佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 「サトリン」 第十五話 約束のクリスマス 19

<<   作成日時 : 2015/12/06 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

気が付いたときには、どこかに寝かされていて、両腕に違和感があった。
痛みと混乱で意識を失っていたらしい。どうやら病院にいるようで、折られた両腕はギプスで固定されていた。
「起きたかい。」
ナイフでリンゴの皮を剥いていたのは、40歳ほどの男性だった。白衣を着ているからには医者だろう。
「説明、説明、説明だ、説明。」
雨水一二(うすい・いちじ)と名乗った医師は、志織が老人の通報で運ばれてきたことを手短に告げると、小さく嘆息した。
「あの。」
志織は混乱したまま言った。
「エスパーって信じますか?」


- - - - - -


それから2年あまりが経過する。
この間に志織が、どのような人生を歩んできたかは詳細を割愛するが、このときの彼女の姿を見れば、おおよそ見当がつくかもしれない。
1978年の12月。膨らんだ腹を抱えて、志織は薄暗い産院にいた。
隣に父親はいない。父親が誰なのかはわかっているが、いてほしいときに隣にいない。
(いつから・・・こんなに・・・なっちゃったかな・・・)
何も好きで落ちぶれたわけじゃない。なのに今では、3年前が遠い。記憶が霞んでいる。
妊娠を知ったときは、ひたすら恐ろしかった。
堕胎するのも恐ろしかった。
子供を産むのも恐ろしかった。
(エスパーなんかを・・・追及しようって思ったのが・・・間違いだったのかな・・・)
あれから超能力について調べる中で、宮白希揃(みやしろ・きせん)という青年に出会った。同じ頃に、後に音楽家として名を馳せる十島育生とも会うことになった。
そして今、隣にいるのは、かつて彼らと浅からぬ仲だったという女性。
黒月真由良(くろつき・まゆら)。
彼女のおかげで志織は自殺せずに済んでいるようなものだ。
流れるのも、流されるのも、結局は同じことなのかもしれない。志織が真由良に救われているのと同時に、真由良が志織に救われているように。
腹に宿った子供は流れることなく、大晦日も近い頃に産声をあげた。
その同じ日に真由良も、早産だったが女子を出産した。
志織の産んだ子供は茶倉と名付けられ、真由良の産んだ子供は真弓と名付けられた。
2人のうち一方は、平穏な少女時代を歩み続け、もう一方は数奇な少女時代を送ることになる。
これから追っていくのは、後者の人生だ。




つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「サトリン」 第二部目録 (2)
■■■■■ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2015/12/22 01:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
火剣「エスパーって信じますか? 普通の人間は、たとえ目の前でエスパーらしき者を目撃したとしても半信半疑だろうな」
コング「界隈でエスパーは常識だが。普通の人間は僕と栞んくらい」
火剣「待て、俺様も正真正銘の人間だ」
ゴリーレッド「山田太郎殿も正真正銘の人間」
コング「どこがだ?」
火剣「雨水一二に診られたのか」
コング「2年? 志織は雨水に犯されたのか?」
ゴリーレッド「・・・懐かしい名前がどんどん出てくる」
火剣「十島育生、黒月真由良」
コング「ドラマ『コウノドリ』で毎週産声を聞いているが、やはり『アギャー、アギャー!』と泣いているな」
ゴリーレッド「確かにオギャーではなくアギャーだ」
コング「アギャー、アギャー!」
ゴリーレッド「うるさい」
コング「真由良も子を産んだのか」
火剣「志織の子が茶倉か」
コング「で、真弓の数奇な青春を辿るのか」
火剣「茶倉だろ」
コング「毛布にこだわる神邪の心を満たすためにも、クレオパトラプレイのシーンをぜひ」
ゴリーレッド「神邪ではなく自分の心を満たすためだろう」
コング「バレたか」
火剣「それだけ全裸の威力というのは凄い」
コング「もちろん美女及び美少女限定」
ゴリーレッド「シャラップ」
火剣「サザンの歌に楊貴妃やクレオパトラに誘われても断ると彼女一筋の思いが綴られているが、楊貴妃にクレオパトラプレイされたら落ちるかも」
ゴリーレッド「ややこしい」
コング「ややこ欲しい?」
火剣「茶倉の生い立ちや青春は凄く興味があるな」
コング「寝る時はz」
ゴリーレッド「そういうことではなく」
火剣獣三郎
2015/12/06 12:46
>火剣さん
腕を折られたとしても、普通は格闘技の早技だと考えるかもしれません。志織としても半信半疑でしたが、事情通の雨水に質問したら、返ってくる答えは当然YES。
それから数年して、茶倉生誕。彼女の人生が幕を開けます。

八武「ちょっと待ちたまえ、大事な部分が抜けている。」
佐久間「大事な部分? 性器のことか?」
山田「父親が誰かということだ。」
維澄「雨水ではないの?」
八武「両腕をギプスで固定された患者、そこへ医師。レイプシーンの前触れではないか。なぜ割愛した。」
山田「たとえ父親が雨水だとしても、レイプではないだろう。」
神邪「しかし彼は、嫌がる少年少女を裸に剥いた前科がありますが。」
山田「改心したんじゃなかったか?」
八武「どの時点で改心したかは明かされていない。」
佐久間「この時点では、あの頃と大差ない。」
八武「よっしゃ、レイプだ!」
山田「殴ろうか?」
八武「もとい、ここでも真由良が出演!」
神邪「こちらも父親は不明ですね。3人の誰かというところまでは確実ですが。」
佐久間「志織の方は、候補は4人だ。」
山田「4人?」
八武「ふむ・・。」
維澄「宮白希揃と十島育生も候補か。あと1人は、まさか・・」
佐久間「母親は明白でも、父親は不明。生き物とは因果なものよ。」
維澄「千里は知ってるよね?」
神邪「その手がありました。」
八武「千里眼欲しい。過去視でクレオパトラプレイを見たい!」
佐久間「平和だ。」
山田「死根也にしてはな。」
アッキー
2015/12/06 22:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
「サトリン」 第十五話 約束のクリスマス 19 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる