遊戯王のマンガとアニメ

マンガとアニメは表現媒体として相互互換である。 個人的な好みとしてはマンガに軍配があがるが、 それは好みであって互換性ではない。 たとえ好みの優劣があったとしても、 片方だけでいいとは思えない。 ゆえに互換性での上下は無いのだ。 そもそも表現媒体としての文法が異なるし、 アニメ化されてないマンガや、 アニメのみ存在す…
コメント:0

続きを読むread more

お久しぶりのリヴァイアさん

教訓:縛りプレイはクリア後に ひとまず完全クリアを目指して、 シド、シロマ、クルクルから。 シドタワーは例によって10Fループがあるので、 とにかく10Fに辿り着くが肝心。 魔本、ストーン系、地雷設置を組み合わせて進行。 10Fでは小刻みにヒット&アウェイを繰り返して、 途中で元気の消耗に怯えながらも、 …
コメント:0

続きを読むread more

気象病には「テイラック」!

気象病について調べていると、 小林製薬の「テイラック」が最近 よく検索ヒットするようになっていた。 モノは何かというと、どうやら漢方薬らしい。 元々、二日酔いの症状などを抑えるべくして 粉薬として発売されていたものを、 錠剤として固めて、パッケージ新たに 気象病の薬として売り出しているとのことだ。 急ごしらえでな…
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン119話 ラビリィと夜のラビリンス

あまり知られてないことだが、 NHKの通風孔には、四次元構造のダクトがあり、 そこを通ったウサギは急成長し、 人語を解するようになるという―――・・・ ・・・という「人体」(NHK)の都市伝説よろしく、 ライブ対決の裏で繰り広げられる怪奇譚。 分かっていたことではあるけれど、 やっぱり単なるVR空間じゃないんだ…
コメント:2

続きを読むread more

遊戯王SEVENS 第17話 シュレディンガーのデュエルにゃん!

それでこそルークだ! それでこそルークだ! 二回言ったのには訳がある! 言葉は繰り返される、 一度目は篤い信頼として、 二度目は天丼ギャグとして――― てなわけで摂理の庭とやらに入り込んだ、 遊我、ルーク、会長、ロミン。 ついでに成り行きでミミさんもいるけど、 ロミンよりもガチでスパイな存在なあ。 今のと…
コメント:0

続きを読むread more

災いは、忘れる間もなくやって来る

12号ドルフィンが遠ざかっていき、 精神状態も良くなっていくと想定していたら、 より悪い状況が待ち受けていた。 かれこれ18時間も気絶していたのか・・・。 これほど長時間は久々だが、相変らず怠い。 あちこち体は軋むし、頭痛と吐き気が酷い。 気絶している間も、おぼろげに意識はあって、 思考のヘニーデに神経が摩耗する。 …
コメント:0

続きを読むread more

ドルフィンが飛んだ日

ゲームは時間を吸うが、それ以上に苦痛を吸い取ってくれる。 昔どこかで聞いた名言を、具体的に味わってきました。 頭痛、吐き気、動悸、フラッシュバック、思考の多動で、 のたうち回りながら辿り着いたのは、ゲーム機の前! 運命が・・・言っている・・・ゲームを、せよと・・・ というわけでチョコボ2の縛りプレイを 再開しよう…
コメント:0

続きを読むread more

グッド・ガイ・ソウル

この時期になったら、「寒い」と思ってはいけない。 さもなくば体感温度が、その度に0.3℃ほど 下がってしまうから――― 子供の頃は、秋といえば 涼しくて過ごしやすい季節だと思っていましたが、 気象病になってからは、台風ラッシュが厳しく、 吐き気と頭痛が隙の無いシフトを敷いている日々です。 それでも、気温は過ごし…
コメント:0

続きを読むread more

疲れ切った脳は別人

「これだ!」と、記事の内容を考えると、 自動的に頭の中で文章が構築されていくが、 いざ書く段になると疲れ切って「また今度」となり、 そのうちタイミングを逃して書きそびれる、 という経験が誰しもあると思います。 特に今現在は秋雨前線と低気圧のコンボで うっかりすると悪想念に引きずられたり、 そうでなくても、どっちらけの思…
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン118話 MIRAI IN PRISMWORLD!?

きみはプリチャンの得意なフレンズなんだね! とばかりに特異点に引き寄せられる桃山みらいの ワンラーランドならぬプリズムワールドご招待ッ!! 世界はプリズムワールドという暗黒空間に浮かぶ、 ひとときの泡沫でしかなく、それゆえに尊い輝きを放つ。 それを人は、プリズムの煌めきと呼んだ!! プリズムジャンプは心の飛躍! …
コメント:3

続きを読むread more

遊戯王SEVENS 第16話 RUSH対WASH!

本日の迷言:「汚れなければ洗えない」 HAHAHA、見ろよトム? とんだマッチポンパーもいたもんだ! というわけで、哀れな姿になったカイゾーが 更に哀れな姿になった状態で適地潜入! フェアは6秒前に終わったって、 なんてアンフェアなフェアなんだ! どう考えても遊我たちを足止めする罠ですがw てなわけで…
コメント:4

続きを読むread more

そして過去作を振り返る

かつて自分が書いたものを振り返るのは、 意外と(意外でもない?)意欲を高めてくれます。 過去作を励みにするのは、 かつての栄光に縋るとかではなく、 これほど面白いものを書いていたのかと思うと、 自信が湧いてくるんですよね。 自分が面白いと思うものを書くことの意義も、 ひとつは、これなのだと実感します。あらためて…
コメント:0

続きを読むread more

詰まったときのキャラ頼み (雑談)

アッキー「恋人同士のプレイって、何がありますかね?」 八武「恋人同士のレイプ? つまり、デートレイプ。」 山田「真顔で何を言ってるんだ貴様は。」 アッキー「エッチなことに限らず、恋人同士のアレコレお願いします。」 佐久間「どういう風の吹き回しなんだろう。まさかアッキーに恋人がいるはずもないし、創作における弱点を我…
コメント:0

続きを読むread more

な、なんて簡単な料理なんだ!

最近ちょっと“できない”にばかり目がいって、 このままでは自信喪失しかねないアッキーは、 “できる”記憶を掘り出す作業を始めた! ・・・というか、食欲減退で体が弱っているので、 食べ物に関する話をして、食欲を取り戻そうとか、 そういう類の試みであります。 ◎鍋物 水炊きッ!! これほ手軽な料理もあるまいッ!…

続きを読むread more

BJによろしくない

「しまった!ハナミズが在庫切れだっ!」      (「県立地球防衛軍」まっする日本) アッキーの知る限り、ロールシャッハ・テストが いっとう真面目な形で使われているマンガは、 「県立地球防衛軍」(著:安永航一郎)である。 まっする日本は、それまでの戦いで鼻汁を出し尽くし、 新たなるロールシャッハ図形を作り…
コメント:0

続きを読むread more

いつでも心に二律背反を

きっとさ、“ほんとう”の心なんてないんだよ。 迷ってるときに耳元で 「あなたの本心はこうだ」って言われると、 その気になってしまうんだ。                (「千年狐」王霊孝) 双極性障害の自覚を、より強く持つことで、 病状こそ改善しないものの、客観視は進んだ気がします。 子供の頃に分かりか…
コメント:0

続きを読むread more

プリチャン117話 今年こそ、みらいにあげたい、バースディ

ケーキ作りに、えもちゃん頑張る! 特大キラッチュケーキを見ていると えもちゃんが相対的に不器用に見えるけど、 これが普通だからね! というか、えもちゃん上手な方だからね? 0.1グラムでも、っていうのは実際、 モノによっては大袈裟でもなかったりする。 えもちゃん大雑把なとこあるのを見抜いて 順当にステップを踏…
コメント:2

続きを読むread more

遊戯王SEVENS 第15話 カイゾー死す!?

などというテロップが流れたときは いったい何事かと思ったわけですが、 明かされる衝撃の真実・・・!? 確かに前回ちょっと様子が妙だったけれど、 バッテリー切れでバテていると思ってたし、 遊我の推論も同じだったからスルーしてた。 というか、カレーのインパクトで流されてた。 いつになく有能なカイゾー・・・かと思っていた…
コメント:2

続きを読むread more

進撃の巨人 第132話 ~変態の花道~

声が・・・聞こえる・・・ 「オレを可哀想な感じに死なせないでくれ」 「全てのものには終わりがある、だからこそその中で輝くのさ」 「自己犠牲じゃない、ちょっと大人になるだけだ」 「わかるだろうリヴァイ」 「ようやく来たって感じだ・・・」 「私の番が」 22巻感想 23巻感想 24巻感想 25…
コメント:0

続きを読むread more

2020年10月
            1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード