遊戯王SEVENS 第28話 ラッシュで合宿!

森の中で突如として愛機R6が動かない!
途方に暮れていたところに霧の中から
謎のイケメン小学生が颯爽登場!
すぐさま動かない原因を探り当てた手腕と
純真な眼にR6も初対面で懐いている?
そんな素敵な彼の正体は、
ラッシュのパイオニア王道遊我だった!



・・・ってなわけで、出会ってはならぬ敵同士の
ラブロマンスめいている重機デュエル部の登場で、
心わっふるスタンバイフェイズ!

おそらく2クール目ラストに出てきた
ゴーハの面々なんだろうと思うのですが、
そのゴーハ社が大変なことに?

ネイルにボコられた連中、
えー、やっぱり本物なのかとガッカリした次の瞬間、
しゃ、社長・・・?

これ、もしかしてクーデター的な?
足立ミミさんじゅうななさいスケープゴート??


いよいよ不穏になっているゴーハ社ですが、
ラッシュデュエル部は部活動らしく合宿!

まさかセバスチャンが顧問になるとはね!
足立さんじゃないのかと思ったら、
その足立さんがネイルに手配していたという。

グルメ三人衆だけでなく、遺跡発掘部や、
昆虫族を使いそうな面々もチラッと出てきて、
そして悪い噂のある重機デュエル部?
遺跡発掘部が被害に遭ってるとのことだが・・・?


胡乱の隣のインターミッション、
メインディッシュはロミンVS寿司子の
仁義なきチャンネル争い!

こういうときにも便利なラッシュデュエル!
風呂掃除くらいならジャンケンでイナフだが、
どちらの番組を観るなんて条件になったら、
ジャンケンでは納得しない。
かといって囲碁や将棋は勿論、
既存のデュエルでも長引くと間に合わないからね!

鷹野さんとパラコンのデュエルも
長引くときは長引くものなあ・・・。


くら寿s・・・なんでもない。
寿司天使の使い手・巻寿司子、やはり強い!

奇しくもライフ差を利用するデッキ対決だが、
自分のライフを削るロミンに対して
相手のライフを回復しにかかる寿司子と、
それぞれの性格やデッキ性質が出ていて面白い。

・・・というか、かっぱ巻きや鉄火巻き、
ソリッドビジョンではなく本物なのか?
黒田の兄貴も血糊を仕込んでいたし、ありえる!

キレるロミン、月子ほどには恐くないが、
早速ルークの特訓の成果が出たか?
傍目にはアホみたいな光景だったけど、
割かし鷹命波と同じ理屈なんだよなあ・・・。
無理やり感なのに説得力がある、例のアレ。


そりゃあロミンとしてはロックフェス観たいだろうけど、
なんと寿司探偵の方に、プリンセスGが!?

名前これが初登場だと思うんだけど、
とあるカオスなバビロン使いの親戚らしき、
プリマギターナくれた人だ!
RFR歌って違和感ない人だ!

Get ready?
So feel so feel so feel so feel free to free girls!
解放しちゃいなさい♪

カツオ抱えてるせいで、そふぃ様に
ますます重なるんだよなあ・・・例のアレ。
破壊衝動のみが導火線!(違


プリセンスGのGって何だろうと思って、
ああ、胸の・・・と一瞬でも思った私は死んでいい。

グレフェンベルグのGに決まってるだろうが!
偉大なるY子・ボーイズラブスキー総統閣下も
大きさより感度だって言っておられる!
そうだ、そうだとも・・・。


ルークは相変わらず作為なのか自然体なのか不明ですが、
客観的にはロミンの覚悟を試す格好になってグッジョブ。

ルーク「迷いは吹っ切れたか?」

吹っ切れなかったから負けてしまったロミン。
動揺して敗北フラグを立てていくスタイル!
まあ寿司子が普通に強いってもある。


そして最後に登場する八木ニック、
姿が見えないと思っていたら、でかい肉を焼いていた!?
最後にオイシイところを持っていくなあ・・・。



・・・ところで、ゴーハ社長の中身って、
森の中で出会った彼女か、
あるいはプリンセスGってことはないですかね?
重機デュエル部はプリンセスGの姉妹か娘たちという。

真面目な話、ギターのGかと思わせておいて
実はゴーハのGだったら激しく萌えるーわ!

「飛べ!イサミ」鎧天狗の例もあるので、
正体バレない為に声やキャラを違えていたとか、
ありえーるピュアクリーン。

それもあって今回、ほのぼのしたメインこそが
いずれロミンが突き当たる試練の伏線なのではと
妄想が止まらない! 食欲が抑えきれん!








この記事へのコメント

豆戦士
2020年12月15日 15:35
セツリ編熱かったああああああ!(2クール目の感想まとめ)

6敗まで許すとか、そんな緩くて大丈夫か……?(5敗まで行かないといけないので)と思ってましたが、実に自然な流れで負け星を積み重ねることに成功しましたね!

やっぱり主人公の初敗北は燃える…………あれ、すでに1回負けてたような…………しかも相当早い段階で…………。
ルークてめぇ空気読めぇぇぇぇぇぇぇ! だがそれでこそルークって気もするよ!

ここまで、「一生デュエルできない」って敗北リスクが最大でしたが、ルーク一人だけ「負けると偽者に存在を取って代わられる」という完全なる闇の領域に足を突っ込んでいるからな!(あれはただの夢ではないはず! 遊戯王だし!) あいつほんと規格外すぎる。

マキシマム召喚、ふつうこういうのはアニメオリジナルな召喚方法なんですが、なんと今度は現実のラッシュデュエルでも使える!
これではまるでカードゲーム販促アニメのようではないか!

攻撃力4000、耐性があるとはいえトラップのみ、と、
遊戯王OCG基準だと「アニメではド派手だが、現実でははいはい地砕き地砕き」なカードの典型例なんですが、
ラッシュデュエルではマジで固いのでビビる。
ただし、ラッシュデュエルではサーチも貧弱なので、手札に3枚揃える手段もマジでないがな!
アッキー
2020年12月15日 22:20
>豆戦士さん

思えば確かに初敗北な雰囲気があると思うと、やはり日常デュエルと非日常の違いというやつでしょうか。
アニオリのレベッカ戦と王国の海馬戦の違いというか。
遊我の初めては既にルークに奪われていたのだ・・・!

それでも当初は、5敗まで猶予があって余裕ムードでしたが、
2回目の初敗北(言葉の矛盾)の後から一挙に崖っぷちへの流れ!


てなわけでセツリ編、怒涛の流れからのクライマックスでしたが、
その直後に更なる闇に踏み込んでいるルークの凄まじさたるや!

マキシマムモンスターも物理ダメージを発生させてましたが、
あくまでミスティックサイエンスの範疇に留まっていて、
しかしルークの危機はマリクや獏良レベルの本格的な闇のゲーム!

あの細身で大食漢なのも、「二人分」だからだと思うと、
何気なく見ていたシーンが途端にホラーだよ!(震
もしかして、冴えてたりボケてたりするのも・・・?


それはそうと、マキシマムやっぱ強いですよね。場に出せば。
シュノロスにしろ機皇帝にしろアニメとOCGで別物なので、
そのまま現実化されたことに、まず驚きましたが、
「出すのは難しい」が「出せば強い」というロマンの塊!

記事で書きそびれてましたが、アニメでは逆に、
あのときだけの限定使用なのも萌えどころですね。
ネイルは現在ID剥奪、3人のIDは元通りなので、
ユグドラゴもマグナムも今は使えないはず。

また出てくるのか、セツリ編の限定なのか、
やきもきさせられる今日この頃です。


2021年05月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31               

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード