佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 決闘祭!   Act 54 蠱惑

<<   作成日時 : 2017/03/16 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

◆ ◆ ◆



低く唸るような駆動音が響く中、鋼鉄の床をDホイールが駆け抜けていた。
今頃、試合会場は湧き立っている頃だろうかと思いを馳せつつ、佐野春彦は疾走する。

こちらの観客は物言わぬマシンであり、もはや観客とは呼べない存在だ。
迫り来る機皇兵たちを《E・HEROワイルドジャギーマン》で掃討しつつ、佐野はダンジョンの深部へ向かう。


たった独りで―――



◆ ◆ ◆



「きぃっひゃっひゃっひゃ、何やってんだよソラシドの奴! これだから下っ端は使えない!」

待機している幼女が、狂ったように叫ぶ。
ソラシドは忌々しそうに顔を歪め、振り払うようにカードを引く。

「私のターン、ドロー!」

赫夜無法:SC4→5
ソラシド:SC4→5



ドローしたカードを見て、彼女に笑顔が戻った。

「いいカードを引いたわ!」


赫夜無法:LP5800、手札2、SC5
場:青眼の究極竜(攻3800)、デビル・フランケン(守0)、ワーム・リンクス(攻0)、偉大魔獣ガーゼット(攻7300)
場:伏せ×2

ソラシド:LP7200、手札4、SC5
場:カシエルM(攻1300)、カシエルA(攻4900)、カシエルG(攻800)
場:一族の結束(永続魔法)



「《団結の力》をカシエル・マイナスに装備!」


《カシエルM》 (攻1300・守500→攻3700・守2900)
《カシエルA》 (攻4900→7300)



「カシエル・アトミックの攻撃力は、お前のライフを超えたわ。どう? この一撃で敗北するかもしれない恐怖は!」

「教職者は常に恐怖を感じていますよ。来るなら来なさい、全てを受け止めてあげます。」

赫夜は余裕綽々の態度を崩さないばかりか、手を広げて微笑む。
嫌悪で表情を歪めたソラシドは、そのまま指を向けて攻撃を宣言した。

「・・・カシエル・アトミックで、リンクスを攻撃よ!」

《ワーム・リンクス》 (破壊)


しかし赫夜は余裕の笑みのままリバースカードを開く。

「罠カード《ガード・ブロック》! ダメージを0にして、カードを1枚ドローします。まだ僕の授業は終わりませんよ。」

「カードを3枚伏せて、ターンエンドよ!」


赫夜無法:LP5800、手札3、SC5
場:青眼の究極竜(攻3800)、デビル・フランケン(守0)、偉大魔獣ガーゼット(攻7300)
場:伏せ×1

ソラシド:LP7200、手札0、SC5
場:カシエルM(攻3700)、カシエルA(攻7300)、カシエルG(攻800)
場:一族の結束(永続魔法)、団結の力(装備魔法)、伏せ×3



「僕のターン、ドローです。ガーゼットでカシエルMを攻撃します。」

魔獣の拳が∞の上半分を砕こうと動くが、そこへ魔法が放たれ縮ませる。

「かかったわね、速攻魔法《収縮》で、ガーゼットの攻撃力は0よ!」


《追い込まれたように見えたソラシド24歳、したたかに罠を張っていたーーー!!》

《いいねえ、実に俺好みだ。愛人にならないかい?》

《山本首相、またしても堂々と浮気宣言! 最低です、最低のクズです!》


《偉大魔獣ガーゼット》 (破壊)
赫夜無法:LP5800→2100



「1000以上のダメージを受けたことで、僕は手札から《精霊王ルクランバ》を特殊召喚する。」

「・・・っ」

「そして究極竜でカシエルMを攻撃!」

「罠カード《カースド・リボン》! カシエル・ギフトをマイナーチェンジよ!」


カースド・リボン (罠カード)
「カースド」カードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):900ライフ支払って発動する。
自分フィールド上の、特殊召喚されてから1ターン以上が経過した「カシエル Gift」1体を墓地へ送り、
手札・デッキから「カシエル Gift99」1体を特殊召喚する。



ソラシド:LP7200→6300、手札0→2



カシエル Gift99 レベル−2 闇属性・機械族
攻撃力900 守備力900
このカードは通常召喚できない。「カースド」カードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):自分フィールド上の「カシエル」モンスターは、相手のカードの効果を受けず、対象にならない。
(2):「カシエル」モンスターが戦闘で破壊されたとき、デッキからカードを2枚ドローする。



《カシエルM》 (破壊)
ソラシド:LP6300→6200
《カシエルA》 (攻8200→4500)



赫夜無法:LP2100、手札3、SC6
場:青眼の究極竜(攻4500)、デビル・フランケン(守500)、精霊王ルクランバ(守2000)
場:伏せ×1

ソラシド:LP6200、手札2、SC6
場:カシエルA(攻4500)、カシエルG99(守900)
場:一族の結束(永続魔法)、伏せ×1



「ルクランバを生贄に、手札から3体の《イピリア》を特殊召喚し、3枚ドローします。」


精霊王ルクランバ レベル8 地属性・爬虫類族
攻撃力1000 守備力2000
(1):自分が1000ポイント以上のダメージを受けた時に、手札からこのカードを特殊召喚できる。
(2):表側表示のこのカードを生け贄に捧げることで、
自分の手札から攻撃力が2000以下になるように、モンスターを特殊召喚できる。


イピリア レベル2 地属性・爬虫類族
攻撃力500 守備力500
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚された場合、
このカードのコントローラーはデッキからカードを1枚ドローする。

イピリア レベル2 地属性・爬虫類族
攻撃力500 守備力500
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚された場合、
このカードのコントローラーはデッキからカードを1枚ドローする。

イピリア レベル2 地属性・爬虫類族
攻撃力500 守備力500
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚された場合、
このカードのコントローラーはデッキからカードを1枚ドローする。



「リバースカード《うずまき》を発動。」

「・・・っ、しまった!」

ソラシドは青ざめたが、もはや遅い。
全ての常識が覆る。


赫夜無法:LP2100→1050
ソラシド:LP6200→3100



「《イピリア》1体を生贄に、《メガキャノン・ソルジャー》召喚です。」


メガキャノン・ソルジャー レベル5 地属性・機械族
攻撃力1900 守備力1200
自分フィールド上に存在するモンスター2体を生け贄に捧げる度に、
相手ライフに1500ポイントダメージを与える。



《そういうことかーーー! ただの《キャノン・ソルジャー》では、スーパーエキスパートルールでは攻撃力400のダイレクトアタッカーに過ぎない! しかしメガ盛りとなった上位種は、そんなルールには縛られない!》


「2体の《イピリア》を生贄に、1500ダメージを与えます。」

「くっ・・・!」

ソラシド:LP3100→1600


「そして僕の手札2枚は魔法カード。スピード・ワールドの効果で1600ダメージ、これにて授業終了です。」


「・・・っ、最後に《カースド・クリア》発動よ! この屈辱は、後で倍にして返してやるわ!」

ソラシド:LP1600→800→0



カースド・クリア (罠カード)
「カースド」カードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):ライフの半分を支払って発動する。
自分フィールド上の、特殊召喚されてから1ターン以上が経過した「カシエル Atmic」1体を
墓地へ送り、手札・デッキから「カシエル Atmic235」1体を特殊召喚する。


カシエル Atmic235 レベル−5 闇属性・機械族
攻撃力2350 守備力900
このカードは通常召喚できない。「カースド」カードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力は自分フィールド上の他の「カシエル」モンスターの攻撃力分アップする。
(2):このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。そのときの戦闘ダメージは2倍になる。



「きぃーひゃっひゃっひゃ! どけ前座、このラブリー&ダブルピースなミーファちゃんが、仇を取ってあげるよ!」

「・・・不毛な悪口ね。“自分”に向かって。」

「きひっひ、補助器具つけてよ、足短いんだから。あと抱っこして。」

幼女は歯を剥いて笑い、Dホイールに乗せてもらった。
そしてオートパイロットシステムの赴くままに、出撃する。

「ミーファちゃんのターン! ドローフェイズはスキップされちゃう!」


“呪われた宝札”(セルフサービス) レベル−1能力(所有者:ミーファ)
自分の最初のドローフェイズをスキップする。



赫夜無法:SC2→3
ミーファ:SC6→7


「おカネ持ってそうなステキなオジサマ? いきなりミーファちゃんの即死コウゲキだよ! スピード・ワールド!」

ミーファ:SC7→3


「元気な小学生ですね。《ハネワタ》を捨ててダメージは0です。」


赫夜無法:LP1050、手札1、SC3
場:青眼の究極竜(攻4500)、デビル・フランケン(守0)、メガキャノン・ソルジャー(攻1900)
場:うずまき(永続魔法)

ミーファ:LP4000、手札5、SC3
場:カシエルA235(攻4850)、カシエルG99(守900)
場:一族の結束(永続魔法)



「ん〜、ざんねん。カシエル・アトミックでドラゴンをコウゲキしたら、サクリファイス・エスケープされちゃうし、ダイレクトアタックしても、きっとフェーダーがあるんだよねオジサマ?」

上目遣いで赫夜を見つめるミーファだが、通じる様子が無い。
ムッとして手札からカードを場に出した。

「きぃっひゃひゃひゃ、カードを2枚伏せて、《サイバー・ドラゴン・コア》しょーかん! このイミ、わっかる〜?」

「・・・《メガキャノン・ソルジャー》の効果で、自身と《デビル・フランケン》を生贄に、1500ダメージを与えます。」

ミーファ:LP4000→2500


「そうそう、そうするしかないよねオジサマ? カシエル・アトミックでアルティメット・ドラゴンにコウゲキ!」

《青眼の究極竜》 (破壊)



「手札から《クリボー》を捨てて、ダメージ0です。」

「あっれれ〜、読み違えちゃったぞ〜。でもカンケイないねっと! 《サイバー・ドラゴン・コア》で直接コウゲキ!」


赫夜無法:LP1050→0



《赫夜先生、ここで敗退! チーム・スターライト、これで後が無くなった! しかし最終走者は匿名希望、地下デュエル界のアイドル、覆面デュエリストのノロシちゃんだーーー!!》

「ノロシちゃーん!」
「がんばれー!」
「結婚してくれー!」

客席には、地下デュエル時代からのファンたちがいる。
しかしノロシこと風堂深泥(ふうどう・みどろ)は、緊張のあまり吐きそうだった。

(何で私がこんなところに・・・)

大歓声の中を突っ走るのは、引き籠もりにとって拷問だ。
覆面とマントが無ければ、気絶していた自信がある。
ここに連れてきた竜堂を、彼女は激しく怨んだ。お腹が痛い。


だが、デュエルが始まった以上は、それに集中するのが礼儀だ。

「私のターン、ドロー!」

手札とスピードカウンターが増え、意識がゲームに向かう。


風堂深泥:LP4000、手札6、SC4
場:
場:うずまき(永続魔法)

ミーファ:LP2500、手札2、SC4
場:カシエルA235(攻4850)、カシエルG99(守900)、サイバー・ドラゴン・コア(攻1200)
場:一族の結束(永続魔法)、伏せ×2



「えっと、《エアジャチ》を召喚。手札の《フライファング》をコストに、《一族の結束》を除外します。」


《一族の結束》 (除外)
《カシエルG99》 (攻1700→900)
《カシエルA235》 (攻4850→3250)
《サイバー・ドラゴン・コア》 (攻1200→400)



《見慣れないモンスターだが、これぞノロシちゃんの【除外海産物】だ! 良い子のみんなは知ってるよね!》


エアジャチ レベル3 風属性・海竜族
攻撃力1400 守備力300
(1):1ターンに1度、手札から魚族・海竜族・水族モンスター1体をゲームから除外する事で、
相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して破壊する。
その後、このカードを次の自分のスタンバイフェイズ時までゲームから除外する。



「あ、それで《エアジャチ》は除外されますが、手札から《ウイングトータス》を出します。」


ウイングトータス レベル3 風属性・水族
攻撃力1500 守備力1400
自分フィールド上に表側表示で存在する
魚族・海竜族・水族モンスターがゲームから除外された時、
このカードを手札または自分の墓地から特殊召喚する事ができる。





風堂深泥:LP4000、手札3、SC4
場:ウイングトータス(攻1500)、キメラテック・フォートレス・ドラゴン(攻3000)
場:うずまき(永続魔法)

ミーファ:LP2500、手札2、SC4
場:
場:伏せ×2



「ふぇ!? なんで【除外海産物】にフォートレスが入ってるの!?」

「あ、その、スーパーエキスパートルールでは、融合モンスターカードを用意しておく必要はありません!」


《これは見事な戦術だーーー! 赫夜先生が《うずまき》を使ったことを利用した! 教師冥利に尽きることでしょう!》


「カードを1枚伏せて、ば、バトル! 《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》で直接攻撃でしゅ!」

噛んでしまった。
恥ずかしさで顔が赤くなるが、幸いにも仮面のおかげで見えない。

(だ、大丈夫。マリクさんだってバトル・シティでは噛んでたって話だし・・)

厳密に言えば、噛んでいたのではなく舌足らずなのだが、風堂にとっては慰めになっていた。
デュエルが強ければ、それが正道。

「スーパーエキスパートルールでは、融合モンスターは召喚ターンにコウゲキできないよ!」

「あ、そ、そうでした、《死者蘇生》で《精霊王ルクランバ》を蘇生して、《ウイングトータス》と一緒に攻撃です!」


ミーファ:LP2500→1500→0



「や、やってくれたなー!」

「ひっ・・・あの、すいません!」

幼女に凄まれてビクッとなってしまう自分を、風堂は情けなく思った。
だが、デュエルは別だ。勝利したのは間違いない。

あと、1人。


「だけどドーラがスピード・ワールドを使えば、こっちの勝ちだ!」

「任せな。」

ミーファをDホイールから下ろしたのは、大柄な老女だった。
彼女はDホイールに跨ると、悠々と発進させる。

「30秒で心を落ち着けな。」


風堂深泥:LP4000、手札1、SC4
場:ウイングトータス(攻1500)、キメラテック・フォートレス・ドラゴン(攻3000)、精霊王ルクランバ(攻1000)
場:うずまき(永続魔法)、伏せ×1

ドーレ:LP4000、手札5、SC4
場:
場:伏せ×2




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
決闘祭!   目録
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2017/03/16 00:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
決闘祭!   Act 54 蠱惑 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる