佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 「レッドドラゴン」2巻

<<   作成日時 : 2016/10/07 00:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

デーモン聖典のラスボスではなくて、漢楚軍談リメイクです。(中華風だけ共通してるけど)

1巻感想




◎第5話 項羽と項梁とツッコミどころ満載の人々

殷通を殺しにかかる流れは史実通りだし、
項羽の強さは聞いていた通りなので、ここまでは驚かない。
当時は成人でもそんなに大きくないので、
2メートルを超すと言われている項羽が、これくらい強くても納得。

しかし七星将の登場から話がおかしくなってくる。
まず、七星なのに6人しかいないのは何故なんだ。
後で加わる英布の席なのかと思っていたが、どうやら違う?
それと鍾離眜がショタなんですが。ショタ離眜なんですが。
更に周蘭が女なんですが。いや確かに蘭って日本的には女名ですが。

項梁と范増は元気だなあw
いやまあ、実際このくらい意気軒昂な方が史実に近い気はするw
普通にカッコいいというか、好きだなあ。

そして今回最大のツッコミどころが、まさかの虞美人。

お前もロリかよ!?

・・・・・・いや待て、違う。項羽が2メートルを超す大男だということを頭に入れろ。
そしたら虞姫の背丈は、むしろ女性としては高い方になるはず。
劉邦の好みでない体型をしているから、ロリに見えただけだ。

ここ重要ね。作者は後の展開を考えて、虞姫を貧乳にしたんだろうなァ。
このマンガを読んでるような人は知ってると思うけど、
虞姫が劉邦に捕まったときがあるので、そこで劉邦に犯されたのではと
いけない想像を巡らした経験が、誰しも覚えがあると思うんですよね。
それを防ぐ為に予防線を張っておいた、作者の健全さ。
ただ健全なだけだと裏切りだけど、きちんと伏線を張った健全さは誠実。




◎第6話 夫の留守を守るのは妻の役目(高笑いしながら)

張良が1巻冒頭(カラーページ)と人相が違うのは、
始皇帝暗殺で仲間を失ったり追われたりしたせいだろうな・・・。

で、早速やって来る秦軍の進軍。
誰が来ると思えば、季由・・・!?
強キャラ感とカマセを一話でこなすとか、ある意味オイシイ・・・。
まあ、横山センセーが省略しすぎなんだけど。

そして重装騎兵隊が強すぎて困る。
敵ながら惚れ惚れするなァ・・・。

しかしながら、張良も味方につけて破竹の勢いの劉邦軍。
やっぱ蕭何は有能よな・・・。功労者よな。
そして呂雉たんが楽しそうで何よりです。踏んでください。
ここで妹の呂須も登場。あまり似てない姉妹ですね(どこがとか言ってはいけない
何気に灌嬰も出てるし。いつの間に仲間になったんだ。
なんかエルヴィン・スミスに顔が似てる・・・?

項羽なら五百の兵で十分というのは、あながちハッタリじゃないから困る。
例の旗本から精鋭を選りすぐって正面突破でイナフ。戦術って何だろう。




◎第7話 比べてわかる項羽のデカさ

呂須に一目惚れする樊噲。
奚涓とイチャイチャする廬綰。
劉邦勢力は、おっぱい星人が多いなあ。
奚涓はホントいい乳してやがるぜ・・・!

ようやく登場した、曹参と夏侯嬰。
顔を見せないからどうしたのかと思ってたら、ちゃんと居たw

呂雉たんセクシーな恰好で頑張るの巻。
胸元を大きく開いてるのが、泣けてくるな・・・。
個人的には劉邦にお姫様だっこされたときの脚が良いと思いました。

男と男は拳で語り合う、みたいに剣で語り合う脳筋の項羽。
まあ確かに廬綰って、項羽と打ち合えるくらいの強さはあるよね、何気に。
そして項羽が廬綰に杯を勧めているときの身長差から考えると、
やっぱり虞姫の背丈は子供ではない。




◎第8話 馬上でのイチャイチャは大変危険ですので真似しないでください

この宋義、いいキャラしてるなあ・・・なかなか濃いよw
細目で僕で大人しそうに見えて、やっぱそういうキャラだよね。後の展開的に。

武信君って、孫武と信陵君から来てたのかー。でも呉って楚的には敵方・・・いやなんでもない。
それにしてもこの項梁ノリノリである。

楚王は米心でインプットされてたから、羋心は気付けなかった・・・不覚。
ほぼ横山マンガの知識しか無いからな私。

そして今回のツッコミどころ。
英布がwwツッパリとかwwwwwwクソワロタwwwwwwラストで腹筋躍動wwww




◎第9話 麿まろ

うーん、頭悪いw
拳ナックルとか腕力パンチくらい頭悪い。
だけどそのセンス、嫌いじゃないぜ・・・。
(疾風のゲイルや王虎ワンフーを見つめながら)

そんなわけで、英布が仲間になりました。何だこのコントはw
劉邦の仲間になってるのは、これも作者の配慮かな?
英布ヘッドハンティングが胸痛すぎると思うのは私だけではなかった模様。

で、秦国。もう李斯が処刑されてるという、展開の早さ。
端折るところは遠慮なく端折ってくるな・・・。

そろそろ趙高が出てくると思ったら、何これwwwwwwwwwwwwwww
細っwwwマジ細っwww不気味系の美形とかwwwこれは読めなかったwwww
そしてヤンデレとか・・・・・・濃いよ・・・秦メンバーみんな濃いよ・・・。

いやまあ、章邯は横山版とは逆に控え目な感じになってますが。
董翳がアレだったから、章邯とかどんだけと思っていたら割と普通。でも有能。これな。




最新号では章邯が大活躍中!
3巻は冬に出るらしいよ!

劉邦、また女装しないかな・・・。今度は踊り子とかどうですか。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「レッドドラゴン」3巻 〜巨星落ちて龍昇る〜
呂雉の出番が少ないので、せめて表紙を飾ろうという計らいに泣かずにはいられなかった(何の話 ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2017/03/30 00:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「レッドドラゴン」2巻 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる