遊戯王SEVENS 第26話 託告

何気にCMが続きものになってる演出好き。
ネイルが出てきて「私のターン!」で、
続いてネイルが宣伝するっていうね。


てなわけで節理編、ラストターン!!
同じく相手の罠カードで破壊されない、
チーム遊我のマキシマムモンスターは、
ネイルのターンでもバウンス・エスケープで躱す!
かと思いきや、そこで手札入れ替え罠、
しかし遊我も負けずにドローと、白熱する攻防。

個人的に《落とし穴》発動は滾った個所。
時には足元を見ることもってセリフと相まって、
なんという古参ホイホイ。

クリボットの効果はライフ500払うので、
マグナム・オーバーロードと相性が良いが、
2度目は使わずにコストにするあたり、
なるほどユグドラゴの攻撃を見越して
ギリギリ残るように計算していたのか・・・!

マグナム左効果を併用すれば勝てるのは分かってたけど、
そこに至るまでの攻防がスリリング。


・・・まあ、仲間宣言77.7%とかは
正直ぐんにゃりしながら見ていたわけですが。
あー、“多数派”になっちゃったかー、みたいな。

というか、勝てそうな段階になってから仲間宣言するのは、
何だか薄っぺらいよなあ・・・と思うわけで。
そうやって勝ち馬に乗っていく意地汚い連中を
腐るほど見てきたからな。

小学校時代のトラウマが正直きつい。
よってたかってネイルが非難されてるみたいな、
ある種いじめの構図みたいに見えてしまって、
イマイチ乗れなかった決着でありました。




・・・・・・が、決着「後」に明かされる衝撃の事実!!!

お・・・おおお・・・お前もだったのかあああああああ!!
よもや最後の仲間が、お前だったとはなあああああああ!!

や・・・やられた!
この演出にはハートを撃ち抜かれてしまいました!

既にペナルティ5だったってことは、
ネイルは勝っても負けてもアカウント停止されるという、
まさにラッシュデュエルと心中する覚悟で
デュエルに臨んでいたってことかよお・・・!

「ゲームは条件が平等でなければ面白くないだろう?」

足立親子の戦いは、更なる伏線でもあったのだ・・・!
そりゃまあ、ネイル自身とっくにラッシュデュエルを
認めているとは思っていましたが、ここまでとは!

これが・・・ネイルの愛なんだね・・・!
かっこよすぎんだろうが、ネイル君よお!


ネイルにラッシュデュエルの未来を託され、
カイゾーも帰ってきて日常へ戻るかと思いきや、
なんか新たなる敵の気配が今ここにあるワクワク感ッ!!

というか、3人・・・?
もしかしてネイルにボコられた連中って、
影武者的なアレだったりする・・・?

社長、ミミ、ネイル、と合わせると
きっちり6人になるんだよね・・・。
落としておいて、あげてきますか!?
期待! 期待していいんですかああああああ!?

AI:アイ(目)として、
今後フェイスとかリップとか出てくるんだろうか。
ノーズもノースなら人名っぽいか。
それなんてスラクラ。

社長を別枠にしてカイゾーが「内臓」で
遊我に改造されて封じられていた記憶が
ネイルに囚われたことで蘇って
トップ・オブ・ヘキサゴン最後の1人として
立ちはだかるベクター展開でもよろしくてよ!(殴

まあ流石にそれはないとしても、
遊我VSカイゾーのデュエルは見てみたい。







この記事へのコメント

2021年01月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31                  

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード