佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 決闘迷宮 33   Birdy−U マトリックス

<<   作成日時 : 2014/05/15 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 8

◆ ◆ ◆



ぼくは静寂が欲しかった。
求めるのは静寂のみ。

だからボクはカンサーへ入った。
だけどカンサーでも静寂は得られなかった。

世界中どこも、うるさいことばかりだ。
ぼくの領域へ土足で踏み込んでくるな、馬鹿者どもが。

どうしてぼくが耳を塞がなければならない?
耳を潰さなければならない?

力があれば、黙らせられる。
お前らが黙れ。
これが力だ。

ぼくは神様に選ばれた。




◆ ◆ ◆



バーディー:LP100、手札0
場:
場:

ルーク:LP42600、手札0
場:The Universe(攻17800)
場:真宇宙−カオス・フィールド(フィールド魔法)




起こったことは理解を超えていた。

―――だから何?

ディスクには絶望が表示されていた。

―――だったら、どうしたってんだ?


わたしには、どうしても許せない奴がいる。
絶望してる場合じゃないから、絶望しない。
あれらの“神”を理解できなくても、テキストがわかればいい。


「オレのターン、ドロー!」


引いたカードを見て、思わず苦笑いした。
ここで、引くか。これを?

おあつらえ向き過ぎて、ああ、ギブリたちは、この1ターンをくれたんだなって思ってしまう。

二重の意味で使いたくなかった、禍々しいカード。
原初神は理解できない分だけ、恐ろしいという感情すら薄くなるけど、この“神”は、ひたすら禍々しい。

わたしは多分、気の抜けたような笑みを浮かべていた。
高まる心臓の鼓動とは裏腹に、頭は冷え切っていた。


負けることはないって、わかっていた。




ルーク:LP42600→0




呆気ない幕切れに、多分ルークは静寂を手に入れたんだろう。
あまりのことに、何も聞こえてないみたいだ。

わたしは“ライフ・フェザー”を手に入れて、その場を離れた。
彼を見てるのは、悲しいから。





地縛神 Wiraqocha Rasca (シフトワン適応) レベル01 闇属性・鳥獣族
攻撃力1 守備力1
このカードがフィールド上に表側表示で存在する場合、「地縛神」と名のつくカードを召喚・反転召喚・特殊召喚する事ができない。
フィールド上にフィールド魔法が表側表示で存在しない場合、このカードの以下の効果は無効となり、このカードはエンドフェイズ時に破壊される。
●このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
●相手モンスターはこのカードを攻撃対象にする事ができない。
●このカードは相手の魔法・罠カードの効果を受けない。
1ターンに1度、自分のターンのバトルフェイズをスキップする事で、相手ライフを0にする事ができる。




ただでさえ禍々しい、見たことも聞いたこともない闇の鳥。
それが、あいつの能力で、とてつもない凶悪カードになっている。

わたしは取り返しの付かない領域へ、きっと足を踏み入れてる。
自分で選んだ道とはいえ、恐い。

レイザ姉さん。

マサキ。



◆ ◆ ◆



「・・・うん?」

誰かに呼ばれたような気がして、マサキは起き上がった。
くらくらする頭を抱え、彼はミネラルウォーターに口をつけた。

「大丈夫かい、マサキ。」
「ああ、シンヤか・・・。どうやら、また助けられちまったな。」
「以前に僕がマサキを助けたことあったかい。」
「俺にデュエルを取り戻させてくれただろ。」
「それは僕でなく母さんの功績だと思うけどね。」

照れ臭そうに笑うマサキに、シンヤは肩を竦めて答える。
この2人の、独特のやり取りだ。

「それはそうと、誰か俺を呼んだか?」
「いや? 誰かに呼ばれたとすれば、“バーディー”に呼ばれたんじゃないか?」
「・・・あいつ、出てるのか。」

マサキの表情が曇る。

「心配ないよ。ただでさえ“バーディー”はダンジョン最強のプレイヤーなんだから。《地縛神 Wiraqocha Rasca》を持たせてあるけど、あれが無くても駒相手に負けることはない。」
「そうじゃねえって。タチの悪い連中が暴力で来ることもあるからよ。竜堂眸の地下都市と違って、このダンジョンは無法と暴力の街区だ。」



◆ ◆ ◆



いけない、もう少しで「助けて」なんて言うところだった。
しっかりしろ、わたし! 誰が誰を助けるって?
わたしが姉さんを助けるんじゃないかっ!


「あらぁ、男装少女ぉ? いいわねぇ、わらわと、あーそびーましょ〜?」


気合を入れていたら、またしてもチェスの駒に遭遇した。
やっぱりDゾーンまで行くとエンカウント率が高い・・・。

金髪でグラマー。色気ムンムン。
ちょっと羨ましく・・・・・ないないない。わたしは今、男なんだ!


「わらわは、“ビショップ”のラティ。“七変化”のラティ・ストライプよ。わらわとデュエルしてぇ、勝てば“ライフ・フェザー”1つ獲得するぇど、負けたら可愛がってあげるぅ。」

「コール・ガールと遊ぶ歳じゃねえ。化粧落として出直してきやがれ。」

「あらぁ、つれないのねぇ。男がお好みならぁ、用意してあげてもいいわよぉ?」

「っ!?」

どこにいたんだと思うくらい、ぞろぞろ、ぞろぞろ。
たくさん男たちが出てくる出てくる・・・・・やだ、身が竦んでる・・・。

「淫らな宴を楽しみましょ〜?」

「・・・オレが、デュエルで負けたらの話だろ?」

「そうねぇ。そうだったわねぇ。じゃ早速、デュ・エ・ル!」


バーディー:LP8000
ビショップ:LP8000



「オレの先攻、ドロー! 《ブラッドストーム》を召喚し、カードを2枚伏せてターンエンドだ!」

「ああん、せっかちなのねぇ。わらわのターン、ドロー。《光神化》で《アテナ》を特殊召かぁん。そしてぇ、《地獄の暴走召喚》発動よ。」

「・・・! ワンターンキルを狙うつもりか!?」

「あはぁん、そうよ・・・《キラー・トマト》召喚。《アテナ》の効果でぇ、合計1800ダメージよ?」

「・・・っ!?」


バーディー:LP8000→6200


「種族を、変えられるのか!」

「そうよぉ。わらわの“七変化”(マトリックス)は自在闊達。モンスターの性質を変えられるのよぉ。」

なんてことよ・・・。
2連続で種族変更って、チェスの駒ってわたしに何か恨みでもあるの?
見れば《ブラッドストーム》の攻撃力も1700のまま・・・。

「《キラー・トマト》で《ブラッドストーム》に攻撃ぃ。」

「させるかっ! ゴッドバー・・・じゃない、《光の護封壁》!」


バーディー:LP6200→4200


バーディー:LP4200、手札3
場:ブラッドストーム(攻1700)、ブラッドストーム(攻1700)、ブラッドストーム(攻1700)
場:光の護封壁(永続罠・2000)、伏せ×1(ゴッドバードアタック)

ビショップ:LP8000、手札2
場:アテナ(攻1300)、アテナ(攻1300)、アテナ(攻1300)、キラー・トマト(攻1400)
場:




周りの男たちは、沈黙しながらも、どこか嫌な雰囲気を漂わせてる。
けど、もっと嫌な気配が・・・・ビショップの手札から・・・・・


「んもう、いけずぅ。切り札を見せてあげたいわ。《アテナ》を儀式モンスターに。《アテナ》を融合モンスターに。《アテナ》をシンクロモンスターに。《キラー・トマト》をエクシーズモンスターに。


「何・・・!?」


「わらわの願う世界に今度こそなってほしいわ。創造と破壊の輪廻が、荒廃した世界を浄化する・・・望まぬ時代を終わらせてぇ、望みの時代を作りましょ・・・《創星神 sophia》ぁ! ぁ! ぁ!


瞬間、わたしは何が起こったか理解できなかった。
フィールドが暴虐の光と闇に包まれて、耳を劈くような音と共に、この光景になった。



バーディー:LP4200、手札0
場:
場:

ビショップ:LP8000、手札0
場:創星神 sophia(攻3600)
場:




「ひぎっ・・・!?」



創星神 sophia レベル11 闇属性・天使族
攻撃力3600 守備力3400
このカードは通常召喚できない。自分・相手フィールド上に表側表示で存在する、儀式・融合・シンクロ・エクシーズモンスターをそれぞれ1体ずつゲームから除外した場合のみ特殊召喚できる。
このカードの特殊召喚は無効化されない。
このカードが特殊召喚に成功した時、このカード以外のお互いの手札・フィールド上・墓地のカードを全てゲームから除外する。この効果の発動に対して魔法・罠・効果モンスターの効果は発動できない。




七変化(マトリックス) レベル4能力 (所有者:ラティ・ストライプ)
モンスターの属性・種族・種類を変更することが出来る。



「あはぁ、まだ終わらないわよぉ。除外された《ネクロフェイス》の効果でぇ、お互いにデッキが5枚吹っ飛ぶ! 除外された、おっきなドラゴンたち(征竜)の効果でぇ、わらわは手札に《巨大ネズミ》、《緑光の宣告者》、《紫光の宣告者》、《朱光の宣告者》を加えるわぁ。ドラゴン族にしといたの。ターンエンドねぇ。」



バーディー:LP4200、手札0
場:
場:

ビショップ:LP8000、手札4(巨大ネズミ、緑光の宣告者、紫光の宣告者、朱光の宣告者)
場:創星神 sophia(攻3600)
場:




「・・・オレのターン、ドロー。」

このカードは・・・!

「敗北が近付いてきたんじゃないのぉ?」

「寝ぼけんな。てめぇなんかに、オレは負けやしない。」

「あらぁん、ツンツンしちゃって可愛いの。それが愛欲に溺れてデレデレしちゃうのを想像するだけでぇ、わらわ子宮がキュンキュンきちゃう〜〜〜!」

「言ってろ。カードを1枚伏せて、ターンエンドだ!」



バーディー:LP4200、手札0
場:
場:伏せ×1

ビショップ:LP8000、手札4(巨大ネズミ、緑光の宣告者、紫光の宣告者、朱光の宣告者)
場:創星神 sophia(攻3600)
場:




「なぁにを伏せたか知らないけれどぉ、宣告者3枚がある限りぃ、何でも無効化してあげるぅ・・・ドローカード!」


「無効化できるもんならやってみやがれ! これが史上最強のデッキワンカードだ!!




ファイナルカウンター(シフトワン適用) (カウンター罠・デッキワン)
カウンター罠が4枚以上入っているデッキにのみ入れることが出来る。
このカードはスペルスピード5とする。
発動後、このカードを含めて、自分の場、手札、墓地、デッキに存在する魔法・罠カードを全てゲームから除外する。
その後デッキから除外したカードの中から6枚まで選択して自分フィールド上にセットする事ができる。
この効果でセットしたカードは、セットしたターンでも発動ができ、コストを払わなくてもよい。





バーディー:LP4200、手札0
場:
場:伏せ×6

ビショップ:LP8000、手札5(巨大ネズミ、緑光の宣告者、紫光の宣告者、朱光の宣告者、?)
場:創星神 sophia(攻3600)
場:




「〜〜〜〜〜!!? カードアドバンテージを、互角に戻したっ・・・!」

「そうだ! 確かに宣告者は恐ろしいが、スペルスピードが上回る相手には無力! さァ、かかってこいよ!」

「あ、あ、あはぁ、やるわねぇ・・・でも《大嵐》発動!」

「カウンター罠《マジック・ジャマー》をノーコストで発動だ!」

「あはぁ・・・・・・《巨大ネズミ》を召喚、攻撃!」

「罠カード、《聖なるバリア−ミラーフォース》!」

「宣告者で割っちゃうの!」

かかった!
本命は、こっちよ!

「ノーコストで《異次元からの帰還》発動! ありがとうよ《ネクロフェイス》! 除外された《聖鳥クレイン》3体と、《ダーク・シムルグ》、《始祖神鳥シムルグ》特殊召喚! 更に《風霊術−「雅」》で《ダーク・シムルグ》を生贄に、《創星神 sophia》をデッキの一番下に戻す!」



バーディー:LP4200、手札3
場:始祖神鳥シムルグ(攻2900)、聖鳥クレイン(攻1600)、聖鳥クレイン(攻1600)、聖鳥クレイン(攻1600)
場:伏せ×3

ビショップ:LP8000、手札1
場:巨大ネズミ(攻1400)
場:




ビショップの能力は、モンスターの属性を変えることは出来ても、効果を無効にすることは出来ない。
風属性としても扱う効果を持つ《ダーク・シムルグ》は、《風霊術−「雅」》のコストにすることが出来る。
そして、《ファイナルカウンター》でセットしたカードはコストを払わなくてもいいが、それは払ってもいいということでもある。エンドフェイズには除外されてしまう《ダーク・シムルグ》、墓地に置いておいた方がいい。



「たぁ、ターンエンド。」

「罠カード《サンダー・ブレイク》をノーコストで発動!」


《巨大ネズミ》 (破壊)



「そしてオレのターンだ、ドロー! 手札2枚をコストに《ダーク・シムルグ》復活! あんたの能力、認識できない手札のモンスターの属性までは変えられまい?」

「あぅ・・・!」



バーディー:LP4200、手札2
場:ダーク・シムルグ(攻2700)
場:伏せ×2

ビショップ:LP8000、手札1
場:
場:




「手札から《ハーピィ・クイーン》召喚! 伏せカードの1枚は《血の代償》! こいつで2体目の《ハーピィ・クイーン》を召喚し、フィールド魔法《オレイカルコスの結界》!」


《ダーク・シムルグ》 (攻2700→3200)
《ハーピィ・クイーン》 (攻1900→2400)
《ハーピィ・クイーン》 (攻1900→2400)



「わ・・・・わらわがぁ・・・1ターンキルを・・・・!」

「その手札は単独じゃ役立たずの宣告者だ! 総攻撃でジ・エンド!」

「くあうううううううううううううううう!!!」



ビショップ:LP8000→5600→3200→0



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
決闘迷宮   目録
◆ ◆ ◆ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2014/05/15 00:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
なーにかな♪なーにかな?
今日の最強カードはコレッ!

《地縛神 Wiraqocha Rasca》

出たァーっ! 地縛神! いつ見てもカーッチョイイッ!
闇のフィールで、相手をクラッシュさせてやろうじゃん!
龍亞
2014/05/15 00:00
コング「負けることはないって、わかってた? 何でそんなに強いの」
火剣「42600→0になるとは普通思わねえ」
ゴリーレッド「バーディーは強い。気持ちが強い」
コング「取り返しつ付かない領域? 八武医院のことか?」
火剣「それよりバーディーの目の前に強敵現れる。変な喋り方のキャラは怖いな」
コング「無法と暴力の街に美少女。これぞエンターテイメント」
ゴリーレッド「ラティ・ストライプか。自信満々だな」
コング「負けたら可愛いがってあげる。こういうセリフ好き。妄想力を刺激する」
ゴリーレッド「人から刺激されなくても常に妄想力の塊だろうが」
コング「男がゾロゾロ。これぞ官能ロマンの基本」
火剣「バーディーのような強気のヒロインが愛欲に溺れてデレデレにされる。これほどの屈辱はないな」
ゴリーレッド「そんなことにはならない」
コング「ガンバレ頑張れラティ! 負けるな負けるなビショップ!」
火剣「コングはビショップを応援か」
コング「ビショップ! バーディーを負かしてビショビショにしろい!」
ゴリーレッド「延髄斬り!」
コング「だあああ!」
火剣「あ、ビショップ負けた」
コング「何てことを! これほどバーディーが負けることを期待した試合はない」
火剣「ひとときでもエキサイトできただけ良かっただろ」
コング「久々にハラハラドキドキした。これでバーディーが負けちゃったら感動と興奮の坩堝なのにい!」
ゴリーレッド「何か間違っている」
火剣獣三郎
2014/05/15 17:37
やると思ったわ!!(挨拶)
ファイナルカウンターのシフトワン適用!!
スペルスピード5とか、6枚セットとか、インチキカードもたいがいに(ry
まさか神邪じゃなくてバーディーが使うなんて考えてもみなかったですけどね!!

まったく、こんな凶悪デッキワンカードをいったい誰が生み出したんだ(殴

ときに、どこぞの喫茶店の魔法の呪文が出てきた話がありましたがそれはまさかあの子が迷宮に……???
クローバー
2014/05/15 18:57
ツヲ「無駄に考えた結果、大逆転クイズに辿り着いた。いくぞ、神邪!先行をもらったと仮定して、手札断殺とゴキブリ乱舞の効果で手札は12枚。そこから黒魔術のカーテン、ターンジャンプ、黒魔術のカーテン、ターンジャンプ、魔法石の採掘で自分のライフを1139にまで減らす。そして大逆転クイズ!デッキはもちろん魔法カード一択なのでライフポイントを入れ替え!そして手札の風魔手裏剣と黒いペンダントで2000のダメージ!手札はゼロだが、これで勝利だ!………なぜ、ここまでこだわったのか…。それは以前、君が絶対能力のためにデュエルモンスターズが作業ゲームになって楽しめない、つまらないものになった、と言っていなかったかい?そんなことはない!絶対能力も、こうすれば敗れる!デュエルモンスターズはまだまだ面白い可能性に満ちたゲームだよ。」
白龍「で、敗北条件がライフ1になること、ってやられたら、それでも倒せないですよね。」
ツヲ「うっ!」
白龍「しかも、ミラコチャラスカが出ましたよ。シフトワン適用で。」
ツヲ「う、ぐっ!ミラ子ちゃん、マジ最強伝説…。」
白龍(勝手に略してる…。)
ツヲ「まさかデュエルが始まる以前から適応が可能で、自分のデッキに入っていなくてもOKとは…。もっと言えば自分が対戦に参加していなくてもOKとは…。」
白龍「これってデュエル以外でも適応出来るってことですか?」
ツヲ「かもしれない。」
白龍「じゃあ、ライフフェザーを3⇒2にしたり、自分のライフフェザーを増やしたり。あ、ライフフェザーが買い放題だ。」
ツヲ「スマイル0円。LF0円。」
白龍「レアカードも買い占めよう。」
ツヲ「これがタイガーファミリーの力か。」
白龍「今度はデッキワンカードも変更!投入条件が非常に緩くなっております。」
ツヲ「ビショップちゃんにキュンキュン…。」
千花白龍
2014/05/15 22:01
あれ?コメントが…?スパムで引っかかった?
千花白龍
2014/05/15 22:02
>火剣さん
次々と強敵がバーディーの前に現れます。ハイレベルな戦いのマサキ編や、廃レベルな戦いのシンヤ編とも、また違った雰囲気の・・・むしろこれが王道に近いような?
あわや敗北という場面を、次々と切り返していきます!

八武「泡だらけになって敗北する場面は?」
佐久間「チェスの駒でバーディーに勝てるのはキングくらいだ。」
八武「ならばキングを呼ぼう接種!」
山田「バーディーを見くびっていたかもしれない。強い。・・しかし、ヒロコでも勝てないのか?」
佐久間「それについては近々。」
八武「連戦で疲れただろうバーディー。私のクリニックで栄養ドリンクをあげよう。」
山田「ダンジョンにも支店を出してるのか?」
佐久間「期待に応えようとする男。」
山田「ただの変態だ。」
佐久間「しかし実際、ニーズはあると思うがな。」
八武「そう、美少女が怪しいドリンクを飲まされて体が火照る! これはニーズあると見た!」
山田「そっちじゃない。無法と暴力の街区だから。」
八武「うん、ドラッグが売れるんだこれが。」
山田「最低だ貴様!」
八武「怪我を治すのは容易いんだよ。難しいのはQOL・・・生活のクオリティを最低限のところまで持っていくこと。心が荒んで癒されないから、スラム三種の神器は、酒、ドラッグ、売春だねぃ。」
山田「うーむ。それが無法ってことか。」
八武「そんなところにバーディーがいるんだと思うと興奮してくるだろう?」
山田「ハラハラする。これで終わりだとは思えないぞ・・・。」
アッキー
2014/05/15 22:13
>クローバーさん
やると思われてるだろうと思ってました!!(挨拶)
是非ともコラボしたいと思っていた《ファイナルカウンター》! やってみれば、思った通り、圧☆倒☆的! 今日の最強カードは、こっちの方がよかったのではと小一時かn(ry
いやホント、香奈の対戦相手は、よくアドバンテージを埋めれるもんだと感心しt(ry
神邪が使う案もあったのですが、ヒロインの切り札はヒロインが使うべきではという心の声に従い、バーディーへ。

山田「切り札はシリウスじゃなかったっけ?」
佐久間「あれはエースモンスターだ。」

さて、例の呪文は何かの伏線なのでしょうか・・・?
そろそろ闇星のキャラクターが登場してもいい頃なのですが。
アッキー
2014/05/15 22:41
>千花白龍さん
スパム制限を解除するのを忘れてましたw すいません。
さて、なかなか倒せそうにない神邪ですが、やはりシフトワンの利便性は異常ですね。第30回で述べられていますが、これがシフトワンの奥の手、3つのうちの1つ、「デュエルしてないときでも発動できる」というものです。何故そんなことが出来るのかは、またいずれ・・・。
ただし、デュエリスト能力なので、直接デュエルと関係することしか操作できません。購入に関しては微妙なところなので、本編では触れていませんが、多分できると思います。
そして、やはりツヲさんはビショップを気に入りましたか。キングとクイーンを除けば、4人の中で私もビショップが一番お気に入りです。

佐久間「ライフフェザーはライフポイントと同じ扱いだから、ダンジョンのプレイヤーになるときに貰う値を操作することは出来る。その後は無理だが。」
山田「対戦に負けてもライフフェザーを失わないようにすることも出来るのか?」
佐久間「出来る。ただし、それにバーディーは気付いていない。マサキとシンヤは気付いているが、口に出さない。」
八武「うん? バーディーにも言わないということは、何か理由があるのかね?」
佐久間「まあね。」
神邪「やっぱりマサキも気付いているのか・・・。そりゃそうだよねぇ。バーディーに配慮して、気付かないフリをしてるんだ。」
山田「・・・?」
佐久間「しかしミラ子www上手いなwww」
神邪「なるほど、Wを引っくり返してMか・・。」
八武「効果はSだけどねぃ。」
佐久間「ツヲはそれでも喜ぶ。」
アッキー
2014/05/15 23:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
決闘迷宮 33   Birdy−U マトリックス 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる