発言とは
ちょっと食い違うかもしれませんが、
そのあたりは口止めされているだろうし、
雇ったのが母親であれば、いちおう矛盾しないはず。


謎は・・・全て・・・解けた・・・・・・


・・・みたいな話を以前、弟と交わしていたのを思い出して
あらためて整理してみた妄想劇。

どうせなら11月23日(金田一一、二三の日)に
挙げたかったなァ、と思いつつも、
体調がストップオーダーを出す奴隷兵士なんです!

フィジカル・・・執筆って、結局フィジカル・・・!






2021年01月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31                  

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード