佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS ツンデレキャラを思いつくまま

<<   作成日時 : 2008/11/04 05:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

今の(2次元の)ご時世は猫も杓子もツンデレでございます。
思いつくだけでも膨大にあるのですが、テケトーに選んで紹介。




◎アネモネ
出典は「交響詩篇エウレカセブン」。ツンデレと聞いて真っ先に挙げるとすればこの子。それぐらいツンデレたるツンデレ。ドMのドミニクにとことん毒吐きまくりで迫力がある。ドミニクとはとてもお似合いだった。このカップルには幸せになって欲しかった・・。アネモネもドミニクも好きなんですよ。その次くらいにデューイ。


◎ジャスミン
出典は「デルトラクエスト」。野育ちの活発な少女。3人組の中で総合的な戦闘能力は最も高い。リーフとのやり取りは“本当は好きなのに素直になれない”という、まさにツンデレの王道。
ちなみに「デルトラクエスト」にはもう一人、グロックというツンデレキャラがいる。ごく一部のツンデラーの間では、ジャスミンと人気を二分する。


◎あまのじゃくinカーヤ
出典は「学校の怪談」。このタイトルの話は他にも多くて混乱するが、フジテレビのアニメである。
ツンデレは主人公のさつきではないかという声もあるが、やはりカーヤだろう。最初は敵だったのがやがて味方になっていくというのは実に王道。ツンな距離感がいい。基本的に敬一郎にしかデレない。


◎カンタ
出典は「となりのトトロ」。この少年もツンデレの王道。好きな子いじめという感情をなかなか理解できず、最初に観たときはわけのわからないキャラだと思っていた。
「やーい、おまえん家、おっばけやーしきー!」は今でも多くのツンデラーたちの魂に刻まれている名ゼリフである。


◎ビーデル
出典は「ドラゴンボール」。Y子さんおすすめのツンデレガール。悟飯は彼女の心をまったく理解できず、混乱するばかりであった。ちなみに悟飯ほどではないが人の心がわからない私は、最初読んだときは単なる負けず嫌いとしか思ってなかった。今読んだらこんなにもわかりやすいのに・・・。あの頃の私は心が死んでいたのだと思うことにしよう。


◎タチバナシオリ
出典は「私立彩陵高校超能力部」。彼女の名を聞くと、どうしても「猫も杓子もツンデレ」というフレーズがついてくる。何故だ。
「ふしぎ遊戯」の斗宿、「アウターゾーン」のミザリィ、「触角」の灰田などと同じく“左目の能力者”。不幸な過去を持つ。能力は凶悪だが本人はそれを使いたくない。


◎葵の上(あおいのうえ)
出典は「源氏物語」。「古事記」や「日本書紀」に詳しくないので確かなことは言えないが、おそらくは2次元における日本最古のツンデレ。「絶対可憐チルドレン」の葵がツンデレっぽいのはモデルが彼女だからだと思われる。
たった今思い出したが、「源氏物語」にはヤンデレもいる。ああ、読みたくなってきた・・。


◎涼宮ハルヒ(すずみやはるひ)
出典は「涼宮ハルヒの憂鬱」。おそらくは最も有名なツンデレ。ただ、葵の上がいるから確証は無いな・・。他にも強敵は多数。ああ、だんだんと自分の言ったことに自信が無くなってきた。


◎碇ゲンドウ(いかりげんどう)
出典は「新世紀エヴァンゲリオン」。以前の記事で語ったのでここで長々と語るのはやめておく。
ツンデレの魅力はツン部分にあると主張したのだが、未だに賛同者は得られてない。何故だ。ゲンドウはツンデレではないという声もあるし・・・。くじけそうだ。エヴァならアスカを紹介しろと非難の声があがりそうだと想像するだけで更にくじけそうだ。誰か勇気をくだせえ。


◎蝉(せみ)
出典は「魔王JUVENILE RIMIX」。殺し屋で、市長からは「壊れてる」と評されてるが、変人と変態がゾロゾロ出てくるこの作品においては比較的まともな性格。後にスズメバチという強力な変態キャラが出てきたせいで一時期人気が低迷するが、ツンデレキャラとして再登場。第2章でもツンデレぶりは健在で、嬉しい限りである。


◎Y子さん
出典は「腐女子彼女」。恋人のためにツンデレを目指すという、とても健気な人。その姿勢には学ぶところが多い。挙げた中で、唯一3次元の人。
ちなみにぺんたぶさんは「ツンデレの魅力はデレ部分にある」と主張していたが、それもまた正しい。それは恋人のY子さんに対してのセリフだからである。局面が違えば、真実も異なる。真実は常に具体的なのだ。
ぺんたぶさんは恋人がツンのみであるという状態を喜ぶほどドMではない。本人が言っていたから間違いない。あくまでも“ややM”なのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私も幼い頃に初めて「となりのトトロ」を見た時はカンタさんというキャラクターがよく分かりませんでした。サツキさんに悪口を言うかと思えば、自分が濡れるのも承知で傘を渡す。最近見直した時によく分かりました。
奄美の黒兎
2008/11/04 17:54
奄美さん、こんばんは。
傘を渡したときからわだかまりが無くなっていきましたね。メイを探すときは協力関係にありました。
ちなみに上のカンタのセリフと対をなすサツキのセリフが「男の子キライ!でも、おばあちゃんのおはぎはとーっても好き!」
青春だ。青々と輝いてる。
アッキー
2008/11/04 23:26
葵の上が日本最古のツンデレキャラというのは、そうかもしれません。記紀ではもっとストレートな人物ばかりですから。ヤンデレというのはたぶん六条御息所ですね。おお怖!
私が一押しのツンデレキャラは『父と子』のバザーロフですね。だいたいにおいてロシア文学はツンデレ君の宝庫だと思います。
すずな
2008/11/05 00:04
すずなさん、こんばんは。
六条もそうですが、光源氏も結構ヤンデレではないかと思います。読んだ当初から思ってましたが、夕顔殺害の真犯人は彼ではないかと今でも疑っているのですよ・・。
ロシア文学はツンデレの宝庫・・・いいフレーズです。世に広めましょう。ロシア文学が流行るかもしれません。
アッキー
2008/11/05 22:25
こんばんは。

>葵の上(あおいのうえ)
確かに、日本最古のツンデレキャラかも源氏物語には、色んなキャラが出てきますね。私、漫画でしか読んだことないけどもう一度じっくり読んでみたいです
そういえば、作者の紫式部もツンデレじゃないでしょうか?確か、パトロンの道長が部屋に夜這いに来たときに無視して断ったと彼女の日記には書いてあったような。あっ、ツンだけかなこれじゃあ
みっちゃん
2008/11/07 18:28
みっちゃんさん、こんばんは。
ツンデレガールやヤンデレ熟女など、魅力的なキャラがたくさん出てきますね。私が個人的に好きなのは頭中将です。光源氏のライバルとして、物語を楽しく盛り上げてくれました。晩年になって政治でもライバルとなり、遠く離れてしまったことを寂しく思う場面が最大の萌えポイントです。
紫式部と道長の関係は、「源氏物語」での紫の上と光源氏の関係だと言われてますね。確かに少女の紫はツンデレだった・・。あのくだりはどことなく納得いかないのですがねー。よほど光源氏に惚れていたのだと思うことにしよう。
アッキー
2008/11/08 23:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ツンデレキャラを思いつくまま 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる