佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 四神(ししん)について雑談

<<   作成日時 : 2008/10/24 01:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

<参加者>

◎アッキー・・・このブログの運営者。レベル2のオタク。

◎佐久間闇子(さくまやみこ)・・・闇の世界の支配者。超絶美麗。

◎山田太郎(やまだたろう)・・・佐久間の愛人。頼れる男。

◎八武死根也(やぶしねや)・・・闇医者。佐久間、山田の悪友。悪質な変態。



山田 「なあ、俺はいきなり納得がいかないんだが。」

アッキー 「山田さんが最初にしゃべるのは珍しいですね。」

山田 「上のプロフィールが納得いかないんだが・・。」

アッキー 「わ、私を睨まないで下さい。佐久間さんが書いたんですから。」

山田 「貴様。」

佐久間 「何だね、山田君。そんな怖い顔して。」

山田 「愛人というのを取り消せ。今すぐ取り消せ。」

八武 「おいおい、いつまで痴話げんかを続ける気だ。今回は四神について語り合うということじゃなかったか。」

山田 「取り消せー、痴話げんかは訂正しろー。」

アッキー 「それは後にして、本題へ参りましょう。四神といえば、青龍、白虎、朱雀、玄武ですね。それぞれ東西南北を司ります。」

山田 「で、何を語ればいいんだ。」

アッキー 「ま、テケトーに。」

佐久間 「そうだな、まず思いつくのは『ふしぎ遊戯』か。玄武や白虎の能力は現段階では不明だが、やはり朱雀が最強かな。伝達能力に優れ、願いの幅も広い。」

山田 「それぞれって、龍、虎、鳥、亀だろ。」

八武 「何か、亀が弱そうだな。」

アッキー 「そういえば、『幽遊白書』でも玄武は真っ先にやられてました。」

佐久間 「しかし、白虎よりは強かったと思うぞ。蔵馬に深手を負わせたし。あれが桑原ならやられてるところだ。」

アッキー 「いや、体の頑丈さならあの時点で桑原は蔵馬より上でしょう。相性なども考慮に入れて、やっぱり白虎の方が上だと思う。そんなに差は無いと思うけど。」

八武 「『るろうに剣心』でも玄武は一番弱い。あの時点で弥彦はかなり強くなってるとはいえ、4人の中では一番弱いから、戦闘内容を考えるとな。」

山田 「亀は弱いのか?」

アッキー 「『ふしぎ遊戯』では玄武七星士はかなり強いですけど。今のところ白虎はメンバーが3人しか出てないので置いとくとして、朱雀や青龍のメンバーと戦ったら間違いなく勝てると思う。女宿は現実世界にも影響を及ぼせるという点などで心宿と互角くらい。壁宿とか兵器だし、そもそもハーガスやテグがいる時点で負けはないかと。」

佐久間 「しかし、それは神獣自身ではないんだよな・・。やはり亀は弱いのかね?」

八武 「その点、朱雀や青龍は強いな。『幽遊白書』でも四神の上位だった。」

佐久間 「いや、朱雀はともかく青龍は・・。飛影に一瞬で殺られたし、白虎を瞬殺したのだって、白虎がボロボロなだけだったと思う。」

山田 「朱雀は?」

佐久間 「あれは強い。7人に増えるし、片手で幽助と戦うし、再生力あるし。幽助が勝てたのは主人公補正としか考えられん。」

アッキー 「主人公補正とかやめましょうよ・・。きっと魔族の血が影響したんですよ。妖怪って、人間より生命力高いでしょ?」

佐久間 「まあそういうことにしておこう。」

山田 「るろ剣でも朱雀と青龍は強いよな。」

佐久間 「ああ。蒼紫や斉藤相手に善戦してる。白虎はそこそこかな。」

山田 「『遊戯王』はどうかな。」

八武 「やっぱ亀は弱い。青い龍は攻撃力3000で様々なサポートカードがある。同じ8つ星でも、亀は儀式モンスターで、攻撃力2550・・。」

佐久間 「ブルーアイズは瞳が青いんであって、青い龍じゃないぞ。」

八武 「うるさい。何となく青く見えるからそれでいい。」

アッキー 「となると、やっぱ朱雀が最強か。火の鳥といったらラーの翼神竜だろ。」

山田 「白虎は?」

アッキー 「白いかどうか知りませんが、宝玉獣の下級アタッカーや、ガジェットメタの王虎ワンフーなど、ステータスはともかく効果がなかなかのものはありますよ。」

八武 「だいたい強さの序列が決まってきたかな・・。」


山田 「目先を変えてポケモンはどうだ。」

佐久間 「お、カメックスはそこそこ強いぞ。ファイヤーにも勝てる。」

八武 「相性の問題だと思うがな。」

山田 「そうなると青龍は・・・青い龍というとキングドラか。」

アッキー 「それもそこそこ強いですね。」

山田 「ところで、虎のポケモンっていたか?」

佐久間 「レントラーがいるじゃないか。」

アッキー 「あれはむしろライオンです。トラが入ってるからって虎にしないで下さい。」

八武 「虎といえばライコウだろ。割と白いし、強力だ。」

佐久間 「朱雀は火の鳥・・ホウオウは?」

アッキー 「カメックスと戦ったら相性で負けるかと。」

山田 「それに、鳳凰と朱雀は似てるようで違うと思う。」

佐久間 「細かいな。」

八武 「あ、緑がOKなら青龍はレックウザで。」

佐久間 「亀の勝ちだ。こおりは4倍。」

八武 「言っとくが、レックウザはかみなり覚えるからな。」

アッキー 「ライコウとでも危ないですね。」

八武 「おい。」

山田 「ポケモンでは亀は結構強いということか。」


佐久間 「じゃ、次はドラクエだ。」

アッキー 「亀はアイアンタートルですね。」

山田 「朱雀はひくいどりか。」

八武 「青龍と白虎がいねえ・・。ドラゴン系最強はオリハルゴン、けもの系最強はヘルゴラゴ。」

アッキー 「ほど遠いな。」

佐久間 「ドラゴン系最強はマスタードラゴンだ。そんなことも知らんのか。」

八武 「モンスターズの話だっ。」

山田 「あまり強いのがいないな。ひくいどりは配合素材として優秀なんだが。」

佐久間 「相方のホークブリザードが手に入りにくいんだよな・・。」


アッキー 「じゃ、次はFFで。」

八武 「ホーリードラゴンとか。あとミストドラゴン系。」

佐久間 「もっと強いのに神竜がいるぞ。オメガと対の。」

アッキー 「オメガたんハァハァ・・」

佐久間 「こいつは放っとこう・・・。」

山田 「他の3つは?」

八武 「いまいち思いつかんな。朱雀・・鳥・・翼・・ガーゴイル。」

佐久間 「全然違うだろ。」

八武 「ヴァンパイアは?」

佐久間 「あれは羽だ。」

アッキー 「ネタ切れですかね。」

佐久間 「馬鹿な。」


八武 「ところで、龍とドラゴンってどう違うんだ?」

アッキー 「羽があるのがドラゴンで、鱗があるのが龍かと。」

八武 「じゃ、アシュロンはどっちだ。」

アッキー 「『金色のガッシュ!』のアシュロンですか? えっと・・」

佐久間 「新解釈なんだよ。」

山田 「強いて言えば“竜”かな。龍と竜は微妙に違うように思う。」

アッキー 「そう、そんな感じ。」


八武 「さて・・だいたい出尽くしたかな。」

佐久間 「『地獄先生ぬ〜べ〜』に亀の妖怪が出てきたよな。」

アッキー 「ああ、あれは強かった。鬼とか九尾の狐とかオオミヅツあたりを除けば最強クラスじゃないか?」

佐久間 「それだけ条件付きなのが気に食わんが・・。」

アッキー 「倒せたのは相性の問題で、しかもぬ〜べ〜と玉藻二人がかりでぎりぎりでしたよ。」

佐久間 「そんなのいつものことだい。」

八武 「そんなに亀が好きなのか?」

佐久間 「いや、お前の反対意見を述べるのが好きなんだ。」

山田 「そろそろまとめるか。」

八武 「様々な作品を照らし合わせて、強さの順番は・・」

アッキー 「火の鳥とか大神龍がいるから、やっぱり1番は朱雀で2番が青龍か。」

佐久間 「火の鳥は戦闘力は低いだろ。やたらしぶといけど。」

アッキー 「でも、他のも総合すると・・。」

山田 「3番は白虎かねえ。」

佐久間 「とすると、やはり亀は最下位か。」

山田 「現実世界では虎が強そうなんだがな。」

アッキー 「確かに。強いレスラーを虎に例えたりすることもありますね。」

八武 「タイガーマスクとかな。」

山田 「タイガーマスクって、マンガだろ。」

アッキー 「いや、確か実際にもいたと記憶してますが。」

山田 「あ、そうなの?」

佐久間 「流石に現実では青龍や朱雀はないか。」

アッキー 「空想上の生き物ですからね。」

佐久間 「空想上の生き物は空想上でこそ強いというわけか。」

山田 「虎と亀は現実の生物だからな。」

八武 「現実でも亀は弱いがな。」

アッキー 「でも、めでたいイメージがありません?」

佐久間 「鶴は千年、亀は万年ってか。」

山田 「戦闘向きの性質じゃないってことか。」

アッキー 「『烈火の炎』でも円の技は防御結界ですね。」

八武 「マリオではカメのこうらが武器になるぞ。」

佐久間 「ハンマーの方が強いね。」


アッキー 「ところで、亀と言えばジンメンを思い出したんですが・・。」

佐久間 「おお、そうだ、『デビルマン』を忘れていた。」

八武 「他の3つは全部ダムドじゃねーか。」

山田 「それ、『ネオ・デビルマン』の方だろ。」

八武 「ごちゃごちゃ言うな。派生作品が幾つもあるから一括りにする。」

アッキー 「あ、虎よ虎よ、ぬばたまの夜に・・」

八武 「GS美神か。でも小竜鬼がいるな。神属だから桁違い。」

佐久間 「鬼じゃなくて姫だ・・。」

山田 「どうも死根也は言うことが雑だな。」

八武 「うるさい。」

アッキー 「ハーピィは?」

佐久間 「ありゃ、朱雀っぽくない。」

八武 「ハーピィ? 『遊戯王』? 『ぷよぷよ』?」

アッキー 「いや、そっちじゃなくて。」


佐久間 「えーと、じゃあ、印象や主観をなるたけ排するために、点数制でいくとしよう。」

アッキー 「『空想科学論争』ですか?」

八武 「おお、ガメラを忘れていた。」

山田 「どういう風に点を付ける?」

佐久間 「そうだな、作品ごとに順列を付けて、1位に5点、2位に3点、3位に2点、4位に1点。」

アッキー 「火の鳥とかは?」

佐久間 「一つしか出てこないのは・・この際排除。」

アッキー 「そんな。」

山田 「1点ずつくらい入れたらどうだ。」

佐久間 「じゃ、そうするか。」

アッキー 「火の鳥が1点なのは少々納得がいきませんが・・。」

佐久間 「まあまあ、火の鳥は次回でやるから。」

八武 「それじゃあ、集計するぞ。『ふしぎ遊戯』は朱雀が5点で、後は・・?」

アッキー 「同率2位で3点にしましょう。」

佐久間 「『幽遊白書』では朱雀、青龍、白虎、玄武の順か。るろ剣では・・朱雀と青龍が同率1位で白虎、玄武だな。」

山田 「そんなところか。『遊戯王』では朱雀、青龍、白虎、玄武・・あ、『幽遊白書』と同じだ。」

アッキー 「ポケモンは結構難しいですね。覚えさせる技にもよるし・・。」

八武 「相性もこみで考えるか。とりあえず、ライコウ、レックウザ、カメックス、ファイヤーの順でいいか。」

佐久間 「レックウザとカメックスは逆だ。」

八武 「レックウザはかみなり覚えると言ったろ。」

アッキー 「でも、2倍と4倍ですし、レックウザはとくぼうがちょっと弱いんです。」

八武 「最近ポケモンのゲームをやっていないお前が偉そうな口をきくな。レックウザの攻撃力をもってすれば、カメックスなど一撃で終わりだ。」

山田 「もめてるようだから、同率2位にしよう。」

アッキー 「ドラクエは全部揃ってないから朱雀と玄武に1点ずつ。」

佐久間 「FFは神竜だけなので1点。ぬ〜べ〜も同じく亀に1点。」

山田 「火の鳥と大神龍に1点ずつ・・。『タイガーマスク』虎に1点。『烈火の炎』とマリオで亀に1点ずつ。」

佐久間 「ジンメンが1位でダムド3体が同率2位。タイガーと小竜姫に1点ずつ。ガメラに1点。これで最後。」

アッキー 「ってことは、朱雀27点、青龍23点、白虎と玄武が20点の同率。」

佐久間 「おっ、亀が意外と健闘したな。虎と同率か。」

アッキー 「ジンメンが大きいですね。」

八武 「あと、登場回数も多い。」

山田 「朱雀の1位は予想通りだがな。」

アッキー 「1位を4点にしても順位は変わらないのですが、朱雀23、青龍22、白虎と玄武が19と、差が縮まります。」

佐久間 「その程度の差なら並び称されてもおかしくない。」

山田 「ポケモンの四天王くらいか。」

八武 「そんなもんだな。」


アッキー 「みなさん、お疲れ様でした。」

佐久間 「お前が一番疲れてるだろう。・・ああ、そうそう、次回は神について。」

アッキー 「神?」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
脳内会議 (目録)
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆  ◆ ◆ ◆ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2014/08/03 05:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

四神といえば、私はキトラ古墳を想像しますね。玄武のデザインってかなりインパクトありますよね。ちょっとエロスを感じてしまいます(変態!?)
「ふしぎ遊戯」・・懐かしい。異世界もの今でも好きです。そうでした、あれも四神絡みでしたね。それにしても、皆さんの会話がオタで楽しいですーー。
みっちゃん
2008/10/24 19:54
こんばんは。
すごい対談ですね〜(^o^)
私には、タイトルだけしか解らないのですが・・・すいません。
何はさておき、アッキーさん、長い文章お疲れ様です。
次回は「神」についてですか?期待していますね(^^)v
とちの木
2008/10/24 19:59
みっちゃんさん、こんばんは。
玄武がエロス・・キトラ古墳ならぬキト○古墳・・? いやいやいや。そう言えば昔読んだマンガで、エロい亀の妖怪がいました。人間の受精卵を食す化け物。
「ふしぎ遊戯」は今でも玄武編が連載中で、更に白虎編も描かれるとのこと。続きが待ち遠しいです。
アッキー
2008/10/25 00:20
ほんと、すごい対談ですね。
最初の方では、亀が弱いという話が続いていたので、『デビルマン』のジンメンはどうかというつっこみを入れようと思った矢先に、ちゃんとジンメンが出てきたのにはびっくりしました。『デビルマン』は雑誌連載時にリアルタイムで読んでいたので、とても怖かった思い出があります。
すずな
2008/10/25 00:25
とちの木さん、こんばんは。
私の友人はオタクが多いのでして。類は友を呼ぶ。わかりにくくて申し訳ないです。まさにオタクの会話。
次回は髪・・じゃなくて神についてですが、あまり宗教的な話ではないような・・? むしろオタトーク。
アッキー
2008/10/25 00:26
すずなさん、こんばんは。
ジンメンはインパクトありますよねー。取り込まれた人々も続編では救われましたが、その間ずっと苦しんでいたのだと思うと怖かったです。
ちなみに「ネオ・デビルマン」のダムド編でも出てきました。あの話は原作のアナザーエピソード的で印象深いです。
アッキー
2008/10/25 00:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
四神(ししん)について雑談 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる