遊戯王SEVENS 第七話 カオス・ウィザーズとデュエルのしもべ

ゴーハ第七小学校にデュエルの王と呼ばれる生徒がいる その者は 誰も見たことがないようなデュエルのルールをインストールし 恐ろしく強大なしもべを従えている デュエルの腕前は全校ぶっちぎりの1位 バンドのギタリスト兼ヴォーカルで 可愛らしくも奇抜な頭髪 生徒会長も務めるという ゴーハ第七小…
コメント:0

続きを読むread more

継続は力なり、逆もまた真なり

ブログを始めた頃は、もっと高尚な動機や志とか わけのわからない情熱を胸に秘めていたと思いますが、 色々と退化した現在でも、なんやかんや続いています。 なんといっても、継続しないと衰えるということを、 知識としても経験としても知っているので、 率直に言って、恐いんですよね。 「継続しなければ衰える」は、命題の逆でな…
コメント:0

続きを読むread more

雷撃の角獣たち

チーム・ユニコーンの強さは 誰もが認めるところであると思う。 5Ds全ストーリーを通じて、 闇の力、特殊なカード、リアルファイト、 いずれも用いることなく、 純然たる戦略と戦術のみで遊星たちを あそこまで追い込んだのは、およそ彼らだけだ。 特に先鋒アンドレの強さは、 ラスボスたるゾーンと双璧を成していると言っても …
コメント:0

続きを読むread more

名人戦の軌跡

プリチャンが過去セレクションを放送していたように、 朝日新聞も名人戦セレクションを掲載していた。 コ三5目半というのもあるけど、 現代と展開が全く違っていて驚いた。 個人的に遊戯王の配信もアレコレ視聴しているが、 振り返ってみたときの 「そういえばこんなだったな」とか 「こんな感じだったかー」という感覚は これまた違…
コメント:0

続きを読むread more

思考が散らかって何も書けない

などと書いてる時点で既に 何か書けているというパラドックスが生じますが、 それはまあアレですよ、講義できない理由を講義する、 夏目漱石がやっていたアレというか・・・。 ひとつひとつは些細な引っかかりなのに ひっきりなしに頭の中を埋め尽くしてくるものだから、 まとまった思考で何かを書こうとしても途中で遮断されて 吐き気が…
コメント:0

続きを読むread more

遊戯王SEVENS 第6話 ラストラーメンは誰が為に

(前回までのあらすじ) 真実爆郎はマスメディアの正義を追求する ゴーハ第七小きっての敏腕ジャーナリスト。 新たなるデュエルの台頭に逸早く注目した彼は、 ルークの覚悟に感銘を受け、 ゴーハ社の卑劣なる言論弾圧に抗うべく ラッシュデュエルの宣伝を行った。 第七小が発行したタブロイドは、 校区を越えて第三小まで名を轟かせる――…
コメント:2

続きを読むread more

暑さには勝てなかったよ・・・

単純な気温だけで考えれば まだまだ決して暑くはないのですが、 騒音対策で閉め切っているので熱気が籠もる。 いちおう間接冷房と氷ペットボトルで これまた例年通り冷却しているにも関わらず、 FANから熱風が出続けるので暑い暑い頭痛い。 扇風機や小型送風機も動員しても なかなか追いつかない悔しさ。 暑さで頭が茹ってくる…
コメント:0

続きを読むread more

今年も梅雨なんかに絶対負けない!(即落ちフラグ)

例年通り、気が付くと時間が飛んでいたりする毎日です。 なんかのホラーで、目の前の景色が切り替わって 別の場所に移動していたりする話がありましたが、 そこまで深刻ではないはず・・・。 低気圧で気を失っているだけだから・・・。 時計の針が一瞬で進んで「ひっ?」ってなる程度。 微妙に意識があって、“何か”を受け答えしたり “…
コメント:0

続きを読むread more

太陽神の系譜

遊戯王シリーズは長く、 鮮烈な印象を残した場面やカードは多い。 あらためて5Dsのチーム太陽戦を視聴していたが、 これがまたオマージュとしても優れている。 三幻神の頂点《ラーの翼神竜》は、 原作において、私に最も鮮烈な印象を残したカードだ。 ステータスが生贄3体の合計値になる、というのは 当時としては極めて…
コメント:2

続きを読むread more

動く画像の「速さ」

アニメーションは、現実と同じ速さを持つ。 物語は現実と同じ速さでは展開しないが、 セリフや音楽の流れる速さは同じだ。 当たり前の話なのだが、私は常に留意すべき点である。 いわゆる“会話”が苦手な理由は幾つかあるが、 基本的に頭の回転が、現実の速さに追いつかないという、 菱沼聖子のような弱点を抱えている。 受け取った情報…
コメント:2

続きを読むread more

プリチャン3期、仕切り直し

混乱の中、3期は4話しか放送されておらず、 セレクションの後は、あらためて 1話から順番に、という流れのようですね。 1期の1話が新鮮だった、というのを ちょっと前に書いてますが、 その記憶が確かなうちに3期1話を視聴すると、 成程、1期1話のパロディにもなっているのか! アリス登場はアンジュさんと同じ流れだし、 …
コメント:0

続きを読むread more

ここ2ヶ月ほどの総括

総括、というほど緻密なものではないかもですが、 あらためて自分は“文化”によって生かされていると 実感している今日この頃です。 毎週ないしは毎月、定期的に楽しみにしているものが、 いかに精神の均衡に深く関わっているのかを痛感しました。 そもそも日常的に疾患を抱えているとはいえ、 平均的な精神状態が、明らかに違う。 “あ…
コメント:0

続きを読むread more

2020年07月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード