ラッシュデュエルについて

セブンスにおける新ルール、ラッシュデュエル。
賛否両論あって、どっちの意見も頷けるあたり、
盛り返してきたものだと思います。(私の気分が)

さらなる高速化が予想される一方で、
召喚権の回数制限が無くなるということは、
生贄召喚(アドバンス召喚)よりも、
むしろデュアルの再度召喚に有効な気がするとか、
少なくとも創作的にはオイシイと思っています。


・・・が、1つ、予想外の残念さが。

専用カードしか使えないらしい。

ええー・・・なんか超ガッカリだよ・・・。
PVに青眼がでてるので、てっきり使えると思ってた。

どうやら、ラッシュ仕様の青眼だとか。
すなわち幾つかは続投されると思われるが、
何だろう、このモヤモヤ感は。
否定まで行かないけど、
肯定に水を差されて薄められたような・・・。


ポケモンカードで、新裏が出たときも、
これまでのカードが切り捨てられたようで、
心の中で何かが崩れていくような
喪失と寂しさを覚えたのですが、
それに近い感じがあるんですよね。

パワーオーダーは逆っぽいですが、
何だろう、やっぱり古参の切り捨てという意見が
正しいのだろうか・・・?
(今に始まったことではないですが)


独自のカードプールで、というのは
あながち分からない感覚でもないのです。
創作では物凄い映えると思うんですよ、これ。

ラッシュルールが流布して幾星霜、
最初は先鋭的だったのが、いつしか束縛の側になり、
「既存カードを使いたい!」的なスローガンを掲げて、
波乱ふたたび、という流れとか楽しそう。

・・・ただ、創作でのみ映えることってあると思うの。
以前、遊戯(アテム)の髪型を真似た実写CMがあったけど、
かつて手塚治虫が、実写にマンガ特有の表現が入り込むのを
嫌った気持ちがよく分かったんだよなあ。


てなわけで、アニメの方は相変わらず期待しています!
創作ならフレキシブルに既存カードも出せるだろうし、
アニメでやらなくても、それなら私が、ね・・・。

なんか文句ばっかり書いてるみたいですが、
新たなるインスピレーションが湧いてくるのは有り難い。
そこだけは主張しておかないとな!






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ラギ
2020年01月14日 18:55
職業柄正月も仕事+弟帰省+艦これイベント+久々にポケモントレーナーなってた、とか色々あって顔を出してませんでしたが、いかがお過ごしでしょうか。
そんなわけで、お久しぶり過ぎです……ラギです。

>ラッシュデュエル
「専用カードしか使えない」というよりも、商品紹介等によれば「遊戯王を題材にした新しいカードゲーム」、要はOCGの新レギュレーションというより、OCGとは別のゲームと考えた方がいいかもです。

M&W……もとい、デュエルモンスターズこと「遊戯王OCG」は新しいマスタールール(融合、S、Xがリンク登場以前の仕様に)で既存プレイヤー向けに継続。
新たに児童層の新規プレイヤー会得を目指して「遊戯王ラッシュデュエル」という新商品を展開していく……という事なのでしょう。

カードの表記は属性・種族・攻守値とOCGとほぼ共通してるので、コナミ的には「混ぜて使える」遊び方も想定してるかもしれません。
……これは邪推ですが、「ラッシュデュエル」が思ったより売れなかった場合、あるいは逆に長続きして複雑になってきたときにOCGと「混ぜて使える」仕様に変更するための下準備……かも。

……一応、「田宮行方の世界」的には、「ラッシュデュエル」はデュエルモンスターズの括りでいいんでしょうか。
個人的には「遊戯王SEVENS」作中内でゲーム名が「デュエルモンスターズ」と明言されていれば、まったく文句なくタミユクワールドに組み込めるんですが。
アッキー
2020年01月15日 00:31
>ラギさん

お久しぶりです!
思えば2ヶ月くらいご無沙汰でしたね・・・。

私の方は、相変わらずの低気圧ラッシュに苦しめられておりましたが、なんとか持ち直しています。
あとパソコン新機種に変更したので、まだキー操作に不慣れw


ラッシュデュエルはKONAMI的には別ゲーム・・・だと・・・?
しかし遊戯王OCGも原作のM&Wを色々と変えているので、
ある意味KONAMIらしいと言えるかもしれません。

なんにしても、タミユク的には、別ゲームではなく別ルールの扱いで、
デュエルモンスターズの括りとして考えています。
公式に先行して、混ぜていく方針。

大郷氏のロボットアームの力”無限召喚権”は、この世界の力だったとか。
大量ドローは輪島カーニバルのパーツに使われていたとか。

とりあえずは放映待ちで、それから考えを詰めるのが良さそうですね。



2020年10月
            1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード