佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 純粋な怒りと憎しみが戻ってきた

<<   作成日時 : 2008/07/26 05:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

中学を卒業して長らく、私の怒りと憎しみは汚れていた。

かつての頃のように純粋に感情を昂ぶらせることが出来なくなっていた。

怒りや憎しみの感情に、得体の知れない気持ち悪さがくっついてくるのだ。

一つ例えるなら、不完全燃焼。

長らくゴミ溜めの中に埋もれたような精神状態が続き、私は汚れ、病んでいった。


ここ2年ほど、私は回復傾向にある。

かつて失った怒りや憎しみが蘇り、人間として再生していった。

そして今日、完全に混じり気の無い超純粋な怒りと憎しみが戻ってきた。

この2年の間にも、混じり気の少ない怒りや憎しみを何度も経験したが、完全にかつての再現とは言えなかった。

しかし、私は再生した。

純粋な怒りと憎しみ。

許し難き者共を躊躇無く、容赦なく薙ぎ倒す感情の昂揚。


何故、今なのかはわからない。

いつものように、過去の体験を想起していただけである。

薬をあまり飲んでないことが原因の一つとして考えられる。

しかし、かつては薬を飲まずに過ごしていたら、得体の知れない不安にさいなまれ、パニック発作が起きた。

やはり薬のことだけが原因ではないだろう。


またすぐに濁ってしまうかもしれない。

しかし私は確実に再生の道しるべを手に入れた。

悲しみと恐怖は私を臆病にするが、怒りと憎しみは私に大きな勇気を与える。

人を憎むことが出来るのは、実に喜ばしい。

私がそういう人間であることを、久しく忘れていた。

まだ、あの頃の感覚で失念してることは多々あるに違いない。

おぞましい連中によって奪われた私の人間性。

今日、一つ取り戻した。

嬉しくて思わず笑みがこぼれる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
怒りや憎しみも、生きるために必要なものさ。
きっと恐怖に打ち勝てるのは、怒りとか、憎しみとか……
……それに、喜びとか、笑顔とか、希望とか、
そういう昂ぶる感情たちだけだろうな。
火群
2008/07/27 01:10
私は怒りや憎しみに、蓋をしてしまっています。
悲しみも、ね。
ひょんな時にそれらがあふれ出して、困ることがあります。
とちの木
2008/07/27 08:19
火群さん、こんにちは。
そうですね。怒りや憎しみだけでなく、喜びもないと。喜びがあるからこそ、怒りや憎しみを肯定的に捉えることが出来るのかもしれません。最近は感情が昂ぶることが多いです。
アッキー
2008/07/27 12:22
とちの木さん、こんにちは。
私も、怒りや憎しみをコントロールできてるかと言えば、そうではありません。喜びも含めて、昂ぶる感情は制御できずにちょっと暴走してしまいます。そういうときはとりあえず眠ります。
アッキー
2008/07/27 12:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
純粋な怒りと憎しみが戻ってきた 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる