佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 「サトリン」 第十五話 約束のクリスマス 26

<<   作成日時 : 2015/12/13 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

九古鈍郎は、良い教師だった。
それはあくまで咲村茶倉にとっては、という意味であるが、一般的にも悪い教師ではないだろう。
わからないことを質問すれば、わかるまで解説してくれた。忘れたことは何度でも、嫌な顔せずに説明してくれた。
他の教師によくあるような、わからない生徒に対する苛立ちや叱責、偉そうな態度などが、彼には皆無だった。
決して教え方が上手とは言えないのだが、しかし下手でもない。むしろ、上手くても偉そうな教師などよりは、精神的に楽だった。
こんな大人もいるものだと思った。
一日、一日、少しずつ。
薄皮を重ねるように信頼を重ねた。
茶倉の人間不信は、あくまで自分の筋に合わないものに対する不信であり、人間そのものに対して絶望しているわけではない。この人ならわかってくれるだろうかという思いが、ぐつぐつと煮えてきていた。
自分の心を晒すというのは、恐いことだ。そこで拒絶や否定を食らったら、深く傷つくことになる。
人間、10年以上も生きれば理解する―――理解されないことを理解する。はっきりと意識できるかどうかは別にしても、心の闇に対する辛辣さは大体わかる。
誰もが同じように苦しんでいるわけじゃない。人の心の闇を知って、嬉しいと思うほどの、大きな闇を持つ者など、そうはいない。
だからこそ茶倉は、言えないでいた。この人こそはと思いつつも、それが幻想でない保証など無い。
保証か。
ははは。
私は臆病だ。
出会った日に感じた“虚無の安心”を、未だに信じきれずにいる。
言うか。
言わないか。
決断までの時間は短い。高校を卒業すれば会えなくなる。
卒業してからも会えますか―――駄目だ、頭のおかしい子だと思われる。
いっそ試験に落ち―――馬鹿か、本末転倒だ。馬鹿か。
ぐつぐつ
ぐつぐつ
煮えた砂糖水。塩水。泥水。
いらいらする。
良くない。
これは良くない。



つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「サトリン」 第二部目録 (2)
■■■■■ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2015/12/22 01:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
火剣「良い教師か。良い教師って何だろう?」
コング「女子生徒の盗撮をしない教師だ」
ゴリーレッド「待ちなさい」
コング「自宅に来た生徒を全裸にしない教師だ」
ゴリーレッド「風刺はもういい」
コング「風刺ではない」
火剣「大人に失望している少年少女に、こんな大人もいるものだと思わせることは凄く大事なことだな」
コング「頑張ろう」
ゴリーレッド「卒業しても会えますかがなぜ頭のおかしい子と思われるのか?」
コング「美少女生徒に卒業しても会えますかと言われて喜ばない教師は朴念仁だ」
火剣「最初からこいつバカかと思う人間が何を言っても失望はしない。やっぱりアホだったかと再認識するだけだ。しかし信頼している大人に心外な拒否をされたら絶望じゃ済まねえ」
ゴリーレッド「慎重と臆病は違う」
コング「煮えか。落ちたら終わりというヒロピンは好きなシチュエーション」
ゴリーレッド「何の話に飛んだ?」
コング「ぐつぐつ煮え立つ巨大な釜。落ちたらアウトという状況では強気に出れない」
ゴリーレッド「頭のおかしい大人か?」
コング「自分を晒すのが怖いと聞くと余計に晒し者刑を実行したくなるのは私だけではあr」
ゴリーレッド「延髄斬り!」
コング「NO!」
火剣「茶倉はずっとこうして葛藤してきたんだろう」
火剣獣三郎
2015/12/13 09:26
>火剣さん
思えば、大人を見直す前に、自分が大人になっていた私・・・。この先せめて、子供に失望されない大人でありたいものです。
教師の側からすれば、卒業しても会いたいと思われるのは喜びですが、茶倉は過剰に怯えてしまっています。

八武「茶倉は、もっと自分に自信を持つべきだ。」
山田「そう言ってくれる大人が当時、いなかったんだな・・。」
佐久間「多くの人間の、心の闇に対する辛辣さは言うまでもない。茶倉を裸に剥きたいという教師は大勢いても、心を受け止められる教師は希少だ。」
維澄「集団に馴染めない生徒がいた場合、多くの教師はそれを肯定しない。せいぜいが“馴染めるようにしてあげよう”であって、馴染めないこと自体を肯定しない。たとえ多数者の側に非があってもね。」
神邪「およそ教師というのは、多数者の意見を正義として掲げる人種なんですよね。僕は悪い奴だから、そんなものには納得しませんが。」
山田「多数決の原理に納得できないのが悪ならば、俺も悪人かもしれないな。」
八武「煮える心と、疼く肉体・・・待て山田くん、いやらしい意味ではない。いいかね、信頼している相手から拒絶されることは、心のマグマに落ちるのと同じこと。だから強くは出られないんだ。」
山田「真面目な話だったのか。」
八武「私は真面目なことしか言わない。自分に自信が持てるようになるには、傷つけられてきたのと同じ時間だけ、肯定されなければならない。それが治療者の義務だ。」
維澄「医者としての情熱に目覚めているときの八武は、これが本来のベストテンションなのかもしれない。」
アッキー
2015/12/13 22:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
「サトリン」 第十五話 約束のクリスマス 26 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる