共通テスト数学(補足)

実施された共通テストの平均点が新聞に掲載された。
生物と倫理の平均点7割超えも目立つが、
数ⅡBの平均点6割超えが特筆すべきことだろう。

数ⅠAは、前年度の平均点が低かったのもあって、
今回が概ね6割と調整され、
易化したとまでは言えない、という評価で妥当だった。

数ⅡBは明らかに易しくなったとはいえ、
平均点が6割を超えてくるのは予想外。
私の予想では、数ⅠAが6割強で数ⅡBが6割弱だったが、
結果は逆、なんと数ⅡBが数ⅠAを平均点で凌駕した。

これは、同じ形式を易しい段階で解かせてから
難しい段階に進むという導入が、
数ⅡBの方が顕著であったことも影響しているだろう。

すなわち、センター試験の過去問を解いて
導入に従う練習を積むのが有効であるという、
いつもの一次試験であった。


共通テストの全体に関しても、
平均点を眺めると、数ⅡBを除けば、
そう例年のセンター試験と変わった印象は無い。

平均点は、年度でバラつきがあるので、
その範囲内と考えて差し支えない。

受験生の声としては、
「考えすぎて時間が足らない」
「暗記だけでは歯が立たない」という、
相反する意見があって興味深かった。

暗記力も思考力も結局は不可分であり、
どちらが正解ということもない。
例年通りに過去問を解かせて、
処理能力を鍛えることが肝心であろう。





2021年04月
            1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30   

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード