亡霊たちへの鎮魂歌 72

愛しい狂気よ、世界に災いと死を振り撒け。
下卑た狂気よ、不条理を結末へ塗り込めろ。

青白い月が照らす、どことも知れぬ、常世とも似つかない世界で、片羽の天使は祈っていた。
枯れた草が繁る大地から、ほんの少しだけ浮かんで、彼女は微笑みを浮かべていた。
真っ白な薄絹を身に纏い、黒い靄を引き連れて、双眸は見えず、口元だけが歪んでいる。
左の翼は毟られて、右の翼は傷だらけ。飛ぶ為の役割を果たしていない、穢れた両翼。

どこからか、葬送曲が聞こえてくる。
十億哩の女に八つ裂きにされて、なお歌い続ける、壊れたレコード。
誰かに聞かせている。
誰に。
黒月繭里に。
邪神を愛し、身を捧げた女。
邪神を愛し、心を捧げた女。
光のウサギの成功作。フォトン特化の量子干渉能力者。
葬送曲を聴いている。
クリムゾンの葬送曲を。

   緋色に塗れた裏切りの
   血で血をあがなう階段で
   ひとつひとつの足音が
   かつんこつんと響きます

   あああ あああ

   良い歌声は紅く飛ぶ
   架の哭声は青白く
   螺旋は巡る

   良い歌声は紅く飛ぶ
   死を司る青き海
   灰を撒いて
   帰る 還る

   良い歌声は紅く飛ぶ
   きん きん きん きん

   良い歌声は紅く飛ぶ
   きん きん きん きん

   どろどろの光が
   青白い水が
   流れる銀が
   とうとう階段を浸し尽くす

   良い歌声は紅く飛ぶ
   水の中でも 泥の中でも

   良い歌声は紅く飛ぶ
   光の中でも 沼の中でも

   ざらざらした銀の中でも
   ざらざらした石の中でも

   良い歌声は紅く飛ぶ
   歩くより速く
   歩くより早く
   階段を伝わり
   死者のもとへ向かう
   死者のもとへ向かう

   良い歌声は紅く飛ぶ
   けれど決して
   死者のもとへは
   届かない 届かない

   良い歌声は紅く飛び
   死者のもとへ向かう
   向かい続ける

   永遠に 向かい続ける



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年11月12日 20:32
火剣「狂気は文学の重要なテーマでもある」
ゴリーレッド「狂気を描く文学作品や映画は多い」
コング「なぜ天使は翼を毟られたのか」
ゴリーレッド「よし黙れ」
コング「まだ何も言っていない」
ゴリーレッド「ふざけた解読をしたら泣かす」
コング「女が八つ裂きにされて?」
ゴリーレッド「書いてない」
火剣「黒月繭里? 意味ありげな歌詞だな」
コング「おおお! これは驚くべき歌詞だ。神邪を愛し、身を捧げた女?」
ゴリーレッド「延髄斬り!」
コング「だあああ!」
ゴリーレッド「邪神だ。不謹慎男は困る」
火剣「死者のもとへ向かうか。本当に不思議な歌だ」
ゴリーレッド「良い歌声は紅く飛ぶ。一見意味がわからない歌詞は返って印象に残る」
火剣「これだけ繰り返しているんだ。深い意味があるんだ」
ゴリーレッド「死者のもとへは届かない・・・か」
2014年11月12日 22:54
>火剣さん
カッセルの鎮魂歌は訴えるような激しさがありますが、それと対照的にクリムゾンの葬送曲は、静かに幻想の世界を描いています。
頭に浮かんだインスピレーションのままに歌詞を紡いだので、私自身も解読できないものです。

山田「鎮魂歌と葬送曲か・・。」
維澄「死者へ届けるのは、鎮魂歌の方だということかな。」
佐久間「自分の唄が死者へ届くか否か。そこにラプソディアとクリムゾンの思想の違いが現れている。真由良はラプソディアと同質だ。」
八武「邪神に身を捧げるという言葉に胸がときめくのは私だけではないだろう。」
維澄「そう言えば、真由良は以前に愛した男がいたということだけど、邪神って、ノットー?」
佐久間「そう、ノットー。飛鳥井大佐の本名だ。そしてデュエル世界では神邪と対応している。」
神邪「えっ、そうなんですか?」
八武「なんと、コングの鋭い直感。」
神邪「確かに僕の精霊は《邪神アバター》ですが、女性にはモテませんよ。」
佐久間「モテることが本質じゃない。本質は、もっと深いところにある・・・それこそ、このセッションが持つ意味のように。」

この記事へのトラックバック

2019年11月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード