勇者「何度でも立ち向かってやる」

魔王♀ 「よく来たわね勇者、和解しましょう。」

勇者♂ 「黙れ! その手には乗らんぞ!」

戦士♂ 「そうだ、俺たちは魔王を倒して平和を取り戻すんだ!」

魔法使い♀ 「炎獄魔法!」

僧侶♀ 「防御魔法!」

魔王 「暑いわ。」

勇者 「・・・効いてないのか?」

魔王 「服を焼きたかったの? 和解よりも和姦の方がいいかしら。」

僧侶 「けがらわしい淫魔め!」

魔王 「毛皮らしい? 確かに私の服は毛皮だけれども。」

戦士 「舐めやがって、これでも食らえ!」

魔王 「痛いわ。」

勇者 「やはり魔王を倒せるのは勇者の一撃ということか!」

勇者 「神聖魔法剣!」

魔王 「さっきより痛いわ。」

勇者 「・・・効いてないのか?」

魔法使い 「そんなはずは・・・・・・」

魔王 「効いてるわよ。」

魔王 「炎獄魔法のダメージを0、戦士の斬撃を1としたら、2ダメージを受けたわ。」

勇者 「くっ、馬鹿にしやがって・・・!」

魔王 「無意味な争いはやめて、和解しましょうよ。」

魔王 「人と魔族が仲良くする社会を目指すべきだわ。」

勇者 「黙れ・・・!」

勇者 「どれだけの同朋が貴様に殺されたと思ってる!?」

戦士 「数えたこともないだろうがな!」

魔王 「なるほど確かに・・・そうね。」

魔法使い 「火に強いなら、氷縛魔法!」

魔王 「冷たいわ。」

魔法使い 「雷撃魔法!」

魔王 「痛いわ。」

魔法使い 「光魔法!」

魔王 「眩しいわ。」

魔法使い 「闇魔法!」

魔王 「気持ちいいわ。」

僧侶 「・・・っ、どういう原理なんですか・・・!」

僧侶 「わたしがもっと賢ければ・・・!」

魔王 「無駄なことはやめましょう。」

勇者 「無駄かどうかは、お前が決めることじゃない!」

魔王 「そうね。」

勇者 「少しずつでもダメージを与え続ければ、必ず倒せる!」

魔王 「その通りよ。私は別に不死身でも無敵でもないわ。」

魔王 「だけど、無意味よ。」

魔王 「暗黒魔法。」

勇者、戦士、魔法使い、僧侶 「「「「うあああああああああああああああ!!!」」」」

魔王 「暗黒魔法。」

魔法使い、僧侶 「「魔法返し!!」」

魔王 「あ、やばい」

戦士 「魔王の下半身が吹っ飛んだぞ!」

魔王 「・・・かなり痛いわ。」

戦士 「これでも食らえ!」

魔王 「痛いわ。」

勇者 「神聖拳!」

魔王 「痛いわ。」

魔王 「回復魔法。」

勇者、戦士、魔法使い、僧侶 「「「「・・・!??」」」」

魔王 「回復したわ。」

勇者 「下半身が再生した・・・!」

魔王 「せめて下着を穿きたいわ。」

戦士 「どうすれば・・・」

魔法使い 「そうだ、魔法封じよ!」

僧侶 「だけど、それを使うと、こっちも魔法が使えません!」

魔法使い 「背に腹は代えられないって・・・やるしかない!」

僧侶 「わ、わかっりました・・・・・・」

魔法使い、僧侶 「「魔法封じ!!」」

魔王 「魔法が使えなくなったわ。」

勇者、戦士 「「交差攻撃!」」

魔王 「痛いわ。」

僧侶 「この異常な耐久力が魔王の真髄かもしれないですね・・・。」

魔王 「違うわ。」

魔法使い 「魔力を込めた杖!」

魔王 「痛いわ。」

僧侶 「聖水!」

魔王 「濡れたわ。」

魔王 「系統の異なる魔法を使うわ。邪神魔法。」

勇者、戦士、魔法使い、僧侶 「「「「それを待っていた!!」」」」

魔王 「え?」

魔王 「あ、反射され・・・」

魔王 「かふっ」



勇者 「・・・・・・魔王を倒した。」

戦士 「ヒヤヒヤもんだったな。」

魔法使い 「事前調査で、魔王の耐久力は知っていたから」

魔法使い 「それを魔王自身に打ち破ってもらう為に、反射の練習をした・・・」

僧侶 「回復もしてくると読んでいたから、魔法封じの練習もしました。」

勇者 「そうすれば魔王が、系統の異なる魔法で一掃してくるだろうと踏んで」

勇者 「それを俺たちも系統の異なる魔法返しで反射する。」

戦士 「回復魔法を封じられた魔王を倒せるってわけだ。」

魔法使い 「別系統の回復魔法が使えていたら、やばかったけどね・・・。」

僧侶 「穴だらけの作戦でしたが、勝てばいいのです!」

勇者 「・・・しかし、魔王、妙なキャラだったよな。変に冷めてるっていうか。」

勇者 「魔王らしくないっていうか・・・。」

戦士 「まあ確かに、伝説の古文書に記されたような、悪の親玉って雰囲気じゃなかったな。」

戦士 「こっちの言うことも素直に認めてくるし・・・」

戦士 「倒した今だからこそ言えるが、もう少し話し合っても良かったって思える俺がいる。」

魔法使い 「それは同感。」

僧侶 「・・・そういえば、魔王は、邪悪というより、役割だという説もあります。」



魔王 「その通りよ。」

勇者、戦士、魔法使い、僧侶 「「「「!!????」」」」

魔王 「早速、もう少し話し合いましょうか。」

勇者 「馬鹿な・・・! いや、古文書にも、魔王は、いずれ復活すると書いてあるが・・・・・・」

魔王 「そうね。」

戦士 「・・・っ、どうりで余裕なわけだぜ! クソッタレ!」

魔法使い 「どうすればいいのよ、こんなの勝てるわけない!」

僧侶 「・・・・・・」ガクガク

勇者 「みんな、諦めるな! 俺たちは、諦めるわけにはいかないんだ!」

魔王 「どうして?」

勇者 「魔王にはわからないだろうな。それが勇者だからだ!」

魔王 「正確に言えば、職業勇者ね。」

魔王 「職業勇者は諦めないわ。」

勇者 「・・・?」

勇者 「どういう意味だ? さっきから、お前は何か・・・」

魔王 「発狂魔法。」

戦士 「ぐ・・・ぐぎゃあああああああああ!!!」

勇者 「戦士っ!?」

魔王 「地獄の炎。」

僧侶 「いやあああああああああああ!!!」

勇者 「僧侶っっ!!」

魔王 「地雷。」

魔法使い 「!?」

勇者 「魔法使いぃい!!」

魔王 「これで残りは、君だけになったわね。」

勇者 「・・・なんなんだ、なんだんなだよ、お前はあああああ!!!??」

魔王 「・・・・・・」

魔王 「古文書には、魔王の容貌は記されていなかったわね。」

魔王 「おぞましいとか、禍々しいとか、感想は記されているけど」

魔王 「形状に関する記述は驚くほど少なく、曖昧なのよ。」


魔王 「勇者は私で、死んでもセーブポイントで、すぐに復活するわ。」

魔王 「職業勇者は諦めないけど、システム勇者は」

魔王 「諦めるという選択肢すら存在しないわ。」


発狂して死んだオークと、
ドロドロに溶けて死んだ雪女と、
バラバラに四散したラミアと、

そして今しがた平べったくした吸血鬼を見つめながら

静まり返った空間で、魔王は、ぼんやりと独り言を呟いていた。


魔王 「かつての私は、死んでも蘇るから、何度でも立ち向かってやると息巻いていたわ。」

魔王 「私が復活したときは、国王が嘆きの言葉をかけながらも、どこか嬉しそうで・・・・・」

魔王 「・・・その玉座、もう誰も座らないわね。」

魔王 「私以外の人間が全て死に絶えて、魔族の時代になったわ。」

魔王 「多くの魔族を屠った私は、皮肉も込めて魔王と呼ばれたわ。」

魔王 「多くの国王が、圧政で国民を殺していったように、王とは暴虐の象徴でもあるわ。」

魔王 「人と魔族の和解は難しいわね。」

魔王 「可能なのか、不可能なのか、たとえ可能だとしても意義はあるのか、それすら定かではないわ。」

魔王 「・・・だけど、私との争いが無意味なのは、確かなことよ。」

魔王 「私は不死身でも無敵でもないけれど」

魔王 「システム的に何度でも復活し続けるから」

魔王 「倒そうとしても無駄なのよね・・・。」

魔王 「この城を壊そうとも思ったけれど」

魔王 「破壊という概念が設定されていなくて、どうやっても壊せなかったわ。」


魔王 「私は、これからも過ごし続けるわ。」

魔王 「あの人との思い出の場所で―――」





   F I N

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

2019年11月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード