プリチャン133話 次元を超えるアイドル

師走ならぬ正月の大雪に見舞われたキラ宿と聞いて、
真っ先に思ったのはライスエリアの安否でしたが、
カワユイあの子は降雪なんかに負けるはずはない!

というわけで「秒」で心配を解除したアッキーは
今日も家に籠もるのでした・・・。

いや別に屋内で楽しいよ、と反論しようとして、
マスコットからすれば単にインドアなのではなく、
パソコン含めゲームはプレイできず、
寒すぎて読書や執筆なども封じられた挙句に、
もしかすると食糧危機すらあると思うと、
か・な・り、深刻な事態なのでは?


もちろんマスコットの偉い人は鬼ではない(多分)ので、
ヴァーチャルプリチャンランドを緊急開放するのでした。
いよいよ猫耳ねk・・・なんでもない。

年を跨いで引き続きデビルマンガールズこと
おしゃまトリックスの活動がV空間でも大人気!
足が長いから妹山は追いつけないよ!

とはいえ今回は、めるめるによって懐かしくなった
メルティックスターの姿に笑うしかなかった・・・!
問題はサイズではなくドットなんだよなあ、と思ったら
しかも二次元だというのか!?

さらちゃんのアヘ顔、じゃなくて幸せな御尊顔、
かつてないレベルで緩んだことになっている・・・。


それにしても身長差の関係で
スカートの中が見えてしまわないかと
いらん心配をするエムゼロ思考が浮かんできて(殴

もとい、りんかママン当然の登場な一方で、
何か足りてないと思いませんか?
例えば、シルクちゃんとか・・・。

だが、虹ノ咲さんと着ぐるみイブがカワイイので
ほっこり成分は補給させてもらった!


ライブと腕力でメモリ拡張するあたり、
やはりプリズムワールドなんだなあ・・・と
何気にニヤニヤもさせてもらっております。








この記事へのコメント

2021年04月
            1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30   

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード