テーマ:テレビ

メープル・ホワイトな日々Ⅱ (映画ジュラパーⅡ感想)

前作のキャラが出てくると、思わずニヤリ。 シリーズものにおける醍醐味ですねぇ。 というわけで今回も、 T-レックス、ヴェロキラプトルと、 強キャラが続投して楽しいですが、 新キャラも負けてはいなかった! 冒頭で登場するコンプッソ(コンプソグナトゥス)、 ここまで恐ろしいとは思わなんだ・・・。 てっきりラプトルでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メープル・ホワイトな日々 (映画ジュラパー感想)

久々に「ジュラシック・パーク」を視聴し、 これまで続編を観てなかったので、 2作目と3作目も、この際に。 就寝前、おそらく夢の中で 肉食恐竜に襲われるんだろうと思っていたら、 案の定ヴェロキラプトルに追いかけられた。 ハロー、サンキュー、グッドナイト! 以前の夢はT-レックスの首だったものだが、 やはりラプトル推…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン97話 ~ツンデレ、ツインテ、ツッコミ不在!~ (JFー1)

ついにジュエルフェスティバルが開幕! かいま・・・あれ? いつもとオープニングが違うな・・・と思っていたら バグだいあさん、やる気スイッチがOFFサイド。 だが、「だいあちゃんがいないと始まらない」的な声で そのスイッチは容易にONになる! 元気ん! やる気、元気、カワイイ!をモットーとする スーパーまりあ大行進で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロボットアクションの系譜

ひとくちに”ロボットもの”と言っても、 自らの意思を持って動くAI的なものと、 他者が操作する”乗り物”としての位置に分けられる。 (もちろん中間的なものもある) 前者は「鉄腕アトム」が、よく挙げられるが、 アトムには妖怪や異星人なども登場し、 どちらかというと「西遊記」的な印象がある。 もちろん操縦型のロボットも登場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポポロクロイス (アニメ)

前にも書いたけど、3D画面に船酔いみたくなって ゲームの方は序盤でギブアップしていたので、 アニメで追うことが出来たのは感無量でした。 往々にして、次世代の物語は難しいものですが、 きちんとポポロ感を踏まえつつ、 ピエトロ世代とは異なる魅力を出してくれました。 OP、EDも、好きな感じ。 特に「月千一夜」が好きだあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来日記(アニメ)

思えばアニメ版は観てなかった作品の1つで、 ずっと視聴し損ねていたままだったので、この機会に。 ・・・というか、「未来日記」の感想自体、 ちゃんと書いたことあったかなァ? 頭の中で感想が駆け巡るのと、誰かと話したかどうかと、 記事に書いたかどうかの、区別が曖昧・・・。 たくさん記事を書きすぎたんだ・・・(半分自慢、半分自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン96話 ~メカ姉ぇ誕生秘話!?~

まさか本当に登場するとはな・・・! 迫りくる決戦を前に、それぞれの想いと決意が交錯し、 バグだいあさんが工作する中に投入される 忘れようにも忘れられない尊顔がああああああ!! これがキラ宿のファンサービスだ! プリパラ時代は旧型とのことですが、 この時代だと最新機種なんだよなあ・・・。 製作者は案の定めるめる! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立春この頃

相変わらず低気圧で失神する日々ですが、 それはさておき、 にゃろうプレイやタミユク編集作業の傍ら 動画を観漁っているアッキーです。 「星をみるひと」のプレイ動画を観て、 あらためてNAROUファンタジーが いかに神なのかを理解し、いっそうプレイに熱が入り、 そして猫耳猫のアレとかアレの元ネタを知りました。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン95話 お前たちのコーデは預かった!返してほしくば・・・

だいあとライブで勝負するんだよ~ん てなわけで今回は助っ人ではなく ガチめに勝負を吹っ掛けてくる バグだいあからの挑戦状リターンズ! 現在のキラッツは、特に助けを必要としてないっぽいしぃ、 お邪魔しちゃってもいいよね~~~(文字通りの意味で) ミーム汚染はさておき、 むしろシルクち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン94話 カワイイ覚悟!

アルバムまで出されても、 あの家族がスーパーまりあの夢カワイイ世界ではないかと 疑いを消しきれない私がいる・・・。 それはさておき、まりあ先輩、そこ認識なかったんかい!? 思えば明確に告知されたことはなかったんでしたっけ? Nだいあさん、あのときは途中で逃げちゃったし。 神アイドルが複数なれることを考えると、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン93話 バグ?仕様?イメチェンだいやだよ~ん(゚∀゚)

(前回までのあらすじ) だいあとだいあはジュエリストを目指すプリチャンアイドル! 病めるときも健やかなるときも一緒だった2人だが、 ある日だいあから別れを告げられ、胸のあたりがちょっと変? 多分、多分、多分それは、知らないけれど知っている感情! パック「ご飯が美味しいパック!」 というわけで、えもい外見ながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン92話 ~変形合体!?ヴァーチャルとリアルが交錯する世界で~

さてさて今回もヴァーチャルプリチャンアイドルだいあが オープニングの挨拶を務め・・・・・・てないんだもん!? 一瞬、違う番組が始まったのかと不安になった! 漫才風に登場してくるとは、この女たち、新春すぎる!(獅子目 これが噂のプリズム劇場? めが姉ぇさん、体張ってんなあ・・・。 おでんは湯気ないし冷めてるっぽいけど …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン91話 ~夢の再演!色とりどりの素敵ガールズ~

前回なんだか消え去りそうなVだいあさんだっただけに、 冒頭のセリフで安心するぜ・・・(束の間) というわけで今回は、なる店長の思いつきで みんなの夢を聞いてみたい!ほのぼの回!(この時点では) でもスパイだと疑われる・・・w めが姉ぇさん、何気に怪力ですね! その持ち方は赤ん坊でもキツいはず。 デイブレイクの圭一く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よみがえる記憶 (VXV19~20)

全国大会編を観ていたときのことだった。 初めて見るはずなのに、見た記憶があるような感覚を デジャビュと言う・・・それだと、思っていた。 しかし、あのトーナメント表。 そして山登りのシーン。 やはり前にも見たことがある。 いや、もう少し前から薄々わかっていた・・・。 はっきりと記憶の蓋が開いてなかっただけだ。 20…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

全・国・大・会! (VXV15~18)

テレビを観るときは部屋を明るくして 離れて視聴する・・・そして、 なるべく30分ごとに休憩を挿み、 1日1時間以内が望ましい・・・そう・・・ このアッキー、それは十分に分かっているのだが、 いったん視聴し始めると、どうしても、な・・・。 内容の濃さがビフテキやトンカツなので、 なるべく1日3回までに留めておきたいのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロストワールド! (VXV14)

カブトボーグの視聴を始めてから、 ある違和感があった・・・。 遅れて視聴していたからこそだが、 噂に聞くような内容とは随分と違う気がした。 それゆえに私は、まだ本当のカブトボーグを 知らないのではないかという思いがあった。 だが・・・ 14話にて、その一端を知ることになる。 なんとなく予感めいたものはあったが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッツ、カブトボーグ! (VXV11~13)

ある人は、こう言った。 面白い作品とは、素数のようなもの。 限りなく存在するが、進むほど疎らになる。 まして殿堂入り作品など、 それこそ完全数のようなものだ。 こういった、経験値が感動を薄れさせる論は、 確かに真実の一端を突いている。 だからこそ気に食わない。 気に食わないが、それは苦痛を認めない悪足掻き? 真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼおおおおぐ、ばとおおお! (VXV7~10)

輝く赤はリュウセイ! 愉快でホットなケンはイエロー! クールでクレバーと言えば勝治の青! ロイドさんの存在は、癒しの調和! 7話は再びのリュウセイ回! かつてなくリュウセイが可愛いぞ! これはもう、リュウセイきゅんと呼ぶしかないな!(蹴 いきなり重要キャラの匂いがする、緑髪の美少女。 差し出した鉛筆を素直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボーーーグ、バトォル!! (VXV4~6)

それは人生の縮図ってことで、 新しいのに懐かしく感じる自己分析と親交を開始する! まずは超絶テンションあがるOPとED、 やっぱ王道に滾るよねえええええええええええ!! 色々あるけれど例えばイサミとか爆走兄弟とか あああああ懐かしさが刺激されるぁあああああ! 指が痛くて長文書けないなら、 小出しにすればいいじゃない、っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VXVな冬休み (VXV1~3)

新年休みはカブトボーグで決まり! というわけで早速、3話まで視聴しましたが面白い!! 何故もっと早く観ておかなかったのかと思うけれど、 名作は10年20年経っても名作なので問題ない。 そもそも21世紀のアニメは私にとって「新しい」側ですが、 新しいのに懐かしい、そんな雰囲気。 良いところは幾つも幾つもあるのですが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プリチャン90話 ~集結!デザイナーズ10!~

1、2、3、4、5、6、7、8、9、 10、JOIN! みたいなノリで間違ってないはず。多分。 ナンバー10は不参加ですが・・・。 あろ~ま的な人はいないなーと残念でしたが、 別方面で見覚えのあるような顔ぶれも? なんといっても六本木エリカこと メイドさんのインパクトが物凄いですが! 一色カレン・・・色っぽい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン89話 ~告白!今明かされる衝撃の真実!?~

な、流れ弾が・・・!(胸を押さえながら 悪夢から始まる、お前は私か状態のレインボーさん。 こわいこわいこわい、この夢マジ恐いんだよ! 恐竜とか殺人鬼に追われる夢とか、むしろ爽快だよね! 最高のスリリングと、夢で良かった的なやつ。 だけどしかし、好きな人から決別を告げられる懸念は 赤色と黄色の雨降った翌週は地面が泥…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

プリチャン88話 ~破られる沈黙!~

「ちょっと」じゃないと思いますですVだいあさん! しょっぱなから遭難しているツインテール組! だが、既に草で服を作っていた! ファッションコーディネートは すべてに優先される・・・! それがプリチャンアイドルという存在だ! 無論ジュエルパクトは耐水性! みんな知ってるね? しかし、眠ってる間に運ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン87話 ジュエリストに安らぎの時間は存在しない!

さァ・・・“ライブ”の時間だ・・・!! トレンチコートも着こなす、我らが赤城あんなの ファッショナブルでハートフルな物語が始まるよ! リスを見ると反射的にジュエルペットではないかと 思ってしまうチターナ症候群。 空腹とはいえ、ドングリは堅くて渋い。 噛み砕いただけでも凄いです。 小動物との謎交流を経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン85話 

プリチャンアイドル、それは求道者にして変革者。 目指す道を突き進み、新たなる地平を切り開く。 あたかも相反するかのような要素を止揚するは 時代の最先端に立つジュエリストの必要条件なのだ! 徐々に成長を魅せるVだいあさんのAIを見ると オープニングに追いつくのも時間の問題かも? (本当に“人”工知能かは分かりませんが)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン84話 ~星に願いを~

てつ姉ぇに続き登場した、 ご当地(?)めが姉ぇが一人、ほし姉ぇ・・・ ・・・えー、何と申しましょうか、 形容しがたい雰囲気を醸し出しております。 そもそも眼鏡かけてないので “めが”姉ぇシリーズではないな・・・。 既に“めが姉ぇ”が固有名詞化している。 めがめが眼鏡が趣味で特技どうかな? というわけで、ビッグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン83話 ~200年後の君たちへ~

やっぱりOPのVだいあさんは より表情豊かな印象がある・・・? なんにしても、新規OPとEDは良い。 というわけで、幻の本を求めて 神保町・・・もとい、キラ保町へ。 なんというパラダイス! しかし例の本が絡む話なので、 心悪しき大人は諸星大二郎のアレとか 思い浮かべてしまうのです!(殴 「栞と紙魚子」に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン82話 ~カッコいい対決!~

だいあフェス、今回の出場者は5名だが、 むしろ応援者が目立っていたという。 応援と言えばイエローエモーショナルさん、 いつものようにチアに回る・・・ ・・・その上空に浮かぶ飛行船。 いやいやいやいや、デジタル化って そういう奴じゃないから! しかし、このアナクロというか、懐かしい感じ、 流石あんな様は私の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぷりチャン81話 ~迫りくる語尾!おしゃまトリックス危うし?~

喰らった! 不意打ち喰らった! プリパラを代表する語尾たる「ぷり」と 頭抜けて頭おかしいと謳われる先生の 「ダヴィンチ」のコンボに吹いたwww畜生www おしゃまトリックス決裂の危機、という予告を観て、 そういう心づもりで正座したところへ ぶっ込まれるメルティックスターの迷走っぷり。 ここから始まる、そこにプリチャンが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年07月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード