テーマ:デュエル

決闘祭!   Act 228 リンネの左手、ゾークの右手(ⅩⅧ)

◆ ◆ ◆ 闇のゲームが始まった。 地球には幾千万の隕石が降り注ぎつつある。 しかし隕石群は、天神美月、竜堂神邪、いずれか一方の死を以って消え失せる。 天神美月が死ねば、世界はデュエルモンスターズの法則から解放される。 人々は少女を犠牲にした記憶が消えないまま、理不尽と不条理の中へ放り出される。 竜堂…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

決闘祭!   Act 227 リンネの左手、ゾークの右手(ⅩⅦ)

◆ ◆ ◆ 闇のゲームが始まった。 地球には幾千万の隕石が降り注ぎつつある。 しかし隕石群は、天神美月、竜堂神邪、いずれか一方の死を以って消え失せる。 天神美月が死ねば、世界はデュエルモンスターズの法則から解放される。 人々は少女を犠牲にした記憶が消えないまま、理不尽と不条理の中へ放り出される。 竜堂…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

決闘祭!   Act 226 リンネの左手、ゾークの右手(ⅩⅥ)

◆ ◆ ◆ 闇のゲームが始まった。 地球には幾千万の隕石が降り注ぎつつある。 しかし隕石群は、天神美月、竜堂神邪、いずれか一方の死を以って消え失せる。 天神美月が死ねば、世界はデュエルモンスターズの法則から解放される。 人々は少女を犠牲にした記憶が消えないまま、理不尽と不条理の中へ放り出される。 竜堂…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

決闘祭!   Act 225 リンネの左手、ゾークの右手(ⅩⅤ)

◆ ◆ ◆ 闇のゲームが始まった。 地球には幾千万の隕石が降り注ぎつつある。 しかし隕石群は、天神美月、竜堂神邪、いずれか一方の死を以って消え失せる。 天神美月が死ねば、世界はデュエルモンスターズの法則から解放される。 人々は少女を犠牲にした記憶が消えないまま、理不尽と不条理の中へ放り出される。 竜堂…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

決闘祭!   Act 224 リンネの左手、ゾークの右手(ⅩⅣ)

◆ ◆ ◆ 闇のゲームが始まった。 地球には幾千万の隕石が降り注ぎつつある。 しかし隕石群は、天神美月、竜堂神邪、いずれか一方の死を以って消え失せる。 天神美月が死ねば、世界はデュエルモンスターズの法則から解放される。 人々は少女を犠牲にした記憶が消えないまま、理不尽と不条理の中へ放り出される。 竜堂…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

決闘祭!   Act 223 リンネの左手、ゾークの右手(ⅩⅢ)

◆ ◆ ◆ 闇のゲームが始まった。 地球には幾千万の隕石が降り注ぎつつある。 しかし隕石群は、天神美月、竜堂神邪、いずれか一方の死を以って消え失せる。 天神美月が死ねば、世界はデュエルモンスターズの法則から解放される。 人々は少女を犠牲にした記憶が消えないまま、理不尽と不条理の中へ放り出される。 竜堂…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

決闘祭!   Act 222 リンネの左手、ゾークの右手(ⅩⅡ)

◆ ◆ ◆ 闇のゲームが始まった。 地球には幾千万の隕石が降り注ぎつつある。 しかし隕石群は、天神美月、竜堂神邪、いずれか一方の死を以って消え失せる。 天神美月が死ねば、世界はデュエルモンスターズの法則から解放される。 人々は少女を犠牲にした記憶が消えないまま、理不尽と不条理の中へ放り出される。 竜堂…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

決闘祭!   Act 221 リンネの左手、ゾークの右手(ⅩⅠ)

◆ ◆ ◆ 闇のゲームが始まった。 地球には幾千万の隕石が降り注ぎつつある。 しかし隕石群は、天神美月、竜堂神邪、いずれか一方の死を以って消え失せる。 天神美月が死ねば、世界はデュエルモンスターズの法則から解放される。 人々は少女を犠牲にした記憶が消えないまま、理不尽と不条理の中へ放り出される。 竜堂…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【状況】 田宮行方の世界 【報告】

◆ ◎目次 ◎更新履歴 >死神編 白龍さんが原稿を送ってくれて、 現在3話まで掲載可能状態です。 (以降の話も断片的に原稿が送られつつあります) >トルソー(仮題) ラギさんからの連絡待ちです。 (概要と話の流れは完成しています) >綻びた世界(仮題) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田宮行方の世界 番外編18 決闘都市の世界・断片録

おっさんと少年が雑談する話 ◎決闘都市の世界・断片録 時は戦後の混乱期。 「決闘都市の世界」は、およそ半世紀を遡る。 世界を巡り続ける旅人たちの、日常を切り取った光景。 <既読推奨> ◎M.Fの世界 ◎力の代償 <背景基盤> ◎決闘祭!(9~11章) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決闘祭!   異世界姉妹(後編)

◆ ◆ ◆ おかあさんは ふしぎな ひだりてを もっていました これはね おかあさんの おかあさんから もらったんだよ そういって おかあさんは かなしそうに わらいました いずれ これを うけつぐ けっとうしゃが あらわれる そのひを ずっと ずっと まってるの そういって おかあさんは う…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

決闘祭!   異世界姉妹(中編)

◆ ◆ ◆ ひかりの おねえさんは だーくねぇーすびじょんを やみの おねえさんは げんじゃを ほのおの しょうじょと みずの しょうじょは デュエリストのうりょくを それぞれ てにいれました よんしまいは なかよしです おかあさんも よろこんでいます ◆ ◆ ◆ …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

決闘祭!   異世界姉妹(前編)

◆ ◆ ◆ むかしむかし あるところに とても なかのよい よんしまいが いました いちばんうえの おねえさんは やさしくて みんなの にんきもの にばんめの おねえさんは ゲームが つよくて こわくてき さんばんめは ごく ふつうの おんなのこ すえっこは おとなしくて あまり しゃべらない …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

デュエリストーク (テーブル編・その9)

<現在の状況> ブラック 残金0 力4 体3 速7 感4 ナイフA サブマシンガンA マガジンA レッド 残金0 力4 体3 速7 感4 ナイフA ハンドガンA マガジンA×3 ジェフ 残金0 力4 体3 速5 感6 ナイフA ハンドグレネードA×2 マガジンA×2 カルナギ 残金0 力5 体3 速…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

デュエリストーク (テーブル編・その8)

<参加者> ◎竜堂神邪・・・ゲームマスター ◎大河マサキ・・・プレイヤー ◎枡子ヒノエ・・・プレイヤー ◎淵乃井斑・・・プレイヤー ◎畦地濃海・・・プレイヤー 神邪 「はいっ、というわけで本日のゲームは『放課後プレイR』です!」 マサキ 「既に嫌な予感しかしねぇんだが、その前に1ついいか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

決闘祭! 最終章なかがき ~2か月遅れの掲載~

◆ というわけで「決闘祭!」最終章を連載開始です。 本来はカノン先生の予告通り、4月1日から開始しようと思っていたのですが、 いろいろと重なりまして、作中でのゲーム開始を6月1日に合わせました。 未完のまま死ねるものか!という気概に溢れている今日この頃(いつも)ですが、 書けば書くほど書くのが難しくなる作家病も…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

決闘祭!   Act 220 リンネの左手、ゾークの右手(Ⅹ)

◆ ◆ ◆ 「最悪」は更新される 「最悪」は存在しない 今まで「底」だと思っていたものが ただの「蓋」だったことを 何度だって思い知る                ―――永遠アルド――― ◆ ◆ ◆ ボクの「分身」について話そうか。 しかし実際「分身」と…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

決闘祭!   Act 219 リンネの左手、ゾークの右手(Ⅸ)

◆ ◆ ◆ 翔武学園の生徒会室。 体操服から制服に着替えた見城薫は、神妙な顔で両手を差し出していた。 そこへ刑事の恰好をした朝比奈が、手錠をかける。 「すまねぇ、みんな。全く弁解の余地ねぇわ。のうのうと生きている自分が許せねぇよ。」 「いいのよ見城。あんたのせいじゃない。悪いのは、この世界なのよ。」 朝比…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

決闘祭!   Act 218 リンネの左手、ゾークの右手(Ⅷ)

◆ ◆ ◆ 神の世界に悪魔なく 悪魔の世界に神はない 照らす陽射しに月はなく 月夜は昼より美しい 虚無の世界に論は消え 十二で割れる冬の空 益荒男まつる春の原 星の輝く秋の空 狂う銀座の根城には もみがら塗れの弓を見る この世界は この世…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

決闘祭!   Act 217 リンネの左手、ゾークの右手(Ⅶ)

◆ ◆ ◆ 「この世界は狂っている。」 “王”(アルファ)たる青年は、口癖のように言う。 この世界の在り様に、違和感を覚えると。 デュエルモンスターズを、消し去らねばならないと。 「すべての人間は、デュエルモンスターズの理に、囲われている。人類をデュエルモンスターズから解放し、この地球を、あるべき姿に戻して…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

決闘祭!   Act 216 リンネの左手、ゾークの右手(Ⅵ)

◆ ◆ ◆ 「中でも、朝比奈翔子。翔武生徒会の中で最も警戒すべき人物だ。なんといっても彼女は―――」 “王”(アルファ)たる青年は、灰色の髪を垂らした少女に言った。 決着の否定者、箕凪射(みなぎ・いつ)は、下卑た笑みを浮かべて机に脚を乗せていた。 「ギャハッ、アタシを心配してんのか? アンタこそ相手は“神殺し…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

決闘祭!   Act 215 リンネの左手、ゾークの右手(Ⅴ)

◆ ◆ ◆ 「翔武生徒会の5人は、いずれも怪物だ。」 長身の男は、柔らかい声で囁いた。 「細心の注意を払っても、分の悪い賭けになる。」 彼の眼前には、死んだ魚のような目をした決闘者たち。 奇妙な造形の仮面を被った、威圧的な大男。 下卑た笑いを絶やさない、灰色の髪の少女。 怜悧な瞳が印象的な、痩せ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

決闘祭!   Act 214 リンネの左手、ゾークの右手(Ⅳ)

◆ ◆ ◆ 過ぎた強さは、時として卑怯と罵られる。 過ぎた弱さは、時として卑屈と蔑まれる。 過ぎた賢さは、時として卑劣と憎まれる。 過ぎた愚かさは、時として卑賤と侮られる。 いつでも逸脱者は卑しまれる。 強さも、弱さも、賢さも、愚かさも、 お前たちが足りてないだけなのに。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

決闘祭!   Act 213 リンネの左手、ゾークの右手(Ⅲ)

◆ ◆ ◆ デュエリスト能力の種類は多岐にわたる。 公的に確認されているだけでも千を超える多種多様な異能。 それらは位階以外の基準で少数のカテゴリに分類するのは困難だ。 とはいえ能力者なら誰もが一度は試みることでもあるし、見城も例に漏れない。 彼女は位階と同じく、5つのカテゴリを設定した。 カードに干…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

決闘祭!   Act 212 リンネの左手、ゾークの右手(Ⅱ)

◆ ◆ ◆ 少年マンガが大好きだ。 少女マンガが性に合わないという意味ではない。 それらは、同じものだと思う。 それらを、違うものとして、壁を作る奴らがいるだけだ。 少年マンガのヒーローに憧れた。 拳ひとつで理不尽を吹き飛ばす、痛快な物語に。 だけど現実は、そうじゃない。 拳を振るうヤツは、弱い者いじ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

決闘祭!   Act 211 リンネの左手、ゾークの右手(Ⅰ)

◆ ◆ ◆ この物語に、“はじまり”があるとすれば、それは1人の少女に他ならない。 素敵な花嫁さんになりたい、アイドルになりたい、それらと同じ、誰もが考えるような夢。 少女の名は、見城薫。 幼年時代の彼女は、自由だった。 自由に考え、読みたいものを読み、観たいものを観た。 けれど、やがて周囲が、男と女の垣…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

決闘祭!   螺旋図書館(後編)

◆ ◆ ◆ かみさまと ゾークは デュエルモンスターズの すべてを ときあかしました すべての カードを つくりました すべての ルールを つくりました カードも ルールも しゅるいを むげんに ふやせても ゲームの てんかいは ゆうげんなのです それが どれだけ とほうもない しゅるいだとし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

決闘祭!   螺旋図書館(中編)

◆ ◆ ◆ ながい じかんが たちました いくつもの せかいが うまれて いきました いくつもの せかいが ほろんで いきました かみさまを まんぞくさせる デュエリストは あらわれません もう ずっと ずっと あらわれていません ゾークが どれほどの てきを よういして どれほど にん…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

決闘祭!   螺旋図書館(前編)

◆ ◆ ◆ なにもない きょむに あるとき いちまいの カードが あらわれました カードの おもてがわからは かみさまが うまれました かみさまは せかいの ルールを つくりました ルールに したがって じかんと くうかんが うまれました ながい じかんが すぎました でも だれも かみさまと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

traveler序列評価 (Ver.4)

◆ 目次 更新履歴 ◎1位:??? ・40名全員の共通認識で1位 ・「あの人」と呼ばれることが多い(佐藤からは「あの子」と呼ばれている) ・高見沢からは「最初から最後まで最強の最悪」と評されている ・白姫と仲が良く、よく彼の世界を訪れている ◎2位:佐藤心愛 ・本人を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年11月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード