プリチャン137話 マジックナイトが騒ぐので

無事にライブをやり遂げたイブ社長
だが・・・・・・
やはりそれはフラグだった。

マスコットの偉い人がライブを行うことによって
プリチャンランドにあの力が加わり、
イブ社長を月の塔に幽閉することが出来てしまうのだ。

オシャレな月の塔はルルナの心の領域だ。
踏み込んだ者には闇の罰ゲームが待っている。
さあ、どうする!? 我らのプリチャンアイドルたち!!
さあ、どうする!? 我らのプリチャンアイドルたち!!

(※あの力・・・プリズムワールドの技術)




Stage.1 伝説の如月王国

その世界はプリチャンランドと呼ばれている
現実からちょっと外れた仮想空間
           ヴァーチャル・ワールド
プリチャンランドは「少女の想い」の中にある

イブとルルナもそこにいる


プリズムワールドで作られた施設は、
作成者の心の飛躍に合わせて成長していく。
既に危険な領域となった月の塔に、
めが兄ぃさんがあの力でスタイリッシュに
アイドルたちを送り込んだ!
映像からBGMまで、このわざとらしいノスタルジック!
そういうのもあるのか!

普通だったのは最初だけで、
雑魚いモンスターがカルバリ星やドコサナニサの
それっぽい不気味さが・・・か、かわいくない。

ガールズは清涼剤、みんな知ってるん。
メルパーでメルティックスターを仲間に加え、
道中でリングマリィも加わって、いざ月の塔へ!



Stage.2 グルグルルルナ

塔の中の人喰い植物も恐ぇよ!配管工か!

ルルナ「ハグハグしちゃいなさい!」

このカオスっぷり、まさにタイラント。
続いて闇魔法“カッコいいライブ”によって
みらいたちは動けなくなった!

そして地獄のタコヤキが蓋を開き、
ガールズは奈落へと・・・もとい、
3階へと舞い戻った先には
おしゃマミーが待ち受けていた!
制作中のゲームには、バグがいっぱい!
デバッグご苦労さんです・・・。

そして、ついに出現する時の番人―――!!



Stage.3 ゾーク・インフェルノ

地獄とは相対的な概念だ。
強者は地獄を闊歩し、自由を謳歌する。

デビィとルゥがいるからデビルマンに思考が寄るんw
さしずめチクタクマジカル先輩は
サイコジェニーといったところか・・・。

時計の針を逆回しにして時間を巻き戻すって、
アイドルタイムで野獣と化したパック先輩が
使っていた暗黒魔法じゃないですかーーーー!!

前作のラスボス技を使う、前作主人公!
思わずニヤリとは、このことです!



Stage Final 混沌のイブ!魔王と化したルルナ先輩!?

イブが閉じ込められている檻を突破する方法として、
QOZ戦のキング・カズマでもなく夢幻蜃気楼でもなく
バグを吐いてデータを散らすというGS美神メソッド。
これを人は、ヘルヴェルケイノシュート(仮)と呼んだ!

でかい顔の猫に変身した、魔王ルルナに立ち向かう、
最強装備のガールズたち。

セレス・・・ウィンダム・・・レイアース・・・
デルタスラッシュ・・・セイメタリオン・・・
・・・ううっ、頭が・・・これは誰の記憶・・・?



Epilogue ピーチ姫を助けるぞ!ってテンションでやる

それがプリチャンアイドル・・・!
みらいたちは魔王を倒しに来たのではない。
イブを奪還しに来たのだ!

結局ルルナの目的は分からずのままですが、
次回ほのぼの回と思わせておいて、
謎の核心に迫ったりするのでしょうか。








この記事へのコメント

2021年05月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31               

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード