弱気の虫を追い払い

弱音を吐くやら儀式を終えて、澱を剥がせば新たな肉が、
熱き血潮で湧き踊る――――


・・・とまあ、好調の時は好調なのですよね。
天も気持ちを後押しするが如くに高気圧と晴れ空、
身体は若干痛みが出ていますが、気合は入っています。

ヤスパースの言うところの限界状況の突破でもありますが、
孤独を厭わないことと、孤独に甘えることは別物であり、
言うまでもなく前者でありたいアッキーです。

子供の頃は難なく出来ていたことを
大人になったら意識的にやらねばならないが、
しかし意識的にやっている間は
粗忽機関(誤字だ)底尽き感が出ないと思うと、
人生もがいて足掻き続けるしかないの。






2021年04月
            1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30   

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード