佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS クラメーションあるいは蔵目翔 8

<<   作成日時 : 2016/02/19 00:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

「セレス、何も説明してないのか?」
カタストロは朋萌のことを“セレス”と呼んだ。非難めいた口調ではない。
「そうです。さっき起きたばかりでしてね。あ、名前と年齢は教えました。」
「そうか。まあ、あらためて名乗っておこう。私はフィー・カタストロ。アルカディアのNO.10だ。」
澄んだ声だった。
年寄りの声と言えば、男でも女でも、濁ったしゃがれ声しか知らなかった。だから彼にとって、カタストロの声も、年齢を知ったときと同じく衝撃的だった。
弱々しくない程度に、スラリとした体つき。思わず抱き締めたくなった。
「好きだ!」
「んっ?」
カタストロは口をすぼめて目を見開いた。
すぐに元の無表情に戻るが、少し沈黙が流れた。
笑顔の少年。
唖然とした天道朋萌。
無表情のフィー・カタストロ。
「・・・えーと、アルカディアの説明してもいい?」
「うん。」
天道朋萌が沈黙を破り、彼が短く答えた。
「アルカディアというのは、エスパーや社会的弱者を集めた秘密結社よ。」
「かっこいい! 俺も入りたい! 入りたいったら入りたい!」
「そのつもりで連れてきた。」
「やった、やった! やったかたんたんたーん!」
カタストロの言葉に彼は、狂喜乱舞した。空間の足場を作って、そこら中を縦横無尽に駆け回った。
「それで早速、超能力の訓練をしようと思うわけだが・・・」
「やる!やる!やる!」
彼は目を輝かせて、カタストロの前で足踏みした。
この様子なら、訓練の意義を説明しなくても良さそうだ。
「その前に名前を聞こうか。」
「名前?」
彼は首をかしげた。
カタストロは口をすぼめて天道朋萌を見る。
「えーと・・・ああ、どうやら決まった名前は無いみたいです。」
「そうか。それなら“クラメーション”というのはどうだ? 声が大きいから、エクスクラメーションマークから取ってみたんだが。」
この名前でいいか、などと尋ねられることは、彼にとって初めての経験だった。今まで好き勝手に呼ばれてきて、許可を求められたことなんてなかった。こんな洒落た呼び方をされるのも初めてだった。
「うん。いいよ。」
上手く喜びを表現できずに、素っ気なく答えてしまったが、内心は爆発しそうなエクスタシーがあった。
満ち溢れた感情で、全身が震えていた。

こうして彼は名前を得た。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「サトリン」 第二部目録 (2)
■■■■■ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2016/02/21 05:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
火剣「セレス?」
コング「セフレ。そういう関係だったのか」
ゴリーレッド「セレスだ」
火剣「声か。確かにおばあさんは、しゃがれた声だ」
コング「わたしゃもう92でのう」
ゴリーレッド「若い女性の特徴として喋り方と声を変えない」
コング「智子山口も51歳と聞いてびっくりぽんだが、29歳のクリスマスとあまり変わっていない」
火剣「喋り、仕草、声が若い頃のままというのが共通点。あとはスリムなボディの維持。これが一番難しいが」
コング「努力は嘘をつかない」
ゴリーレッド「クラメーションは敵だ!が好きだ!に変わった」
火剣「エスパーはわかるが社会的弱者とは?」
コング「蔵目翔も社会的弱者には違わない」
ゴリーレッド「エスパー特訓をするのか。きっと無闇に超能力を使わない指導もすると思う」
コング「僕が西尾のような透視能力を得たら毎日街に出るね」
ゴリーレッド「悪用厳禁」
コング「悪用するでしょう、普通」
火剣「名前を得たクラメーション」
コング「フィー・カタストロでもナンバー10か」
火剣「これにて一件落着か」
コング「まだ朋萌の全裸シーンが出てこない」
ゴリーレッド「そんなシーンはない」
火剣獣三郎
2016/02/19 21:11
>火剣さん
口調を変えないというのは重要なポイントかもしれないです。年齢に自分を合わせるのではなく、自然体で若い口調だと、やはり若々しい。
このとき朋萌は44歳ですが、「サトリン」第十五話で登場したときも、あまり変わっていません。千里がクレアと名乗っているように、朋萌もアルカディアではセレスと名乗っています。

佐久間「イイ女は老けないのさ。」
山田「お前が言うと説得力が大きいが、大勢の女性を敵に回している気がする。」
八武「私は若々しい美女が好きだ。ゆえに整形技術を磨いた。」
神邪「改造手術で、世界中を美女・美少女だらけにするのが、ドクターの目標ですからね。」
維澄「地球が第二のオーパになるとき。」
佐久間「栞の楽園か。」
維澄「私は佐久間一筋だよ。」
佐久間「お前は両刀じゃなかったっけ?」
八武「SM的な意味で?」
山田「クラメーションの態度も裏表か。敵だと思ったのは興味の裏返しで、本当に敵だと思ったわけじゃない。」
神邪「超能力を悪用すると、アルカディアを敵に回すことになってしまうのでしょうか?」
山田「悪用しなければいい。」
八武「貴様それでも人間か!?」
山田「こっちのセリフだ。」
アッキー
2016/02/19 22:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
クラメーションあるいは蔵目翔 8 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる