進撃の巨人 第132話 ~変態の花道~

声が・・・聞こえる・・・

「オレを可哀想な感じに死なせないでくれ」

「全てのものには終わりがある、だからこそその中で輝くのさ」

「自己犠牲じゃない、ちょっと大人になるだけだ」

「わかるだろうリヴァイ」
「ようやく来たって感じだ・・・」
「私の番が」



22巻感想
23巻感想
24巻感想
25巻感想
26巻感想
27巻感想
28巻感想
29巻感想
30巻感想
31巻感想
32巻感想

131話感想



ファルコの叫びが響き渡り、
それに示された過酷な状況・・・の中で、
ひそかにラブコメが進行していた・・・だと・・・?

「・・・いつの間に?」

全てを察したミカサと、真っ赤なアニが
もだもだするやり取りを繰り広げる―――――!!

愛の波動を浴びたミカサ、
ようやく目的がクリアになる。

「殺さない」
「遠くへ行ったエレンを連れ戻す」
「私は・・・ただそれだけ」

そうそう、悩むのはエレンやアルミンの仕事。
ひとつの目的に特化してこそ
ミカサは強くなるんだから・・・ふふふ・・・



「ピーク・・・ぜひ今度、車力の巨人の背中に乗って
その体温を感じなが」(※この発言はピークちゃんに遮られました)

ハンジさんも、答えの出ない問題に唸るより、
巨人に情熱を燃やしている方が輝いてるぜ!

もはやハンジさんの解くべき謎は残っていない。
最後の仕事が待っている。

「今最高にかっこつけたい気分なんだよ」

そう・・・キースとマガトが殿を務めて死んだときも、
悲壮感より希望があった。それだ。

これは・・・ハンジさんの、花道だから。


「あぁ・・・」
「・・・やっぱり巨人って」
「素晴らしいな」



この感動に全てが集約されていると思うんですよ!!

暗澹たる問題は山積みで、どうしようもない。
いったい何に希望を見出せばいいかというと、
“ときめき”こそが希望の最大栄養素だろうがあああああっ!!

車力ではないけれど、巨人の体温を感じながら、
飛行艇が飛び立つのを見送ったハンジさんの花道・・・!


・・・・・・
・・・

・・・そりゃあ、見てる側としては、


あーん!ハンジさんが死んだ!
うっうっうっ・・・ひどいよお・・・ふえーん!!
ピークちゃんにドン引かれてまだ1時間じゃないですか!
どーして、どーして!?あれで終わり!?嘘でしょ!?
信じられないよおっ、あんなフロック如きのせいで
地鳴らしに殺られるなんてっ!!
諌山センセーのカバッ!!え~ん


・・・ってな気分ですが、
おお・・・死んでいった仲間たちが・・・
それはハンジ・ゾエが今際の際に見た光景・・・・・・

エルヴィン、ミケ、モブリット、キース、
ナナバ、ゲルガー、サシャ、ネス、
ペトラ、エルド、グンタ・・・あれ、オルオは?

オルオ「はぁ・・・何だ? 見つけられないのか? まぁ、お前程度じゃ見つからないだろうな。何故お前が俺を見つけられないと思う? それはお前が俺の域に達してないからだ。」








この記事へのコメント

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30               

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード