遊戯王SEVENS 第44話 封印されしアドバンス

不協和音というとシンクロ封じですが、
シンクロ未登場のセブンスとなると、
封じるは生贄召喚!

ウシロウと帰ってきたゲッタちゃんを引き連れて、
主役は遅れて登場とばかりにロア兄貴が出陣!
面会とチケットをそれぞれ賭けて、
ミミ社長とエキシビションマッチだと!?


フッフッフ・・・だけで済ませると思いきや、
きっちりミミ社長の声になってファンサービス!
たとえロア様が相手だろうと、だからこそ容赦しない、
バブリーではなく監獄デッキ!
これには社員もタジタジであるッ!

何気に《アネ・ゴ・ロック》が刺さっていたり、
またしてもディアン・ケトにも吹いたりしましたが、
個人的には《なぞの手錠》がツボったwwwww
ネクロランサの手にしては種族が違う、
《なぞの手》さん、《なぞの手》さんじゃないですか!

古参プレイヤーにノスタルジーを感じさせる演出は、
まだまだ続くよ! 続くよ・・・!

うわぁああああああああ!!
来る・・・来る来る来る、来るぁああああ!!

洗脳されてないと思いきや、きっちり洗脳されてるよ!
コントロールモード自体も恐いけれど、
それ以前に、デッキに入れた覚えのないカードが
入り込んでいるって恐い恐い恐い恐い!
何が恐いって、デュエル後も不調を訴えてるだけで
あんまり疑問に思ってなさそうなのが恐い・・・。

闇バクラよろしく、いったん安心させておいて
じわじわと侵食していくのか・・・ひぃい。
そのうちに何が疑問だったのか分からなくなるのは
地味ながら最大級の恐怖である。
獏良了の人格が徐々に崩されていくのは
原作裏話でもトップクラスの恐さだかんな!(光)


一挙に不穏さが増した今回、
人間関係の不協和音もキリキリと胸を締め付ける。
またしても兄貴の独断専行に、
ゲッタちゃんだけでなくウシロウまでも
どこかへ去ってしまった・・・。

なんだかんだ誤解が解けると思った私が甘かった。
というか誤解なのかも怪しい。
目先の勝利と引き換えに、いろいろと失ってねえか?
なんという項羽・・・。

アサナの危機でギャリアンとシュベールは離脱するし、
刻一刻と自体は移り変わる! OTSも華麗に脱獄!
ネイルまで参戦して、遊我、ロアとチームを組む!?
なんか最強チームになってねえか!?
そうですか、ルークもそう思いますか!

遊我、ロア、ネイル。ただでさえ強いのに、
CM的な意味を合わせるとマキシマム三人衆でもある。
いよいよウシロウとゲッタちゃんが戻ってきそうにない。

・・・まあ、少なくとも言えることは、
ゲッタちゃんが抜けてる以上3人目はプリンセスGだと
予想していたアッキーには
ロアを責める資格は無いってことだな。






この記事へのコメント

2021年05月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31               

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード