水着の話 (雑談)

佐久間 「そうだ、死根也にスク水を着せよう。」

八武 「やめたまえ君は何を言ってるのかね。」

佐久間 「安心しろ、男物だ。」

山田 「あんまり安心できないんだが・・・。お前は何を考えてる。」

佐久間 「一体いつから、女物だけがスクール水着だと・・・思っていた・・・?」

山田 「おいやめろ。」

佐久間 「だが栞というのは不思議だね。その矮小な胸を収める程度の布地は、最初から存在するように出来ているらしい。」

維澄 「どうやら佐久間は手の込んだ自殺をしたいようだね。」

佐久間 「栞にはスク水が似合うという話をしてるんだ。」

維澄 「佐久間が幼女になって着ればいい。」

八武 「それよりビキニの話をしようではないか。」

佐久間 「山田はそれでいいのか?」

山田 「どういう意味だよ。」

佐久間 「お前、スク水マニアじゃなかったっけ。」

山田 「真顔でデタラメを撒き散らさないでもらえるか?」

八武 「スクール水着も嫌いではないが、やはり露出が少ないと思うのだよ。」

維澄 「真顔で何を言ってるの。」

佐久間 「だからこそってマニアもいるんだがな。」

神邪 「何で佐久間さんはスクール水着を推してるんですか?」

佐久間 「推してるわけじゃない。何となく思ったことをダラダラと言い散らしているだけ。」

神邪 「・・・・・・。」

山田 「諦めろ神邪、これが佐久間だ。」

佐久間 「まァ、着るなら黒ビキニだけど。」

神邪 「ですよね!」

山田 「そこなのか?」

神邪 「山田さん、確かに僕も、露出が多ければいいというものではないと思っています。スリングショットが最も好きなわけでもないですし。ですが至高の水着といえば、僕の中ではビキニなんですよ。」

八武 「まあ結局、美女は何を着ても似合うんだけどねぃ。」

神邪 「はい。」

佐久間 「というわけだから、みんなで海へ行くか。」

山田 「もう秋だぞ。」

佐久間 「いつ海に行くかは私が決める。私がルールブックだ。」

八武 「そうだ、いいことを思いついた。神邪くん、女の体でビキニを着るといい。」

神邪 「実は僕も、そうしようと思っていました!」

山田 「・・・・・・。」



- - - - - -



維澄 「土用波かぁ・・・。」

八武 「台風の後だからねぃ。」

※台風直後のエピソードです

佐久間 「じゃ、泳ぐか。」

山田 「そうだな。」

※土用波の海で泳ぐのは大変危険ですので真似しないでください

八武 「いやいやいや、うねり波の海で泳ぐ気かね?」

佐久間 「安心しろ、このビキニは買ったばかりだ。」

維澄 「だから何だというの・・・。」

佐久間 「買ったばかりのビキニを失くすような泳ぎ方を、私が自分に許すと思っているのか?」

真夜 「台風直後の海を泳いで、ビキニがほどけない自信があるとは・・・桁が違う・・・!」

山田 「そういうセリフは、もっとカッコイイ場面で言うべきじゃないかな・・・。」

真夜 「しかし何気に山田さんも、泳げるだけで凄いですよ。」

※台風直後の海で泳ぐのは大変危険ですので真似しないでください

八武 「それはさておき、うむ、うむ、眼福じゃわい。」

佐久間 「何で老人言葉。」

八武 「るーしゅん?」

佐久間 「わかりにくい!」

八武 「佐久間の紐ビキニは王道、しおりんのワンピースも中々のハイレッグでよろしい! 真夜くんも大胆なローライズビキニとは!」

真夜 「最初から泳ぐつもりは更々ない格好です。」

佐久間 「泳がないの?」

山田 「いや、泳ぐ方が異常だから。」

佐久間 「自分で異常だと認めたな。」

山田 「まあ、自己責任ってやつだ。せっかく来たんだし、潮干狩りだけで帰るのもなあ。」

佐久間 「それはそうと、お前らは何で、揃ってトランクスなわけ? もっと際どい水着で攻めろよ。」

八武 「男の水着なんて誰得。」

佐久間 「俺得だよ! 貴様ら男どもは、自分の目を楽しませることしか考えないのか!?」

山田 「そう言われても。」

佐久間 「土用波よ、山田のトランクスを奪え。奪え!」

山田 「泳ぐ気が失せるようなこと言うなよ!」

八武 「わかった、ならば折衷案だ。佐久間、ミッドナイトブリスで山田を美少女に変えろ。」

山田 「それの何が折衷案!?」

八武 「考えてみたまえ、この海で泳げばトランクスが脱げる可能性は高い。しかし美少女になり、競泳水着を着れば、脱げる心配は無くなる。佐久間は山田の着替えが見られるし、私も得しかない。みんな幸せになる!」

山田 「さーて、準備運動すっか。」

八武 「みんなで幸せになろうよ!」

佐久間 「お前は後藤隊長か。」

八武 「というわけで佐久間、やってくれ。」

佐久間 「やらねーよ。」

八武 「ふむ・・・ならば、しおりんをレイプしよう!」

維澄 「狂経脈金的!」

八武 「おぶっ・・・ぐお・・・おうおおおお・・・・・・」

真夜 「ドクター、しっかり!」

山田 「自業自得だが、鳥肌が・・・。」

佐久間 「金玉は、金といえども光なく、玉といえども丸くなし・・・昔の人は上手いこと言ったなァ。」

山田 「『はだしのゲン』かっ!」

八武 「うおうああうおおあああ・・・・・・」

真夜 「ドクター!」

八武 「うう・・・真夜くん、さすってくれないか・・・?」

山田 「お前は何を言ってるんだ。」

真夜 「わかりました!」

山田 「真夜も従わなくていいから。」

真夜 「しかし、佐久間さんが泳いでいる以上、さすれるのは僕くらいかと。」

山田 「あ、おい佐久間、準備運動!」

佐久間 「ハーハッハッハ! 読めるかァ? 俺様の次の行動がァ!?」

山田 「・・・やっぱあいつ、本物の馬鹿だ。」

維澄 「さーて、私も泳いで、佐久間のブラ取ってこようっと。」

八武 「しおりん、正気に戻るんだ! 私の股間を撫でてくれ!」

山田 「いっとう正気に遠いのは死根也だな・・・。」


佐久間 「こらやめろ栞! 何をする!」

維澄 「狂経脈で増幅された感覚は! 波飛沫の一滴一滴を見極め! 目標を確実に捕捉する!」

佐久間 「やめろ変態! 貧乳レズ! それが革命家のやることか!?」

維澄 「まあ真面目な話、Mというと従順で都合のいい女みたく勘違いする男が多くて、げんなりするのよ・・」

佐久間 「シリアスに語りながらブラを剥ぐんじゃねええええええ!!!」

維澄 「ゲット! 次は下だね!」


八武 「女の子たちの無邪気なスキンシップは、見ていて心が洗われるねぃ。」

山田 「これ本気で言ってるから始末が悪い。」

真夜 「しかし楽しそうです。」



"水着の話 (雑談)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30               

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード