やぶ医者、妖刀、傾城の美女

子供の頃に聞いた落語に、医者の話がある。 本編の方も面白かったと記憶しているが、 どういうわけか“まくら”(前振りの掌編)が 印象的だったりするから不思議なものだ。 おおまかにいうと、 「かぜで動く」から「藪医者」という掛け言葉で、 いっとう有名な説だと思われる。 落語というメディア展開の力ここにあり。 竹藪は「…

続きを読むread more

2020年09月
      1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30         

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード