佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅でも出来るアクマゲーム 〜百金争奪〜

<<   作成日時 : 2014/07/12 00:00   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

このマンガ面白いなー。
というわけで、自宅でもやってみた。(2014年4月の話)

百金争奪を選んだのは単なる消去法。
真偽心眼だと、「Xを自然数として、XとX+2が共に素数である組は無限に存在するか?」などの問いなどを出されると、判定しようがない。(私なら勝敗を度外視して、未解決問題を正否だけでも知りにかかりそう・・・。)
映影頭踏は判定が困難だし、少なくとも室内では適さない。
五印一当は、工作でカードを作れなくはないのだが、あり合わせのもので賄いたいズボラさにより、百金争奪となった。(トランプを使って四印一当にする手もあるので、最終候補だった。)


さて、百金争奪を再現するといっても、最大の問題はコインの枚数決定だ。
そこで私は15枚のコインを用意し、1回戦から5回戦まで1枚ずつセット。残る10枚を、プレイヤーそれぞれが5枚ずつ、1回戦から5回戦までに分配するのだ。(紙に書いて、悪魔役に渡す)
(例
悪魔      11111
プレイヤーA 10202
プレイヤーB 00032
トータル    21345
完全ランダムで決まる原作とは少々趣が違うが、枚数決定の段階から駆け引きが生まれるのでオススメだ。
コインの合計枚数を変えるなどして、フレキシブルに対応できる。

駒は将棋の駒を使用。(チェスでも良いだろう)
平民:歩
兵卒:金
騎士:角
将軍:飛車
国王:王将(玉将)

レベルアップダイヤは、サイコロを使用。
(近所の100円ショップに洒落たワインの蓋が売ってたので、そういうのでも可。それらしいものなら何でもOK)

細長い箱を仕切り(ブラインド)にし、駒やレベルアップダイスを入れる入れ物は、囲碁の碁笥の蓋で代用。
(このあたりも代用できるものなら何でも良い。工作が好きな人は、原作っぽい入れ物を牛乳パックなどで作ってもいい。仕切りは新聞紙でも。)


そしてゲームは始まった。
私は既に原作を読んでいるので、悪魔役。ほーほー。
未読の2人、母VS妹で勝負!

結果は、母の圧勝だった。3回やって、3回とも母の勝利。
1回目で母は「最も平均的な行動を取る」(具体的にはコイン配分を11111、初手に角)ことで、相手の出方を伺い、そのときの勝敗はさておき「相手の思考を観察する」という、真偽心眼のときの織田クンみたいな戦略。

そして実際、傍から見ていると、見えないはずの妹の手が、透けて見えるかのように嵌まる嵌まる。
思考を掌握すると、ここまで圧倒できるのかと、正直震えた。悪魔役も退屈せずに楽しめる。
ついでに言うと、レベルアップアイテムを使用したフリ(具体的には碁笥にダイスを当てて音を立てる)とかもやっていて、ニヤニヤが止まらない。

ぶっちゃけマンガを読んでたときは、織田照朝の知能とか「まぁマンガだからね〜」とか思ってたわけだが、実際いるもんだなぁ、初見でゲームのコツを掴む人間って・・・。母よアンタ何者だ。
思えば母は昔から、囲碁や将棋などの完全情報ゲームには弱いけど、この手の心理的な駆け引きが絡む類の勝負では異常なほど強い。隔世遺伝か?(母の祖父は土地を騙し取られたりするお人よしだったけれど、大金かかった揉め事を花札で解決したことがあるとか何とか。マジかよ。)


それはそうと、先導者の正体って眞鍋悠季じゃないのかと疑ったりしてるんだけど・・・。
「ギャンブルフィッシュ」で似たような場面があったなぁ、とか・・・。
マルコの見た男なんて、代役を立てて同じ部屋で(変装か覆面でもして)指示を出していればいいわけだし・・・。
長久手が「先導者様が狙撃されることなどありえない」と言ったのは、顔を出してる“先導者”が代役であることの伏線っぽく見える。
眞鍋悠季に直感翻訳の能力があるのは本当だろうけれど、最初から知っている鍵のナンバーをたった今知ったように振舞うのは難しいことではない。
何より、直感翻訳というのは、いかにも“初見対応”のアクマゲームに有利そうではないか・・・。

・・・・・・などということを5巻までの時点では考えていたんだけれど、6巻で先導者登場!?
私の推理は間違っ・・・いや待て、記憶まで操作できるんだから、そんなものはアテにならない。
マルコの記憶だって、操作されていても不思議ではない。
例の会話だって、そう言うように命令してるとすれば辻褄は合うし、宝条院剣征が記憶を消されて手駒にされている可能性だってある。
だいたい、トーナメントに出場してるとか、いかにも怪しいではないか。
そんなわけで、眞鍋悠季ラスボス説は捨てない!
おっさん連中よりも、可愛い女の子がラスボスの方が萌えるよね!

無実だったら土下座ってレベルじゃない。




オマケ 〜真偽心眼で出してみたい問い〜

(二人零和有限確定完全情報ゲーム)
「互いに最善手をプレイし続けた場合、オセロは引き分けになる」
「互いに最善手をプレイし続けた場合、チェスは先手必勝である」
「互いに最善手を指し続けた場合、将棋は後手必勝である」
「互いに最善手を打ち続けた場合、コミが6目半のとき囲碁は黒必勝である」

(数学未解決問題)
ウィキペディア

(問題として認識されるか怪しい問い)
「私はこの勝負に勝つ」
「1億年後、地球に人類は生存している」

その他、考古学、生物学、天文学、物理学など、果てしない可能性を秘めたゲームである。
地球外生命体、ダークマターやダークエネルギー、大統一理論・・・。

・・・・・・いかんいかん、悪魔に魅入られてしまっている。
そういった問題は、人類の力で解いてこそだろう。
正否だけでもわかれば証明しやすくなるとか、そんなことを考えてる時点で悪魔の掌から出られないのだ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
火剣「アッキー監督のような数学的頭脳があればこそ楽しめる高度なゲームのような気もするが」
コング「文系の僕には一行しか理解できなかった」
ゴリーレッド「文系じゃなくバカなだけでは?」
コング「おおおおおっ欲望の湖!」
火剣「それはいいから、一行って何だ?」
コング「可愛い女の子がラスボスの方が萌える」
火剣「異議なし」
ゴリーレッド「もっと意義のある会話をしよう」
コング「じゃあ、みんなで面白いゲームを考えよう」
火剣「単なる雑談をする場じゃないぞここは?」
コング「やはりエロは世界を救う」
ゴリーレッド「救わないと思う」
コング「サイコロ双六。しかし双六の内容が重要」
ゴリーレッド「帰っていいかな?」
コング「ゲームの最初にコスプレを決める。1はパジャマ。2は男のロマン・彼シャツ」
火剣「荒らしになってないか?」
コング「3はバスタオル一枚。4は水着。5は下着。6はスッポンポン!」
ゴリーレッド「6はジョーカーか」
火剣「その前に女子限定ゲームだろ?」
コング「そうに決まるショッカー地獄の軍団だ」
ゴリーレッド「コングこそ悪魔に魅入られている」
火剣「平民は歩。兵卒が金。騎士は角。将軍は飛車。国王は王。これも面白い。これをヒントに何かできそうだ」
コング「デュエルや人生ゲームのように既存のものではなく、小説の中で勝手にエロティックなゲームを考案し、それをやる。火剣制作せよ」
火剣「うーん・・・」
ゴリーレッド「断ったほうがいい。行き着く先は牢獄だ」
コング「アクマゲーム。心理ゲームか。僕の閃きに嘘はない。傑作の予感がしたのだ」
火剣「妄想から傑作が生まれるか」

火剣獣三郎
2014/07/12 12:14
>火剣さん
その一行はかなり重要だと思います(真剣)
私も実際、二度三度ルールを読み返さないと把握できませんでした。これまでのアクマゲームの中では一番難しいルールですね。

佐久間「オリジナルのゲームというと、セックス勝負というのがあったな。先にイった方が負けというトーナメント。」
八武「全くのオリジナルは難しい。既存のゲームにエロ要素を足すなら幾らでも出来るが。」
佐久間「ライフが減ると電流とか、止まったマスの指示を脱衣とか。」
八武「卑猥な言葉を喋らせるのはオススメ。あんな清楚な子が、こんな卑猥な言葉を? 脱がなくてもドキドキ感を約束しよう。」
山田「相変わらず考えることがゲスだな・・・。」
八武「うむ、山田が反応するなら上出来だ。」
佐久間「斬新なルールだけでなく、アッと驚くゲーム展開を描く方が重要だ。」
山田「ゲーム展開は五印一当が複雑だった。あれはアクマゲームだからこそ出来ることも含まれているが。」
佐久間「確かに、実際あれをやられると、悪魔役は困る。ゴリーゴーなら余裕だろうけどな。」
八武「最近の隠蔽看破は、ヒロピン要素が高くてワクワク。式部紫・・・ククク、私好みだ・・・。」
アッキー「私の好みはコルジァですね。」
佐久間「お前はそういう奴だよ。」
アッキー「それとカバー裏の崩心と長久手が可愛い・・。」
山田「カバー裏は色々と遊んでるよな。」
佐久間「しかも裏だけじゃない。」
アッキー
2014/07/12 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅でも出来るアクマゲーム 〜百金争奪〜 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる