遊戯王SEVENS 第32話 重騎の法則プラス

くくく。本当にちゃんと999箇条あったんだぞ・・・


千の家訓とカードを持つ、美しい決闘者アサナは、
いつものようにR6に乗って散歩中に、
不思議な雰囲気を持つ少年と出会う。
その名は、王道遊我。ラッシュデュエルのパイオニア。
敵と知らず出会ってしまった恋の萌芽は、
デュエルという形へと進化する。
まるで互いを求めあうかのように―――・・・(前回までのあらすじ)



・・・というわけで、早くも3章ボスとのデュエル!

新聞部の部長と同じく機械族かと思いきや、
ドラゴン、いや、幻竜族だと・・・?

今日のルークは、お姉ちゃんとの特訓の成果なのか、
いつも以上に冴えている。
幻竜族だと見抜くだけでも十分凄いって・・・。
彼のドラゴン愛は本物だよ!

しかしルークの冴えは、その先にあった。

人間っぽいドローンが普通に飛び回ってる社会で
人語を喋りもしない鳩が参謀なことが
何故そんなに気になるのかと首をかしげていたら・・・

・・・なん・・・だと・・・・・・!!???


気付いた時には遅かった!
まさかのまさかのマキシマム再びぃいいいいいい!!!

や、やられた! 巧妙な心理トリックだ!
鳩が参謀を務めているという、何の変哲もない光景に、
かくも恐るべき意味が込められていたとは!?

これが遊戯王でなく、例えばプリキュアとかなら
普通にラスボスとか疑うところなのですが・・・。

シリーズの常識を逆手に取ってくる、見事な心理トリックに
すっかり騙されてしまったアッキーの不覚!


そして遊我が、またしても
マキシマムの前に・・・・・・おおう・・・・・・・・・

まじかー。まじかー。まじかー・・・

・・・いや、しかし、そうなるよなあ。
使用者に勝利フラグを与える、とかではなくて単純に強い。
基礎ステータスの高いターボ搭載ムカムカで、
wikiで確認したら案の定、トラップ破壊耐性持ち。

勝利フラグは、むしろ
挑まれたデュエルは受けなければならない、
そのデュエリスト精神にこそあるっていうね。

加えて、それを煽って勝負を受けさせたあたり、
かなり敗北フラグを立てているんじゃないの・・・と
心配していただけに、納得は納得ではあるんだ。


初めてのラッシュデュエルで、
少々ギャラリーに煽られながらもコツを掴み、
「楽しい」を押し付けない自然体の遊我を相手に
自分も楽しくなっていきながらテンションマキシマム!
負ける要素が微塵も無いジャマイカ!

シリーズの法則で言うと、Aの法則に当てはまるのもあり、
遊我との恋愛フラグも次々と建立確認!
思った以上に恋愛模様で、ドキドキしちゃいますよ・・・。


機械は人間の真似をするべきではないって主張も、
あながち分からなくもないんだよなあ。
全面的に認めると好きな作品を否定しかねないので
MAX50%までの肯定であるにしても、
古代の機械や機皇帝の萌えは語り尽くせない!
シグナー竜も正直パワー・ツールが推しだよ。
「機械的」イコール美、という価値観。

それにまあ、敵方のはずが急に媚び諂ってくるのは
機械とか人間とか関係なしに嫌だろう。
セバスチャンとしては、ネイルよろしく
凛としたリーダータイプが好きなんだろうと、
俯瞰で見ているとフォローを入れることも出来ますが、
良くも悪くも「人間的」なのよね。


なんにしても、六小に転向、もとい転校することになった
遊我と愉快な仲間たち、どうなってしまうんだ!?

てっきり遊我だけかと思いきや、
死なば諸共、じゃなくて旅は道連れとばかりに
強いデュエリストを集めているのだろうか・・・。

恋愛的には、無意識的な「木を隠すには森の中」だと思うと
これまた滾ってくるものがあります。


・・・・・・
・・・


・・・・・・・・・!!?????

・・・ミミさん???


ラストで足立ミミさんじゅうななさいゴーハ新社長に
全てを持っていかれた感があるんですが!!?

ちょっと待って、頭が追いつかない。
その倒れてる人って、アサナの祖父なのではと
あの意味深も意味深な回想を振り返りつつ、
今明かされるゴーハ社長の衝撃の真実~~~!!???

降って湧いた幸運、受けずにはいられないッ!
それって縛呪とかじゃないのとメッチャ不安だったのですが、
ちゃんとミミさんの自我があるようで、安心、あんしn・・・・・・

・・・・・・いやいやいやいや、ちょっと待て。
むしろ単なる操り系よりヤバいんじゃないか?
前の社長が消耗しているのは事実なんだから、
これって所謂、千年アイテムのようなものじゃないの?
持ち主を選ぶ的な・・・。

・・・そもそも原作の千年アイテムって
例の書物から作り出されており、
デザインは文化に規定されると考えられるのよね。

次のレジェンドカードは《千年原人》だと
期待を込めて予想しておきます!










この記事へのコメント

2021年02月
   1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28                  

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード