三博士

「コッペリオン」読んでいて、
そういえば三博士って元ネタ何だろうと思えば、
もしかして「マジンガーZ」のアニメ版なのかと
今更ながら思い当ったりする。

大元は東方の三博士なのかもしれないが、
SFバトルに登場する三博士といえば、
「マジンガーZ」の、もりもり博士、
せわし博士、のっそり博士、だと思われる。


アニメのマジンガーは、実は観ていない。
兜博士のデザイン変更が気に喰わないからだ。
演出としてのデザイン変更ならともかく、
どこに対する配慮なのかも分からん配慮として
原作を捻じ曲げるアニメなど観たくはない。
(近々だとバナナフィッシュのアニメも同じく)

とはいえ、主題歌は普通に好きだし、
三博士ネタの広がりも面白い。
私にとって馴染み深い三博士といえば、
「マップス」に登場する侵略大帝の部下、
機動将軍ヒトーリン、怪獣王バタリ、
超常博士アザーゲルンであるが、
なるほど、マジンガー三博士のデザインを
良い感じに長谷川デザインに落とし込んでいる。


名前の方では、「健全ロボダイミダラー」の三博士が、
紛れもなくマジンガー三博士から取られている。
アニメ版のみ登場するという意味でも、
マジンガーのパロディになっている。

アニメのダイミダラーは、キガシラ、コガタ、
仲里鉄哉などが登場しない不満はあるが、
アデリーおじさんの出番が(わずかに)増えたので
そこは相殺されるべきだろう。

スクールデイズのアニメを観た後だと、
そのネタも健全な形で使われているのが分かって
思わずニヤリとさせられる。
霧子も容易にヤンデレ化する素質があるのは
言わずもがなであろう。


さて他に三博士ネタって無かったっけと考えてみると、
もしかして「ラブ・シンクロイド」の
オーリン=ライネクス博士、
フェペリン博士、ダルロック博士も、
この括りだったりするんだろうか・・・?

いや、名前もキャラも別物だけど、
ダルロック博士は、登場も遅く出番も少ない割に、
他の2人と並び称されてる感じがあるので、
そういうことなのかな、と。






2021年05月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31               

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード