キンプリアニメ 第5話 ~道化は笑顔を絶やさない~

誰だお前は!?


回想の少年ジョージが別人で、
いったい何が起こっているのか理解するまで数分を要したり
「アクマゲーム」のソージさんを思い出したりしてましたが、
なんにしても誰だお前は!

女の子に庇われたり、プリズムショーに憧れたりと、
なかなかに心温まるエピソードかと思いきや、
汚い手を使っても勝つところに憧れている。

・・・・・・・・・
・・・・・・

・・・・・・・・・・・・そこ!?

きらきらと目を輝かせて語ることが、それなの?
ああ、紛れもなくジョージだよ。変わってないよ。

いじめられてる人は歪むものだからね、仕方ないね。
目的の定かでない幼馴染も、
このタイミングで現れたのは多分・・・(この時点で切ない予感はあった)

エース 「スタァってのは、このタイミングで現れる男を言うんだよな。」

ジョーカーの影武者ことエース君、
君が今回のMVPだと思う。


しかしジョージも・・・・・・

・・・・・・


>「うち、結婚するんよ。」

・・・うん、そんな気はしてた!
だって「LOVE」の大石めぐみと似てるもの!
というか王道の展開だもの!

このタイミングで現れる女が言うことは、
親戚が死んだとかでなければ結婚報告くらいしか思いつきません><

そして親戚の方は、丁寧に視聴者を先回りして潰すので、
迫りくる結末に胸が痛かったよお・・・。


振られた痛みを気合に変えて、
高田馬場ジョージがステージに立つ!

影武者ボイスが無くても、まったく動揺しない鋼の精神力に泣いた・・・!
ゴーストシンガー無しでもパントマイム技術でステージを構築する、
これが道化師の力というやつなのか!

考えてみれば、法月の“汚い手口”に憧れた彼が、
この程度の妨害を想定していないはずはなかった!

得点は脅威の9270カラット!
まだ逆転には足りないですが、流れが変わった・・・?


 シュワルツ   エーデル

  7450     9070
  7420     8240
  7430     8780
  9270


途中からエース参戦してますが、
エーデルローズの面々にも、
実体なのかジャンプ効果なのか見分けがつかなかったので、
これはジョージの実力と言って良いでしょう。

法月総帥も姿勢が柔軟になってきたのかなァ。
というか、元から融通は利く人だよねぇ。妥協しないだけで。

冒頭のデスラーホールとかも
ぶっちゃけ実力が足りてない奴への処断ではあるはず。
ジョージ、ソロデビュー!させたりとか、
エースを抜擢したりとか、きちんと見てる分には見てるわけで。

そもそも総帥って、基準に達してない人や、失敗に対しては厳しいですが、
敗者に対しては、むしろ優しい方なのですよね。
だって、敗北の味を知らなければ、勝利に貪欲にはなれないから・・・。
某アカシックさんも、母親の死という、勝負に場にすら立てなかった“敗北”が
「勝利は基礎代謝」という強迫観念を形成している土壌に違いない。

でもまァ、真田さんを跪かせて踏みつけたり(早速再登場おめでとう!)
同じ場面でルヰ君に女物と思しきドレスを着せていたのは
少々やりすぎだと思うんだ。(それでこそ総帥ですが←本音)


むしろ融通の利かないのは氷室さんの方だったりするよね・・・。
貴方という貴様は、この期に及んで逃げようとしてるのですか?
ジュネ様、貴女の出番です! この男を逃がしてはいけません!

というか、仁のコンプレックス知らなかったんかいいいいいいいい!!????

わぁ・・・・・・総帥が・・・総帥が、片想いすぎる・・・・・・。
1話感想のときに、総帥のコンプレックスは片想いと書いてますが、
それでも氷室さんは、気付いてはいると思っていただけに、
こんなの酷いよ、あんまりだよ・・・。

愛する如月くんにも、前は氷室、今回はヒロの幻覚を見たりと
ますます精神を病んでいく総帥の明日はどっちだ・・・・・・。


・・・あ、私は総帥を心配などしてませんし、応援もしていません。
彼の母親(この人も既に病んでそう)が生きていたのは若干驚きましたが、
やめたげてよぉ!仁を追い詰めないであげてよぉ!・・・などとは
まったく、これっぽっちも思いませんでした。
法月総帥に誓って本当です。グロリアス・シュワルツ!




https://ch.nicovideo.jp/shiny_seven_stars





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

2019年08月
            1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード