テーマ:デュエル

遊戯王のマンガとアニメ

マンガとアニメは表現媒体として相互互換である。 個人的な好みとしてはマンガに軍配があがるが、 それは好みであって互換性ではない。 たとえ好みの優劣があったとしても、 片方だけでいいとは思えない。 ゆえに互換性での上下は無いのだ。 そもそも表現媒体としての文法が異なるし、 アニメ化されてないマンガや、 アニメのみ存在す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊戯王SEVENS 第17話 シュレディンガーのデュエルにゃん!

それでこそルークだ! それでこそルークだ! 二回言ったのには訳がある! 言葉は繰り返される、 一度目は篤い信頼として、 二度目は天丼ギャグとして――― てなわけで摂理の庭とやらに入り込んだ、 遊我、ルーク、会長、ロミン。 ついでに成り行きでミミさんもいるけど、 ロミンよりもガチでスパイな存在なあ。 今のと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊戯王SEVENS 第16話 RUSH対WASH!

本日の迷言:「汚れなければ洗えない」 HAHAHA、見ろよトム? とんだマッチポンパーもいたもんだ! というわけで、哀れな姿になったカイゾーが 更に哀れな姿になった状態で適地潜入! フェアは6秒前に終わったって、 なんてアンフェアなフェアなんだ! どう考えても遊我たちを足止めする罠ですがw てなわけで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

遊戯王SEVENS 第15話 カイゾー死す!?

などというテロップが流れたときは いったい何事かと思ったわけですが、 明かされる衝撃の真実・・・!? 確かに前回ちょっと様子が妙だったけれど、 バッテリー切れでバテていると思ってたし、 遊我の推論も同じだったからスルーしてた。 というか、カレーのインパクトで流されてた。 いつになく有能なカイゾー・・・かと思っていた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

遊戯王SEVENS 第13話 その名はオーティス

(前回までのあらすじ) 幼い頃から世界に窮屈さを感じていた王道遊我は、 怪しい仮面の男から1枚のカードを託された。 それはデュエルの王となるべき未知なる道標。 時を経て現在、ヘヴィメタ兄貴・ロアとのデュエルで、 遊我のエースカードが反則を疑われてしまう! 次々と駆け付ける愉快な決闘者たちは、 果たして遊我の無実を証明し、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神予想(補足)

昨日、残り2枠の効果とか ぜんぜん予想できないとか言った気がするけど、 気のせいだったぜ! 思い出してみれば、弟との会話の中で 攻守4000枠は「敢えての効果なし」も 良いんじゃね?とか、酔いながら言ってた記憶が、が、が。 召喚難易度との兼ね合いなんだけど、 仮に2体融合とするなら消費3枚なわけで、 ブルーアイズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッシュ神カード予想

EXデッキゾーンこそ存在するが、 そこに鎮座ましましあそばされるカードが不在の ラッシュデュエル7つの謎の1つ。 セブンスロードの是非を巡るアニメの展開も見逃せないが、 それと並行して、これも予てから気になっていた。 現行の属性は6つだが、 テーマを考えると属性は7つあるのが自然だ。 会長のセリフからしても、そうし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊戯王SEVENS 第12話 「まさか・・・役所で!?」

何気に冒頭で言われているけれども、 たとえ会長が勝っても何だかんだ 遊我との対決に持っていく策は 用意していたと思わせる雰囲気がロアにはある。 だからこそ、最初にルークが勝ったからといって 会長が負けるとは限らない、という感じで観てました。 (参照:プロたんさんの童実野DM大会) アッキーも書きそびれてたけど、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊戯王SEVENS 第10話 お前の後ろに邪影だ来るか!?

待ってましたのロアロミン編! CMでカードは先行ネタバレしているけれども、 展開までは読めないね! ロアの兄貴、しょっぱなから従妹に壁ドン脅迫して、 こいつ嫌な奴なのかと思いきや、 遊我に挑む舞台を入念に準備していた・・・だと・・・!? ロア「ファンサービスだ!」 足立ミミ37歳も目をハートにして(えろい) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊戯王SEVENS 第9話 男のロマンでジュラシック!

“悪魔の手のひら”をご存じだろうか。 北米のアリゾナ砂漠を1日に何キロも移動するという、 呪われた土地のことである。 そこに足を踏み入れた者は、“呪い”を手にするか、 さもなくば残酷なる死の運命に刈り取られるだろう。 “呪い”は、“祝福”でもある。 あるいは、“幽波紋”―――“スタンド”と呼ばれる。 精神の力、魂の具象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊戯王SEVENS 第七話 カオス・ウィザーズとデュエルのしもべ

ゴーハ第七小学校にデュエルの王と呼ばれる生徒がいる その者は 誰も見たことがないようなデュエルのルールをインストールし 恐ろしく強大なしもべを従えている デュエルの腕前は全校ぶっちぎりの1位 バンドのギタリスト兼ヴォーカルで 可愛らしくも奇抜な頭髪 生徒会長も務めるという ゴーハ第七小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雷撃の角獣たち

チーム・ユニコーンの強さは 誰もが認めるところであると思う。 5Ds全ストーリーを通じて、 闇の力、特殊なカード、リアルファイト、 いずれも用いることなく、 純然たる戦略と戦術のみで遊星たちを あそこまで追い込んだのは、およそ彼らだけだ。 特に先鋒アンドレの強さは、 ラスボスたるゾーンと双璧を成していると言っても …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊戯王SEVENS 第6話 ラストラーメンは誰が為に

(前回までのあらすじ) 真実爆郎はマスメディアの正義を追求する ゴーハ第七小きっての敏腕ジャーナリスト。 新たなるデュエルの台頭に逸早く注目した彼は、 ルークの覚悟に感銘を受け、 ゴーハ社の卑劣なる言論弾圧に抗うべく ラッシュデュエルの宣伝を行った。 第七小が発行したタブロイドは、 校区を越えて第三小まで名を轟かせる――…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

太陽神の系譜

遊戯王シリーズは長く、 鮮烈な印象を残した場面やカードは多い。 あらためて5Dsのチーム太陽戦を視聴していたが、 これがまたオマージュとしても優れている。 三幻神の頂点《ラーの翼神竜》は、 原作において、私に最も鮮烈な印象を残したカードだ。 ステータスが生贄3体の合計値になる、というのは 当時としては極めて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2020年10月
            1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード